もう理由なんかなくていいの

毒親との暮らし。離れるまでと離れてからのおはなし。

ハードルを下げられない母

前にも少し書きましたが、年末から母がちょっと体調を崩し、顔を合わせる機会が増えたのですが(と言っても付きっきりで何かする程ではない) tari97.hatenablog.com 命に関わるようなことではないですが、いい機会なので母の今後の生活も少し考えないといけ…

「家を出たい」と決定づけた、最初の出来事

前にも書いたように、母は一時期やたらと家族での旅行や外出を企画していた時がありました。 あの頃は、皆を自分の思い通りに動かしていて、母もさぞかし楽しかっただろうなと思います。 tari97.hatenablog.com 私は、だんだん旅行にも嫌気がさしてきて、せ…

具体的に嫌いなところを指摘してみる

母があれだけ実家でバトルをしても変わらなかった、その一番厄介だった理由が ①自分の意見は絶対に間違えてない ②自分は家族に好かれている という自信と勘違いがあまりにも大きかったからではと思っています。 根っこにこれがあるので、私が家を出て、物理…

ブログを再開して約半年✒今思うこと

このブログのわりと最初のほうにも書きましたが いっとき、資格取得に躍起になっていた時期があります。 今の金欠は、この時の投資のせいでもあると言っても過言ではなく… 最初はやたらと難易度の高い士業系の資格を狙って挫折。 tari97.hatenablog.com それ…

誰かの「たかが」は、誰かの「されど」

あらゆる失敗を必要以上になじられ、責められて育つと tari97.hatenablog.com 「失敗=とにかくいけないこと」なので 失敗する前に、やらないでおこうと消極的になるし 空気を読んで周りの顔色をうかがうばかりで、何も楽しめない。 人前で何かやるとか、み…

母の異常なまでのキレ方をわからない人向けに説明してみる

母は何かと不機嫌で、さっきまでニコニコしてたのに何が地雷かもよくわからないまま、爆発が起きることも多々ありました。 tari97.hatenablog.com ⇧の「おかんの話」も含め、今までにもそういう記事はいくつか書きましたが、何であんなに不機嫌で、怒らない…

めっちゃ毒吐くわりに、めっちゃおめでたい母

仲睦まじいと思っていた両親は、ただ単に互いに甘やかし合って、本当の問題から目を逸らし依存し合っていただけだなぁとやっと気がついた訳ですが tari97.hatenablog.com 母の印象操作と言うか、洗脳と言うか 苦労しているお母さんが「善」、酒飲みのお父さ…

両親は、立派な共依存でした。

実家を出ることで、全部を投げ出して、逃げた私を母は裏切り者かのごとく「お父さんもほったらかして出て行って」と批判していたけど 私は私なりに実家を、家族を、良くしようという気持ちはずっとあったし、やれることはやりましたが、万策尽きたという感じ…

私の「父」である前に、あなたの「夫」ですよね?

これまで何度も書いたとおり、母の態度に不満を抱えていた(であろう)父は、晩年酒に溺れていました。 家に帰ると、血のついたタオルで頭を押さえて玄関に座っていたので何事かと思ったら、昼間から飲んで酔って、転んで玄関の上がり框に頭をぶつけ、頭を切…

「あんなにしてやったのに」を懲りずにまたやっている母

母は、その傲慢さに家族にも呆れられ、最終的に距離を置かれる等ということをされてきました(多分、友達がいないのも他人も同じ図式で寄り付かなかったのか、自分から切っていたのでしょう。私もあまり母のこと言えないけど) 同居(できれば婿を貰って)が…

「これから」を、もう一度考える

前回の記事で『処理しきれていない「何か」が自分の中にくすぶっていて、他人にまで毒を吐かないと生活できないのなら、それはもう既に(生活を)「うまくこなせていないんじゃないですか?」って思う』と書きました。 tari97.hatenablog.com 偉そうに書いて…

無意味な「ねばならない」に囚われていないか、考えてみる

毒親は、古い考え方の「ねばならない」に囚われていると聞きます。 真面目に生きれば、不真面目な人よりも幸せになれて当然という考え方 ある程度はそうなのかも知れない(もちろん、人を騙したりとか何かを盗むとか、人殺しとか「反社会的なこと」は、だめ…

あけましておめでとうございます🎍

実家を出てから、毎年お正月らしいことをせず引きこもっております。 と言うか、この時期になると普段の鼻炎がなぜか悪化し、風邪なのか何なのか訳わからない感じになるので今年もおとなしく過ごしています。 お正月のエピソードでは色々と辛い思いをされて…

お手本がない ⇒ できない ⇒ アンタはあかんな ⇒ えっ🙄

よく、ドラマとかで近所のおばちゃんとかが自分以外の家の子どもに向かって、おかえり~とか、挨拶するシーンとかってありますよね。 昔から、ああいうのを自分もされるとドギマギしてどういう風に返せばいいか、いつも戸惑っていました。 何て言えばいいの…

毒親あるある?話が飛躍しすぎ

最近、ちょっと野暮用で実家にちょこちょこ行くことがあるのですが あらゆる箇所の掃除が行き届いてなくて、ドン引きしています。この記事にも書きましたが tari97.hatenablog.com 元々母が片付けが苦手なのはわかっていましたが、あそこまでできない人だっ…

