もう理由なんかなくていいの

毒親との暮らし。離れるまでと離れてからのおはなし。

母はずっと子どものままなんだと思う

母の承認欲求の異常さについては前にも書きました。 tari97.hatenablog.com こういうことが、娘たちへの価値観の押し付け・「これくらいしているんだから、これくらい許せ」という自分勝手な裁量・家族へのワガママ放題等 昔から母に抱いていた嫌な部分の原…

「母」が主語の価値観

昨年から、好きだった高校野球をまた見れるようになったとは書きました。 tari97.hatenablog.com 今年も問題なく見ることができていることを嬉しく思っています。 しかし、またひとつ、気が付いてしまったことがあります。 私が野球に一番ハマったのが、中学…

思ったより傷は深いのかな

数年前から、職場で注意されると、全人格を否定されたように感じてしまって カッとなったり、落ち込んだり、就業時間外もそのことで憂鬱になったり 今もまだそういった部分があるので、できるだけ「自分にとっての」ストレスのない職場を探すようにしていま…

こんな簡単なことなのに

私は昔から、自分自身の感情に素直に生きて来れている!と思っていたけれど 母が怖いから・うるさいから・めんどくさいから…が理由で ほんとは嫌と思っているのに、嫌と感じる感情にフタをしていたこと それにすら気が付かないまま従っていたことが多すぎた…

母にだけは掛けたくない言葉

また始まってます。 毒母お得意の「自分だけがしんどい!」「何で私だけがこんな思いせなあかんの!」アピール。 ブログでも何度か触れましたが私には伯母(母の実姉)の「T子」がおり、近所のマンションで1人で暮らしています(70代) (T子の件は「伯…

傷口に塩?

今回はまず、読んで頂きたいコラムがあります。 president.jp このコラムに共感された方は、今回の記事を読むのはオススメしません。 毒親問題に向き合い始めた当初『全部母親のせい!』『あのクソ親がみんな悪い!』と、全て母親を悪者にしていた時がありま…

毒親に、良いも悪いもない

時々、友人や知り合いの親の話を聞いていると『それ、毒親じゃない?』と思ってしまうことがあるのですが やはりそれは口に出す事が難しいので『あの子、大丈夫かな』と勝手に心配してしまうことがあります。 毒親問題というのは、それぞれの親により種類も…

毒親あるある◆家族の中の犠牲者アピール

昔から母は「お母さんは、子どもに好かれる為に子育てしてるんじゃない!」と、よく言っていました。 これは「嫌われる覚悟で、子にとって耳の痛い事も言う。しかしそれは全て、子の為を思ってなんだよ」という気で言っていたのだろうし、私もそう解釈してい…

共感できない「オカンあるある」

最近、よく見ているインスタのアカウントがあります。 しゃかりき 光さんの【頑張るお母さんシリーズ】。 このお母さん、ちょっとウザいのですがお茶目な感じがおもしろい。 しかし 全然共感できるとこない…! 残念ながら、あの動画を見ていても 『うちなら…

女社会でうまく立ち回れる理由

ある職場にいた時に、女性社員の「S木さん」という人がいました。 彼女は気まぐれで、機嫌の良い時はああだこうだ上機嫌で話しかけてきますが ひとたび機嫌が悪くなると顔にも態度にも表れます。 まるで母のよう。 その職場内でも、あまり好かれてはいませ…

私のことについて

前回は、母の発達障害(アスペルガーの疑い)について感じたことを書きましたが tari97.hatenablog.com 私自身もそういう障害等があるのか?ということもこの数年、ずっと考えてきました。 アダルトチルドレンであることに間違いはないとは思っていて 「回避…

アスペルガー症候群と人格障害について

毒親問題で悩んだ方の中には「うちの親って病気なのか?」という不安に駆られたことがある方も多いと思います。 逆に、親に馴染めない自分がどこかおかしいのだろうか?と思ったこともあると思います。 私も、母がおかしいのか、自分がおかしいのかずいぶん…

親への気持ちに「こうあるべき」なんてない

母の実母も、毒親だったと思うというのは前にも書いたことがあります。 tari97.hatenablog.com 祖母(母の実母)は、厳しい人だったようで、時代のせいもあるとは思いますが、兄たちを溺愛し、母のことは可愛がらなかったそうです。 しかし、戦後の混乱の中…

母から謝罪された話の続き②

またまた毒母のバカさ加減を思い知りました。 前に姉と私と母の3人で出かけた際に、急に母から謝罪をされたものの tari97.hatenablog.com 姉にも私にも、響くところはひとつもなく、母は単に墓穴を掘っただけでした。 「謝りたい!」と息巻いていたくせに、…

母から謝罪された話の続き

先日、中途半端な謝罪をして余計墓穴を掘った母でしたが tari97.hatenablog.com 自分から急に「謝る!」と言って、昔の話を蒸し返したくせに 自分の都合の悪い話が出ると「もうええやん、その話は」とか 「もうわかったからその話やめて!」と、平気でこちら…

