もう理由なんかなくていいの

毒親との暮らし。離れるまでと離れてからのおはなし。

「愛」の定義が母とは全く違うんだと思う

両親それぞれの役割みたいなものが決まっている家も多いと思います。

 

うちはとにかく母が怖かったので、しつけとかそういうことは母の役目みたいなところがありました。

母はこの記事に書いたように「子どもは好きじゃない」と、自分で豪語するだけあって

tari97.hatenablog.com

子どもたちの「遊び相手」は、父の役目でした。

母は「怒るのはいつもお母さんの役目」だから「自分は損な役回りや」みたいによく言っていました。

いやいや、今思えば、それでずい分ストレス発散にもなってたでしょう?って感じなんですけどね(笑)

「親」という権力を使って、大義名分で憂さ晴らしできたでしょう?(笑)

 

時々「また母さんに怒られるで」と、冗談めかして家族の誰かが言うと

母はよく本気になって「母さんは子どもに好かれるために子育てしとんやないから!」と、つっかかってきました(またこれも冗談通じないので笑いに代えられないんですよね~)

母は「嫌われてでも、子に正しいことを教えないとあかん」という意味で言ってたんだと思います。

言いたいことはわかります。

 

事あるごとに「母さんは子どもに好かれるために子育てしとんやない」発言をしていたので

 

なら、横柄な態度で自分の思い通りに皆を縛りつけて、最終的に嫌われている今

自分の理念に適っているし、やりたいようにもできたし、むしろ本望じゃないの?と思うのですが?

それに、子も本当に道を踏み外すようなことはしていないから、むしろ成功じゃないですか?(笑)

 

だから前に実家に行ったときのような「寂しい」「お金渡してでもそばにいてほしい」みたいな発言には、心底呆れるし

あんなに偉そうな態度取っておいて、よく今さらそんなみっともないこと言えるなって思い、情けなくなるのです。

tari97.hatenablog.com

嫌われたって、平気だったんでしょう?(笑)

まったく、母にはプライドってものがないのか?と思ったんですけど

よく考えてみると

 

「母さんは子どもに好かれるために子育てしとんやない」とは言いつつも

本気で嫌われることなどないと、信じ切っていたのでしょうね。

どんなにきついことを言っても、偉そうな態度を取っても。

(そしておそらく私がこんなにブログに綴るほど嫌っているなんて、微塵も思ってないと思うw)

 

 

幼い頃、父に怒られた記憶がほぼないのと等しいくらい、母に遊んでもらった記憶もほぼありません。

母は冒頭にも書いたように「怒るのはいつも自分。自分が嫌われ役」と言うのと同時に「お父さんは子どもに甘いからな!」と、よく父の悪口を言っていましたが

父が「母さんは子どもが嫌いやからな!」と母の悪口を言っているのは、そう言えば聞いたことがありません。

 

晩年は、酒に溺れて自分を見失う父親のことも嫌いでしたが

心底、母ほど嫌わなかったのは、この差かもしれません。

 

tari97.hatenablog.com

愛情をかけて育てた(&家庭を守った)と豪語する母ですが、その母の言動に一番愛がなかった気がします。

 

私は、あんなに横柄な態度を取ること自体が『愛がない』と感じるし、実際、自分の愛する人にあんなことできません。と言うか、やりたくもないし。

 

その人のいないところで悪口を言うことも『愛がない』と感じるので

 

『何が愛だよ』って、逆に笑えるんですけどね(笑)