もう理由なんかなくていいの

毒親との暮らし。離れるまでと離れてからのおはなし。

案ずるより産むが易し

最近は、仕事を変わったりしてもわざわざ母にも報告もせず 時々「元気?」みたいなLINEは来ますが、かなり適当な返事しかしないし 正直、私は母に会いたくないので、のらりくらりと予定をはぐらかしているうちに 本当に母と顔を合わせることがほぼなくな…

母ほど父を嫌いにならなかった理由

自分の過去の行いによって、娘に嫌われているということは さすがの母でも自覚はあるようですが 父からも本当に愛されていたか?という件については、疑問が残ります。 母は「夫に愛されていた」という絶大な自信を今でも持っているし 私も昔は仲睦まじい夫…

限りなく黒に近いグレー

このブログでは、母との関わりの中で私にどういう影響があったか 母が「毒親」と言われる所以は一体何だったのか そういったことを、書籍やブログを参考にしたり、自分の体験を事細かに思い出すことで分析し これからどうして行けばいいか?ということも含め…

成功体験が、自信に

幼い頃の母の厳しい叱責によって、何事にチャレンジするにも「怖さ」が勝ってしまって 結局すごく引っ込み思案な子ども時代を過ごしたことも ずっと自分が意気地なしだからなのだと思っていました。 tari97.hatenablog.com 社会人になってからも、母が「こう…

頑張れなかった理由

派遣ではありますが、久しぶりにフルタイムで働いています。 事務であれば特に業種にこだわりはなくて、今回初めて、教育関係の企業に採用されました。 コツコツ系の事務作業ばかりかと思っていたのですが、わりと子どもたちとの絡みも多く 『この子たちは、…

逆上がりみたいなもの

小さい頃、逆上がりの練習をしていてある日突然できるようになりました。 自転車も、ある時ふと、乗れるようになりました。 そういう「幼い頃になんとなくできるようになったこと」って 「なぜ、できるようになったか」と聞かれても「何でだろう。なんとなく…

どうしても好きになれない人の共通点

前にも少し登場した、大変自己中なオタク友達の「Kちゃん」ですが tari97.hatenablog.com この度、うまく距離を置くことができました(たぶん) 前々から、Kちゃんってほんとに「自分が良い思いはして当然。他者が良い思いをすることが悔しい・許せない」…

認めることへの嫌悪感

昔のことを思い出していたら、自分自身に対して『よくあんな家で暮らせてたな』とか『何であんなこと、嫌々やってたのだろう』と思うことがほとんどで 今もう一度やれと言われても、死んでも無理!と思うのに あの家で30歳前まで暮らしていたことも紛れも…

母の異常な劣等感について

母があそこまで娘に依存することになった理由で「同性の友人が皆無」というのも、一理あるのではないかなと思って、何度か書いてきました。 それで、なぜあそこまで友人がいないのか?の分析をしていて 少々グレーゾーンを感じる部分があることも前に書きま…

「家族」が崩壊した理由を考えてみた③

8~9年くらい前だったか、父と母と私の3人でバス旅行に行ったことがあって、3人での旅行は、これが最後になりました。 もちろん父の体力の低下も理由のひとつでしたが、私が『もう金輪際、両親とは旅行をしない』と、この時心に決めたからです。 この時…

交友関係においての洗脳について

私は、元々友達があまりできず、恥ずかしい話、学生時代の友人とは全て切れてしまい 今遊んだりするのが全て社会人になってからできた友人ばかりです。 別に昔から意識的に友達を作らなかった訳ではなく、友達の多い人は純粋に羨ましいとは思っていたし、自…

仕返しもしない、恩返しもしない

このブログでは、同じようなことを何度も書くことが多く、重複している内容も多々あります。 ブログを書く目的として、言葉にすることで自分の気持ちを整理するのと同時に 少しでも多くの同じような気持ちの方に共感してもらえたらと思っていて ニュアンスの…

「家族」が崩壊した理由を考えてみた②

幼い頃は家族4人、仲良く暮らし(ていると思っていた)、自慢の家族でしたが なぜ私の家族はこんなくだらない末路になったのか?は前に書きました。 tari97.hatenablog.com では、何がどうなっていれば私の家族はあんな風にならずに済んだのか?と、最近考…

虎の威を借る狐

姉とは、月に数回程度会った時にご飯に行くのですが、必ずと言っていいほど母の話になります。 話を聞く度に、姉は姉で私とはまた違う部分ですごく嫌な思いをしたり、トラウマになっていることがあるのだなぁと感じます。 母って、2人の娘を比べることはし…

母が「生きづらさの種」を蒔いていたのだと思う

母の「ここだけは良かった」という部分で「姉妹で比べることをしない」というのもあるのですが「今そこにいない家族の悪口を言う」というのは、母は日常的にやっていました。 あくまでも「本人たちの前で比べるようなことは言わない」だけで 姉だけでなく、…

