もう理由なんかなくていいの

毒親との暮らし。離れるまでと離れてからのおはなし。

「他人サゲ」さえも親孝行になる

幼い頃から母の機嫌を取る為に、おおげさに感想やお礼を言ったりとかはしていましたが、20代の頃は特に『母が喜びそうだな』という言葉を選んで話す傾向がありました。

とにかく、機嫌の悪い母を見たくない一心で

母が機嫌よくいてくれるなら、自分の思っていることを押し殺してでも母の喜びそうな言葉を口に出すようにしていました。

 

特に母は『ごはんがおいしい』と『この家に住めてありがたい』『(私は薄給な割に)不自由なく、暮らせてる』みたいな言葉には、すごくご満悦でした。

そこまでで済めばいいんですけど、わざわざ「他者をサゲることで、母に優越感を持たせる」というのもやっていて、今思うとそこまで洗脳されていた自分に、何とも言えない気持ちになります。

 

 

私が20代の頃、一回りくらい年上のいとこの姉の「サヨ(仮名)」が、職を転々としてプラプラしており、それを聞きつけた母はサヨちゃんみたいになったらアカンのやで!プラプラしてたら後で困るんやで!とかなり言っていました。

サヨはその頃30代半ばで「サヨちゃん結婚もしないで、どうするんやろ」ともよく言っていました。

 

ある日、サヨの家に行く用事があって、サヨのお母さん(私からしたら伯母)も「いつまでもプラプラして、結婚もせずに…」と嘆いていて、私は『多分ここでこう言えば母が喜ぶだろうな』と思い『私は、25くらいで結婚するねん。今はその為のお金を貯めるとき(サヨとは違い、しっかりしているでしょ的に)』と言うと

母は「ようわかってきたやろ、この子も!」と、伯母に向かってドヤってました。

(当時私は契約社員ではあったけど、かなり手取りは良かった)

そう言うことが、親孝行だと思っていました。

 

けれど、私別に結婚願望なんて全くなかったし

お金よりも休みが欲しかったんです

 

わざわざそう言って(&サヨサゲをして)母を喜ばせることで、自分にも言い聞かせようとしていたのかも知れません。

 

 

その数年後『婿は諦めて下さい』宣言をした訳ですが

tari97.hatenablog.com

 

母は今度は私と2人で暮らして行くと勝手に決めて、どんどん干渉と束縛が激しくなっていき

私は自分がどうしたいか、何をして生きていきたいのかなんて全くわからず

もうとっくに母と暮らすことの限界は超えていたはずですが、何とかかんとかアイドルに依存することで気持ちを保っていました。

 

そんな中、近年オタク活動で一番散財した年が家を出る1年前でした。

私ももうヤケクソに生きていたので

現地でぽーんと何万も出して『明日の公演増やそ』みたいなことをやったのです。

(元々お金には慎重なため、いつもはそんな無鉄砲なことしません)

 

親のお金を直接使った訳ではないにしろ、私の少ない手取りでそこまでできるのは、金銭的に母に依存しているからということも明確でした。

 

その時のチケットは倍率が高く、何公演も入る人はそれなりに財力のありそうな人たちで、私もその中に混じって何公演も観て帰りました。

 

帰ってから母に『今回の公演はお金に余裕があったから助かった。(チケットのないかわいそうな人達と違い)私はこっち側の人間なんだ~と思った(笑)』みたいに「お金のない人サゲ」をしつつ言うと

 

母は何て言ったと思います?

 

「(恵まれていることが)やっとわかったか!」

(すみません、自分で書いててだいぶ胸糞悪い)😅

 

やっぱり、私と母の関係も、当時の私の思考も、マトモじゃなかったです。

 

レアな公演にたくさん入れた。

母も喜んでいるし、これでいいんだ…と、これもまた自分に言い聞かせようとしていたのだと思います。

 

 

自分の気持ちに嘘をつく、と言うのは自分が思っているよりも大きな傷跡を残します。

確かにあの公演にも入れた、贅沢もできたとも思うけど

あそこまで精神的に母に捧げた約10年のことを考えると、やはり悔やんでも悔やみきれない部分が多々あります。