今年の愚痴は今年のうちに🗑

また、あれは『自分軸』を乗っ取られていたんじゃないか。とモヤモヤすることを思い出してしまったので今年のうちに愚痴らせてください(笑) 去年だったか、私の家に件の友人(記事はこちら)が泊まったときのこと。 某モンスターを集めるアプリが配信され…

2018年の目標

2017年は、色々あったし考えさせられた1年でした。 ずっと見ないふりをしてきたことに立ち向かったこと 原理がわかって腑に落ちたこと 知ったからこそ向き合わなくてはならなくて辛かったこと 毒親育ちという同じ境遇の方と実際会って話せたこと 自分の…

できないことは、言わない「優しさ」

誰だったかは思い出せないのですが、昔、誕生日の話になったとき『私は10月…』と言いかけると「あ!言わなくていい!自分は絶対に聞いても覚えられないから、聞かないことにしてる」と言った人がいました。 その人いわく、聞いたのに忘れる方が相手をがっ…

考えすぎのモヤモヤ。思考のクセがすごい②

前の記事に書いたみたいなことは、Nとはわりとよくあるのですが tari97.hatenablog.com そういうことをされると、だんだん 『やっぱり私って、ナメられてんだろうな』みたいな気になってしまうのがすごく嫌なんですよね。 明らかにNに悪気がないのがわかっ…

考えすぎのモヤモヤ。思考のクセがすごい①

またです。 また、考えすぎのモヤモヤが頭の片隅にいる。 時々『あれ、どうしようか』とかいうことが日常で起こると、家にいても、仕事をしていてもずっとそのモヤモヤが頭の片隅に居座っている感覚で、気持ち悪い。 誰も気を悪くもしてないだろうし、気にし…

冗談と本気の境目がわからない

学生時代、なかなか友達になじめずにいた理由が最近何となくわかってきた気がします。 ひとつは、この記事に書いたように tari97.hatenablog.com 異様にませていて同年代を「幼稚」と感じて距離を置いていたのが大きいと思う。 あとは、前回の記事にも書いた…

否定、貶す、ほめない、認めない。同調しないと不機嫌。

昔から母は何にでも否定的で、ほめたり、認めたりをしない人だったなと感じます。 しかもそれを「あんたもそう思うやろ?」みたいに言われるので、私も自分がどう思うか云々より、同調してあげていただけでした(同調しないと不機嫌だし) 本当に『うんうん…

自分の身を案じるより先に『お母さんに怒られる!』

学生時代、母は「体調を崩す」とか「学校を休む」ということにいい顔はしませんでした。おそらく、いっぱいいっぱいで生きていたので「イレギュラー」なことがよっぽど嫌だったのでしょう。 「大丈夫?」より「面倒なことになった」感がひしひしと伝わってく…

誰かの「一番」に、またなりたい

※記事内で「姪」と表すのは私の姉の子で、私の母から見ると「孫」にあたります。「姪」と表現を統一しています 前記事 tari97.hatenablog.com のつづき。 私には「姪・甥」という関係の子は、姉の娘にあたる「姪」1人しかいません。 いわば私は姪からすると…

子ども=かわいい。子ども+親=なんかざわざわする

ずっと私は「子どもが苦手」と思っていたけれど、多分「子どもと親がいるのを見るのが苦手」なのかも、と最近気が付きました。 事実、家のすぐそばには保育園があって、数ヵ月仕事をせず家にいてわかったのですが、昼間は元気に遊ぶ子どもたちの声がものすご…

今思うと、ちょっとどこかのネジが足りないのでは?な話

私が幼い頃から、母のどうしても好きになれなかったところが、雑なところ、下品なところです。 実家は汚屋敷ほどではないにしても、あまり片付いてなかったし、今でも物が多く、雑然としています。 母は何でも取っておこうとする性分な割に「片付けろ」と言…

親に食われていた私のメモリ(空きがないので、苦しい)

今は、週3日だけ、平日に働いています。 正直お金は厳しいけど、とりあえずは「接する人の頭数が少ない」今の職場で何とか頑張ってみようと思っています。 長年、週5日、月~金でフルで働いてきましたが、ずっと精神的にものすごくしんどくて、ついに今年…

毒親問題って、セクハラに似てませんか?

私は前々から書いているとおり「過干渉親」に育てられた毒親育ちです。 このタイプの人たちは「毒親」という言葉自体に理解がない人から「お母さんも心配だったんだよ」「あなたも子どもを生めばわかるよ」「本当の親を悪く言うもんじゃない」といった類のこ…

毒は連鎖する?私の「毒の連鎖」

最近まであまり自覚はありませんでしたが、一時期の私は「アイドルオタク」を超えて「アイドル依存症」だったのだなと思います。 今日は、それについて書いてみようと思います。 私の好きなアイドルはわりと知られているグループで、生で見たければライブの…

「女であること」に抱く嫌悪感について

毒親育ちの方の中で「女」として扱われるのが嫌みたいなエピソードをよく見かけます。私にも軽くですがそういう部分があります。でも、原因が自分でもいまいちよくわかってはいません。 原因としてよくあるのは「女性」になりつつある娘に対抗心のある母親が…