母の発達障害っぽいところについて

前に、ファンデ用のパフを洗うのを断固として私にやらせる話を書きましたが tari97.hatenablog.com その時も母は、お金に困っている訳でもないのに、パフを買いに行くことを拒んで、何としてでも私に洗わせようとしました。 母は、こういう「娘に高圧的に命…

母から謝罪された話

前々から、母は頭のネジ1本足りないんじゃないかと再三書いてきたように 急に突拍子もないことを言ったりやったりすることがあります。 おそらく、母の中では考えはまとまって、ここぞ!という気で発言しているのでしょうが まったくの見当違いだとか、は?…

消えない毒親の呪い

毒親が癖のように発していた言葉や無意識にやっていたことは、何年も子どもの頭や心に残り続け いい大人になってからも、何かをする度に思い出したり、嫌な気分にさせたり トラウマの原因になっているのだろうなと思わざるを得ません。 私の場合、実家でうた…

熱量の違い

中学の頃、生徒会に立候補する友達の「I田さん」に、選挙活動の時に着けるタスキのイラストを描いてほしいと頼まれたことがありました。 I田さんは、成績も良かったですが、我が強いところがあり、私はあまり好きではありませんでした。 その時も「絵が得…

なかなかうまくいかないです

この間、新しい職場で働き始めたと書いたばかりなのですが 5月末で契約満了となり、その後の更新は断られてしまいました。 私としては『ああ、やっぱりか』という感じで特にショックでもなかったのですが。 まぁ、いつものごとくあまり馴染めてないなぁとい…

毒親あるある◆意味不明なアドバイス

これも毒親あるあるか、わからないのですが 毒親って、こちらの得意なこととか、興味のあること 逆に苦手なこと、興味のないことにまるで関心がないので 時々「これをやってみたら?」とか「これが合ってると思うよ」とか アドバイスしてくることが突拍子も…

ブログを書く目的

毒親問題に向き合うようになってから、かなりの数のブログやメルマガ等 色々なものを読み、解毒の手助けになったものがたくさんあるのですが 最近少し感じたことがあります。 とある毒親関係について配信しているメルマガがあるのですが それを最近読むとな…

母に何かを贈るのが嫌いな理由

もうすぐ母の日なので、そういう広告がネットでもすぐに出てくるし、コンビニやショッピングモールにも多くて胸糞悪いです。 先日、今あの食品がおいしくて人気らしいね~という話を姉と私と母の3人のLINEでしていると 母が「じゃあ母の日にそれを(く…

どの口が言う

今の職場に行くようになってから、やはり通っている生徒への『いいなぁ』という気持ちがあることに気が付きました。 そりゃ、皆が皆楽しくて、来たくて来ている訳ではないにしても、よほど嫌々でもない限り 若いうちにこうやって色んな経験をするのは、今後…

責任の所在の仕分け

※今回は、少々ネガティブな記事になります。 以前にも書いたことがありますが、職場で注意されると自分の全人格を否定されたような気分になって落ち込むところが、まだ直っていないので、しんどいのと tari97.hatenablog.com 別の拠点に60代くらいの、すん…

ハラスメントという視点で考える

今まで、母が嫌い過ぎてあまり目を向けられていなかった(そこまでの余裕がなかった)ことの中で 自分さえよければいいような人とか、どことなく人を小馬鹿にするような人とか、変なとこでマウント取ってくる人とか 何かしら、モヤっとさせられたり、カチン…

常識的に考えて

「普通」という言葉はあまり好きではないけれど 私の母は確実に「普通」ではなかったと思います。 私の思う「普通」とは、一般的に、という意味も含むものの 常識的に考えてという解釈の方が大きくて 世間体を大切にする毒親もまた「普通」が好きではあるの…

案ずるより産むが易し

最近は、仕事を変わったりしてもわざわざ母にも報告もせず 時々「元気?」みたいなLINEは来ますが、かなり適当な返事しかしないし 正直、私は母に会いたくないので、のらりくらりと予定をはぐらかしているうちに 本当に母と顔を合わせることがほぼなくな…

母ほど父を嫌いにならなかった理由

自分の過去の行いによって、娘に嫌われているということは さすがの母でも自覚はあるようですが 父からも本当に愛されていたか?という件については、疑問が残ります。 母は「夫に愛されていた」という絶大な自信を今でも持っているし 私も昔は仲睦まじい夫…

限りなく黒に近いグレー

このブログでは、母との関わりの中で私にどういう影響があったか 母が「毒親」と言われる所以は一体何だったのか そういったことを、書籍やブログを参考にしたり、自分の体験を事細かに思い出すことで分析し これからどうして行けばいいか?ということも含め…