もう理由なんかなくていいの

毒親との暮らし。離れるまでと離れてからのおはなし。

ACとかパーソナリティ障害とか

前々からずっとACのことについても考えているのですが、いかんせん「母が毒親だった」ことが自分の中で濃すぎて(目の前の対応に必死で)「自分、ACなのかな」と思ったのは実は結構最近だったりします。

母が嫌いすぎて、父のことまで考える間もなく父は亡くなったけど、父にも問題があった(両親ともに、ということは家庭自体にも問題があった)のでは?と思ったのもつい最近でしたし…

tari97.hatenablog.com

生きている中で私が悩むことは、大体どれも家庭環境と母との関係が影響しているのは、何となくわかります。

異様な生きづらさであったり、自分は必要とされていないように感じる虚無感とか、仕事が続かずすぐ辞めてしまう(主に人間関係)、アイドル依存、軽い買い物依存…

ただ、ACのサイトなどを見てもいまいちピンとこないのが、自分がどのタイプに当てはまるのかがよくわからないからだと思います。

「ヒーロー」「スケープゴート」は違うなと思うけど、他は「これっぽい」と言うか、どれもちょっとずつあてはまる感じで、ACの自覚のある方はみんなそんな感じなのですかね…?「何歳頃はこの傾向が強かったけど、幼い頃は全くといっていいほどそうじゃなかった」みたいな感じです(その逆もあります)

ちなみに、異様な生きづらさを感じて、ネットで検索して「自分これっぽいな」と一番感じたのは「回避性パーソナリティ障害」でした。

まぁ、あれだけ種類があれば人間誰でもどれかにあてはまりそうな気もするけど…

先に書いた「生きている中で私が悩むこと」については、すでに所々このブログで紐解いています。

異様な生きづらさは、おそらく母からの行き過ぎた叱責とか、失敗を許さない言動が元で考えすぎる癖がついてのことでしょう。仕事が続かないのも、仕事内容は働く前に吟味できるのでそうそう躓くことはないんだけど、毎度人との付き合いというか、まず「所属する」ということが非常に苦手なため、まずそこが異様にしんどくて、これも元は毒親育ちが関係していると思います。

アイドル依存については単純に「家以外の居場所探し」「日常を忘れるための薬のようなもの」でした。同じく、一時期は特に欲しくもない服を買って欲を満たしていた時期もありました。

自分は必要とされていないように感じる虚無感のほかにも、そこまで毎日強く感じる訳ではないけど、時々ぼんやりとその思想がふっとわいてきて、嫌悪感を抱いたり、生きているのが嫌になる瞬間があったりします。

暮らしてて「なんか嫌」「なんか苦手」とふわっと感じるものやできごとです。

これまではわりと「これがこうだから、こういう考え方になったのだろう」とか、明確な原因とか理由を考察しがちでしたが、そういう「何となく嫌」なものは正直自分でも原因がよくわからず、詳しい人教えて!みたいな感じです(笑)

無職期間にそういうのも色々と考えてみたので、今後は時々そういうぼんやりした記事もあるかもしれません。

それに合わせてACとかいう言葉も出て来るかとは思いますが、たりは「自分のどのタイプのACかは、よくわかっておらず」「回避性パーソナリティ障害の気はあるんじゃないか」と自分で診断した結果、書いていることになりますので、それをふまえて、気になる方はお読み頂けたらなと思います。