もう理由なんかなくていいの

毒親との暮らし。離れるまでと離れてからのおはなし。

「親の言う通りにしない」のは「悪」

毒親育ちのあるあるとして、特に自分の知らないことや自信のないことに限って、親の言いなりになって鵜呑みにしてしまっていたこと、ありませんか?
それで、恥をかいたり、失敗したり…

今考えたら、何であんなこと鵜呑みにしてたんだろう?と笑えることも多々なのですが(笑)

「ほんとに大丈夫かな」と疑ってネットで調べるなり、人に聞くなりしなかった自分も悪いのだけど…
毒親育ちの子って「親の言う通りにしない」のが「悪い」と思ってしまうんですよね。
疑ったりしてまた機嫌を損ねられても嫌なので、言われるがままでした。

私は新卒で就職をしなかったので(自らフリーターを選んだ)仕事探しにはずっと親が介入していて、それが当たり前だと思っていました。

こちらの記事でも書いたように、ハローワークの求人票などは親にチェックしてもらい、応募するか否かを決めていました。(それも今思えば何基準で親が決めてたのかわかりませんが)

私が21歳くらいの時の話です。
私は、携帯ショップの販売員として働くことになり、採用後別の店舗で研修をすることになっていました。「明日からは○○店で研修があるけど、スーツは着てこなくていい。それなりにきれいな服で」と、教育担当者に言われました。

その頃、スーツは持っていましたが、オフィスカジュアル的な服を持っていなくて、でもスーツは着なくて良いと言われたので、それをそのまま母に伝えました。

上はブラウスを着るとして、私の持っている服の中で、一番ましなパンツが細身のキレイめデニムしかありませんでした。
その頃はもうネットもあったので、少し調べればよかったものを、母が「そのGパンにしぃ!それでええ!」と言ったのを鵜呑みにして、次の日デニムで出勤しました。

研修する店舗の人とは、初めての顔合わせで、そこの副店長の女性から「あれ?着替えはまだ?」と言われ「あっ、このままです」と言うと絶句していました。「何でも、、良くなかったんですかね?(汗)」と聞くと、何でもいいって言ってもオフィスでデニムはないよ、と教えられました。
幸い、入社したのが私だけだったので、比べる人が他にいなかったのが救いでしたが…
その店舗のメンバーからは「初日にデニムはいてきた人(笑)」と、ずっとネタにされていました。

笑ってごまかしていたけど「お母さんって、何でも知ってるみたいな顔して偉そうにしてるけど…実はそうでもないんじゃないか」と、だんだん疑いの芽が出始めた頃のお話でした。
おそらく、こういうことが度重なって、だんだんと自分でわかることは調べて、違うことはきっぱり違うと母に言い始めたのがこの頃からでした。