もう理由なんかなくていいの

毒親との暮らし。離れるまでと離れてからのおはなし。

毒母とのキッチン使用問題

昔から、キッチンに自分以外が立ち入ることを母は異様に嫌うところがあり 私は幼い頃から料理やお菓子づくりなんかをしたかったのですが、ちょっとでもキッチンを触られて自分の気に入らないこと(物が定位置に仕舞えてない・食材を勝手に使われる等)が起こ…

嫌いなことを「引き算」してみる

前回からの続きです。 最近、一番変わったなと感じるのは仕事への考え方です。 私は昔から母に仕事が続かないことをボロクソに言われてきたし、本当に自分は仕事嫌いのどうしようもない人間なんだなと思っていました。 tari97.hatenablog.com けれど、よくよ…

「やりたくないことは、やらなくていい」という幸せ

解毒を図る毒親育ちの人の中には、親に見切りをつけて「これからは楽しく生きよう!」と決心をする人も多いのではないでしょうか。 私もまさにそのうちの1人で、まず母と離れて暮らすようになったら、それだけで万事解決した!くらいの感覚になりました。 t…

「子どもやから」を利用しないでほしい

ブログを書いてきて、母は家族相手にも支配関係を築かないと、共存できないことに気がついた訳ですが 気が付いてしまうと、あれもそのせいかなと思うことがどんどん出て来てしまって 良いのやら悪いのやらといった感じです。 まぁでも、ここに書くことによっ…

なぜそういう言い方しかできないのか

時々、母とはランチに行ったりしますが、やはり2人っきりで会うことに私はかなり抵抗があるので、姉も含めた三人で会うようにしています。 別に私は母になんて一生会わなくても良いのですが(むしろ会いたくない) 母を病院に連れて行ったり、スーパーに付…

母から学んだことって?

これまでブログを書いてきて、結局、私は母から学んで役に立った教えって一体何があったのだろうと考えていました。 昔の、母のことを好きだった頃の私に同じ質問をしたら、きっと母の我慢強く、堅実で、自分に厳しいところを尊敬している・真似したいと答え…

両親の幼稚さについて

私は母が嫌いすぎて、家を出てすぐは母だけを毒親だと認識していましたが 父が亡くなり、母とも距離を置き、父のことも考える余裕が出てきてからは『父親も父親だったな』と思うようになりました。 tari97.hatenablog.com 父の、遊び心があったり、いい意味…

「感謝」と「尊敬」の線引き

毒親というのは、自分が与える物事に関しては、どんな小さなことであってもものすごい苦労を伴った・大変だったアピールをしますが 他者から与えてもらう物事に関しては、最低限の感謝をしないどころか、ダメ出しをしたり難癖までつけてくるという始末です。…

母の発する嫌いなワード②

前回からの続きです。 tari97.hatenablog.com もう1つ、最近母と話していて 母の発する言葉の中で不快なのが「もう母さんそんなん言ってないやん!」 母は現在、とにかく娘に全く会ってもらえなくなることだけは絶対に避けたいようなので 昔よりかは、かな…

母の発する嫌いなワード

現在、母と関わる中で嫌なことの1つに「色々詮索される」というのがあるのは何度か書いていますが tari97.hatenablog.com その中でも特に「持ち物について聞かれること」が、すごく嫌です。 昔から母はお金の話ばかりしていたので、私のお金の管理について…

自分で自分の機嫌を取れるのが本当の「大人」だと思う

ブログを書くようになって、昔のことを思い出していると 母って何でとにかくいつもあんなに愚痴っぽく、ひねくれたものの考え方しかできなかったのだろうと不思議で仕方ありませんでした。 旅行やお出かけの時に限って、ちょっとしたことで機嫌を悪くして (…

自分純度を上げる

タイトルが何かうさんくさいブロガーみたいになってしまいましたが 実家を出るまで私は、母の顔色をうかがい、母の機嫌を取り 主語が「母」の人生を長く過ごしてきました。 学校の専攻とか、職場についても母はその度に知識もないのに口出ししてきましたが …

どうするのが良いのだろう

毒親関係のことを調べていたら、よく「毒親との対決」について書かれています。 書籍などでは、成功例が主に書かれているのか、それなりに見えるように表現されているだけなのか? 「ぜひ、やってみましょう」的に受け取れるのですが どうも質問系のサイトと…

愚痴の「ゴミ箱」今すぐやめましょう!

