もう理由なんかなくていいの

毒親との暮らし。離れるまでと離れてからのおはなし。

母の毒を止められない、その父もまた毒

家を出てすぐの頃は、母への恨みつらみばかりが頭の中を支配していたし「父となら、暮らせたのに」と思っていたものです。

父は酒が好きでしたが、家でチビチビ1人で飲むタイプで、外で飲んでトラブルを起こすとか、暴れるとか、そういうのはありませんでした。
ただ、友達もおらず趣味もないので、定年退職してからは酒の量は増える一方で、晩年は完全に酒に飲まれていました。
それでも母のように声を荒げて怒り狂ったりせず、温厚だったので私は父の方が好きでした。

最終的に家中に酒を隠してまで飲むようになりましたが、母だけを強烈に毒親認定していたので、そんな父のことも「そりゃ隠れて酒ぐらい飲みたくなるわな」ぐらいに思っていました。

けれど、最近、父も父だったよなと思うようになりました。(母の毒が強烈すぎて、気付くのがだいぶ遅れました)

昔、母は、虫の居所が悪いと夕食を中断して、自分の考えを叫んで怒り狂う、というのを定期的にやってました。子どもが泣くまで、こんこんとやります。

確かに、私たちが悪い時もあったのだろうけど…今思うとほとんどがただの憂さ晴らしだったと思います。
家族は「まーた始まった」ってなもんです。

父だけは手を止めず酒まで飲んで(母は子どもにだけ食べるのやめて、聞け!と言う)酔って気持ちよくなったら「ほな父さん寝るわ。まぁ母さんもそない怒らんと」と、適当な声掛けをして寝室に逃げます。

ひとしきり叫んで気が済んだ母に「早く食べてしまえ」と言われ(誰が止めたんだよw)涙の味が混じる冷めきったごはんを食べた時のことを思い出すと、惨めでたまりません。

最近、父は温厚ではあったけど、そういう場面で何一つ、母に対して意見をしなかったなと気付きました。

「お母さん、言い過ぎやで」

「楽しくご飯食べようや」

なぜそういう言葉が「父として」言えなかったのだろう?

確かにあの母だから、言っても余計激高するのは目に見えてる。けれど、しつけの範疇を超えて、母が単なる憂さ晴らしにやってるかの判断くらいは、ついたんじゃないかなと思うのです。

けれど、今、なんとなく理由がわかります。
そんな意見をして、ヘソを曲げられてご飯も作ってもらえず、酒も飲ませてもらえなくなると困るからだろうな、と。
父の人生目標はほかでもない「ラクして酒を飲むこと」だったから、だとやっとわかりました。

「酒をどうしても飲みたい」という気持ちがあるから、とりあえず適当にやり過ごして、今日はどれだけ飲めるか、だけを楽しみに生きていたんだと思います。

父は幼い頃お風呂に入れてくれたり、家事にも協力的でしたが、その先にあるものが「酒を存分に飲めるから」なのか、本当に娘を愛していたからなのか。

亡くなった今となっては、わかりません。