母の発する嫌いなワード【過去編】

母の嫌いだった、また今も嫌いな言い回しは色々あり過ぎるのですが tari97.hatenablog.com tari97.hatenablog.com またひとつ思い出しました。 昔から、失敗することに異様に厳しかった母は何をするにも先回りをして「ああしなさい」「こうしなさい」 思い出…

まずは自分で承認してみる

以前に、母は承認欲求モンスターだという記事を書きましたが tari97.hatenablog.com では、私自身についてはどうなのか?という事を考えてみました。 私自身も、自己肯定感も、自尊心も低い方であるとは思いますし 親からは貶されてばかりで、ほめられた記憶…

誰かさんに似てる

兵庫県の明石市長が話題になっていますね。 報道を見ていて、感じたこと…。 私の母親に、似ているかも…。 最初の報道では、パワハラ発言の部分ばかりがクローズアップされていて、私も『うわ~最低なおっさんやな』と思ったのですが 怒鳴ったことにも色々理…

調子のいい時だけ、ほめたり、持ち上げたりする母

これまで何度も書いてきましたが 母はとにかく自分のやりたくないこと・苦手なことは徹底的にやらないというところがあって tari97.hatenablog.com また、かなり私自身母に洗脳されていた部分もあったので 大抵の頼まれ事も『娘がやってあげなきゃ』と、本気…

毒親育ちが嵐の会見を見て感じたこと

嵐の活動休止が発表されて、昨日はさすがに驚きました。 会見でも、彼らの誠実さ、グループや周りの人を想う気持ちが伝わってきて、とくに大ファン!とかいう訳でもないのですが、見ていると少し泣けてきました。 その中で、印象に残った、二宮くんの言葉。 …

我は通したい・金は使いたくない 勝手すぎる毒親

母はこれまでに何度も書いてきたように、自分の物差しでしか物事を考えられない・物事を一定の方向からしか捉えることができないという部分があるので 自分のやりたくないことは、断固としてやらないくせに、娘には本人の意思と関係なく、無理矢理にでもやら…

覆水盆に返らず(笑)

時々、たまたまテレビで見たCMとかが『うちなら、あり得ないな』とか思うようなネタだと、ずっともやもやするのが嫌なんですけど、同じような方いませんか(笑) 多分、CMをそんな風に見ること自体が毒親育ちだからかなぁって思うんですけど。 最近見た…

寂しい老後は、娘に対して取った態度のツケだと思う

最近、母はしきりに「何の為に生きているかわからない」「もういつ死んでもいい」等、すぐに言います。 まぁそりゃそうでしょう。趣味も何もないですしね。 悪いけど、傍から見ててもそう思います。 tari97.hatenablog.com 今まで何でも家族任せで、自分の機…

あなたの毒親には、あてはまらないでしょうか?

このブログでは、母への愚痴はもちろん、辛かったこと・嫌だったこと等自分の本当の気持ちを綴るとともに 母の「あれはおかしいのではないか」と感じた行動を振り返っています。 この作業は、確かに腹立たしいし、悲しいし、読む人が読めば胸糞悪いだろうな…

母の「グレーゾーン」だと思う部分

最近は平日が休みなので、平日に出かけることが多いのだけど、母くらいの世代のおばさま方が集まって、ランチに来ている光景もよく目にします。 もちろん母娘もいます。 かつては私も母とよく、買い物やランチに出かけたりしていました。 母が機嫌が良い時は…

「親がおかしかった」と思うことは罪ではない

パーソナリティ障害とか、私は専門家ではないので詳しくはわかりませんが 確実に母親が『どこかがおかしいのだろうな』ということは、昔から気がついてはいました。 よその親と、何かが違う。でも、普段の生活においては何も不自由はないし 何が、どこが、お…

トラウマ返し

自分の母親を毒親として認め、自分の気持ちを癒し、心のわだかまりを消化すべく ブログを書いてきた私ですが 「トラウマ返し」という言葉を、知りませんでした。 最近、姉と話していて姉も私と同じこと (子どもにはあれだけ厳しく、根性なし!と怒鳴りつけ…

金だけではなく、物にも異常に執着のある母

前回、少し書いた、母が「物を失くすとか、人に物を貸すとかに非常に敏感」だった話で tari97.hatenablog.com 姉も私も歴史に残るほどのネタがあったので、書いておこうと思います。 母がお金に対して異常な執着があったことは何度も書いてきましたが、今思…

史上最低の初夢(笑)

明けましておめでとうございます。 今年も、ゆるーく、思ったことをつらつらと書いて行こうと思います。 どうぞよろしくお願いいたします。 ところで、タイトルのとおり、寝起き最悪の初夢を見ました。 私のことです、もちろん登場人物は母親。 私は、母と死…

元々副業だった仕事を辞めることにしました

私の、直したいのだけど、なかなか直すことのできない部分で 少し考えればわかりそうなことを予測できない人 そのせいで何かをやらかす人 それらに、いちいち苛立ってしまう・軽く許すことができない というのがあります。 この性分は治したいのだけど、 昔…