前回の記事でも書きましたが、母は元来男好きで、男と見ればすぐに心を許して、その男が車の運転を快く引き受けてくれれば、更に入れ込むみたいなところがありました。 tari97.hatenablog.com 私は、とにかく気が合わないと人を好きにはなれないから、母の「…

" オトコ " のことで娘に張り合わないでください

今は全く思わないのですが、母に洗脳されてこうでなきゃ!とかつて思っていたことの中に『男性たるもの、車を運転できてこそ』というのがありました。 これは、母の長年に渡る刷り込みによるもので、昔は当たり前みたいに私もそう思っていました。 時代や地…

子どものまま、子どもを産んだ者たち

またある毒親育ちの方のブログを読んでいて、色々感じたので書こうと思います。 その方はおそらく私と同世代(昭和50年代後半生まれ) 親も私の母と同世代(団塊)のようでした。 その方はネグレクト気味に育てられたようで、詳細は割愛しますが、書き起こ…

お弁当を、自慢せよ

母は「私がこんなことしてたら〇〇やと思われるかな」とか「私のこと、きっと噂してるわ」みたいな え?自意識過剰すぎwwwみたいなことをすぐ言う、とは前回にも書きました。 tari97.hatenablog.com 最近になってやっと『誰もそこまで母さんのこと話して…

毒親あるある◆自意識過剰

私の母はとにかく人からどう思われるかをやたらと気にする人でしたが、その基準が大体「母が勝手に思っているだけ」なので、そこはそんなに気にするけど、そこにはそんなに無頓着なんだと不思議になることが多々ありました。 母が自分のことで気にするのは、…

価値観の違いを認め、高め合える世の中に

先日、ある質問掲示板を見ていた時のこと 質問者は結婚して、子どももいますが金銭的にやむを得ない事情でちょっと人には言いづらい、割りの良い仕事をしている。 が、自分が思っていたよりも稼げないから、その方は自分に自信のあるところ(セールスポイン…

「〇〇されたら、お母さん、困るんよ」この言葉、嫌い

学生時代、実家にいた頃に隣の家の母娘喧嘩が時々聞こえてくることがありました。 まぁうちみたいなヤ〇ザみたいな怒鳴り合いはしてなかったけど。 母は一応世間体は気にするタイプなので、喧嘩が本格化してきたら「お父さん、窓閉めて」と言うぬかりなさは…

近況報告とか

更新がわりと滞ってしまいました。 最近、ブログに書きたい!と衝動的に思うことがあまりないです。 いや、思うことは色々あるのだけど… どれも取るに足らないことで、毎日ゆるーく暮らしています。 ひとつは、母にほぼ会わないことが大きいのではないかなと…

人の限界を超えるまで怒らせるな

私は元々争いごとが好きではなく、冷静に話し合って済むならそれが一番いいと思うというのは前にも書きました。 tari97.hatenablog.com そんな、元々温厚な私が『もう我慢ならん』と、家を飛び出したことは「よっぽどのこと」だった訳です。 私は、この「よ…

ライトに生きる練習

人と話していると、時々『前言ったのにもう忘れたのか』とか『少し調べたらわかりそうなのに』とか心の中でつっこみを入れてしまうことが昔から結構あって tari97.hatenablog.com とにかく母は「ぼーっとする」とか「ついうっかり」とか 「聞きもらす」「忘…

食べられないことへの恐怖

私は、友達との外食にものすごく気をつかいます。 元々が少食なのと、お腹も弱いので、お腹が空いてないのにとりあえず腹に入れるということができないし(お菓子程度なら、何とか)お肉や脂ものも場合によってはお腹を壊します。 1人で腹痛と闘う分にはい…

また生まれてきた感情

前に書きましたが tari97.hatenablog.com あれだけ金!金!と言っていた割に、なぜ働く上で有利となるパソコンの勉強をもう少しやろうという気にならなかったのか?という話をこの間母にしてみました。 たり『母さんは、金のためなら根性!で、たいがいのこ…

井の中の蛙、大海を知らない方がいいのかも

母は、世間体をいつも気にしていましたが、それは単なる「母基準」なだけで 完全に「井の中の蛙」状態でしたが、自分は立派!と本気で思っていたのでしょう。 差別的な表現や、相手を貶すようなことも平気で言っていましたが、とかく金銭的なことに関しては…

威張りたかった訳ではないと言われても

母は「表現方法のまずさ」が「愛情をかけて一生懸命やったこと」より勝ってしまっていて、それが私が母を嫌いになった原因という記事を前にも書きましたが tari97.hatenablog.com 母は、真面目で堅実で、その生活ぶりは確かに評価に値するものでしたが、とに…

他に考えることないのかな

母は昔から、楽しいことも苦しいことも何でも「誰か」と一緒でないと楽しんだり、乗り越えられない弱い弱い精神の持ち主でした。 そして、その「誰か」の役割は、ほとんど家族が請け負ってきました。 弱いなら弱いなりに、お母さんを守ってあげなきゃみたい…

高校野球を楽しめた、今年の夏

昔から私は野球が好きで、学生時代かなり野球オタクだった頃もありました。 頑張ってルールも覚え、プロ野球観戦に足繫く通った時期もありました。 高校野球も大好きで、関連番組は必ずチェックして注目選手も覚えたりするくらいだったのですが いつの頃から…

お母さんは、悲劇のヒロイン(笑)

毒親問題に向き合うようになって 母って何でここまで「自分が一番しんどい」「自分が一番辛い」みたいなニュアンスでものを言ってきたのだろう?と、不思議で仕方ありませんでした。 確かに色々頑張ってきたことはわかります。 幼少期、貧しかったことは辛か…