もう理由なんかなくていいの

毒親との暮らし。離れるまでと離れてからのおはなし。

気付きの第一歩

仕事は6月末で辞めましたが、まぁ女ひとりしばらく食べていけるくらいの蓄えはあるので、数ヵ月休んでもいいか~と、1日中エアコンの効いた部屋でダラダラとしています。

「今日何してた?」と聞かれても、困るほど、たいして何もしない1日を過ごすこともあります。

こんな風に自分を許せるようになったのも、本当につい最近です。

 

まだ実家暮らしの頃、ある仕事を辞めた時も、今思うと相当心が病んでいました。

 

どうしても、当時の私には忘れられないようなパワハラまがいの発言を上司にされ、ボロボロで帰ると今度は、母からも「根性なし」などと数時間罵られ(笑)

怒りと悲しみに震えながら、よく母を刺さなかったものです(笑)

 

心を休めたくて、DVDをレンタルしてみたりしてたのですが…きっと私は根性なしのダメ人間なんだ…と、まんまと母の洗脳にはまり、もう気が気じゃなかったんですよね、せっかくの無職期間も。

ほんとは気の済むまで休みたいんだけど…母にいつも監視されているみたいに感じて。

 

実家にいた頃、いつの頃からかなぜか休日や夕飯後に自室でうたた寝してても、母に「寝てた?」と聞かれたら「いや、起きてたよ」と嘘をつくのが当たり前でした。

「うたた寝」なんか、ごく普通のことだし、母だってすぐ寝る人だったけど、なぜかいつもそうあしらっていました。

自室が2階だったので、うたた寝してても母が階段を上がり始めたらその足音でパッと起きる(プラス、まるでずっと起きてたかのようにマウス片手にパソコンデスクに座る)という何ともしょーもない技を身につけました。

 

多分、学生の時から、母はうたた寝しているのに、子どもたちには「寝るな」と怒っていたからだと思います。確かに仕事と家事の両立はしんどかったと思う。でも、子どもだって、1日遊んでいる訳でもないです。ましてや小学生の頃は、毎日片道3kmほどの道のりを徒歩で通っていて、元々体を動かすのが嫌いな私は正直へとへとでした。

それでも「この家で一番しんどくて、頑張っているのは私」アピールを母にされるもんだから、しんどいとか眠いって子どもが言っちゃいけないんだ、みたいな気持ちになってたんだと思います。

 

 

数年前、母との大喧嘩の末、逃げるように小さなアパートで暮らし始めた頃。

その時借りていた部屋がちょうど階段の真横の部屋で、人の気配がわかるんです。

休日の夕方、1人で昼寝をしていた時に聞こえてきた足音で、「やばい!」と思って飛び起きたんです。

寝ぼけながらもさっきのしょーもない「技」が発動されたんですね。

 

そこで「そっか。もう、寝てない!って嘘、つかなくていいのか」と、初めて気が付きました。

 

それから、昼寝やうたた寝を、気配を気にせず堂々とできるようになったのは、もう少し経ってからでした。

 

実家を出れば、確かに母の姿は見えなくなりました。

でも、こうやって、いろんなことが「母基準」で成り立っていたことに気づき

「実家を出たら解決」では、全く!ありませんでした。

 

その、気付きとなる、はじめの一歩のエピソードでした。