もう理由なんかなくていいの

毒親との暮らし。離れるまでと離れてからのおはなし。

母は、他人との関係の構築を妨害するタイプです

母の嫌いだったところで、私が家に友人を連れて行ったりしても、自分の機嫌が悪かったり、何かが気に入らないとせっかくの友人との時間をぶち壊す というのもあります。

毒親あるあるですかね?(笑)

 

実家は交通の便が悪く、不便な所で、あまり友達を呼ぶこともなかったですが、たまには私の家で遊ぼうということもありました。

 

ただ、ちょっと盛り上がってうるさくしてしまったり、私の部屋は2階なので何かを落として下に響いたりすると、リアルタイムで母が下から怒鳴ってきたり、部屋に入ってくるんですね。

今思えば、何でそんなヒヤヒヤしないといけないのに、うちに呼んでたのかな?とも思うんですけど。まぁ、当時は今ほど娯楽施設も、お金もなかったですしね。

 

確かに、うるさいとか、不快なのもわかるんです。

ただ、怒鳴ったり怒ったりは「友達が帰ってから」で、よくない?とずっと思ってました。

 

高校~短大時代によく友達を連れて来てたけど、母は時々そうやって、友達が「何、このお母さんw」と引くような絡みをしてくるし

ちょうどそのあたりに自分の親がちょっとおかしいんじゃないか?ってことにも薄々気付き始めてた時なので、恥ずかしいなぁとずっと思っていました。

(それでも、親がおかしいってなかなか認めたくないし、他の家の子がやってることを自分も同じようにやりたい(友達を気軽に招きたい)とも思ってしまうんですよね、子どもって)

 

仲の良い友達は、だんだん「たりのお母さんはこんな感じ」というのがわかって、扱いを覚えてはくれていたのですが

どんどん母の私への干渉が酷くなってきた頃は、友達が遊びに来てても、お構いなしに私を呼び付けて、家事をやれとか言い出すようになったのですね。

 

私も急に連れてきた訳ではないし『〇日から〇日、〇〇ちゃんが泊まりに来るけどいいかな?』と、必ず母の承諾を得てから、来てもらっていました。

なので、その間は私は「来客中」のはずなのに、いつも通りの家事(食事以外全部)やれって言うんですね。

すると結局、私が家事をしている間、私の部屋に友達がほったらかしの状態になってしまい、何のために泊まりに来てるかわからなくなったので、実家に泊まりに来てもらうのはやめました。

 

口では「〇〇ちゃん来るんやね♪」と楽しみにしている感じなのに、いざ来たら何かめんどくさそうと言うか、嫌々おもてなししている感も好きではありませんでした。

多分、母はいつも何となく外部の人やものを拒絶する感じがあったし、家は自分の一生を掛けた「聖域」みたいなものだったのでしょう。

何となく「他人に立ち入られるのを嫌っている感」は、幼い頃から感じていました。

tari97.hatenablog.com

 

こういったことは数えきれないほどあるし、姉もそういうこと何回もあったと時々盛り上がるのですが

 

私が友達関係で人生で一番嫌だったエピソードが、中2の夏休みのことです。

 

夕方から友達含め4人で花火をしてちょっと遅くなってしまって、私の家が一番遠かったのであとの3人が申し訳ないからと私の家まで送ってくれたのです(もちろん携帯は持っていません。電話しないとやばいかな?とは思いましたが公衆電話までもすごい遠かった)

 

すると、カンカンに怒った母が玄関先に出てきて「待て!待たんかい!」と3人を引き留め、、

思い出すだけでも恥ずかしいですが、30分くらい家の前で説教されました。

 

私は『うわ、怒られる!始まる!』と察知したので『遅くなったから、3人が送ってくれてん。3人共は家が近いから、心配ない』と先に説明しても、もうそのモードに入っている母には聞こえず(内心、聞こえないふりしてみんな帰らせたらよかった…!と悔やみました)

 

 

心配だったのはわかるんですよ。

ただ、結局そこで30分ほども足止めをくらうと、この子たちがもっと遅くなるとか、「たりのとこのおかん、頭おかしくね?」みたいに思われて、私の顔が潰れるとかは、全く考えなかったのかなぁ。

 

もう、母があのモードに入ると何言っても聞こえないんですね。

今思うと、病気ちゃうか?と本気で思います。

「私がアカン言うたらアカンのじゃ!」

母のこの理論、大嫌いだし、何事も『言い方ってもんがあるでしょ』と本当に思う。

 

「今何時や思とんじゃ!」と怒鳴り散らす姿は、まるでヤ〇ザのようでした(笑)

好意で送ってくれた友人にも、その後合わせる顔がありませんでした。

 

怒り狂う母を見て、友人たちが固まっていた光景…今でも忘れません。