もう理由なんかなくていいの

毒親との暮らし。離れるまでと離れてからのおはなし。

ナメてるのはどっち?

前も書いたように、わざわざ、娘が機嫌よく勤めている通勤手段を貶してみたり

tari97.hatenablog.com

 

他にも嫌いだったのが、自分が嫌いなものを人がおいしそうに食べていたらわざわざ食べている人の前で「そんなん、おいしい?」とか「よくそんなもん食べるわ」とか言うんですよね。顔をしかめて。

他人が気持ちよく過ごしているのが、自分の趣味嗜好に合わないことだととにかく貶さないと気が済まないようです。

 

そうやって何でも「自分の嫌いな物事」をそれ自体を貶すにとどまらず、それが好きな人へも「私は嫌い」アピールをわざわざやるから一緒にいて不快なんだろうなぁと、気が付きました。

幼い頃は親の言うことは絶対と思うし、貶された時点で『母の嫌いなものを好きって言う自分』に罪悪感を抱いていました。

人の好き嫌いなんて(いい意味で)どうでもいいし、趣味嗜好なんて違って当然ですけど

なぜ母は「自分と違う」ものを真っ向から貶さないと気が済まないのでしょう。

 

その割に、母が逆のことをされたら母は怒るんですよね。

「お母さんな、これ大好きやねん!」「変わってるやろ、私」みたいなのを存分にアピールして(かまってちゃん発動)

腹立つので私も母みたいに『よくそんなもん食べるわ』と言い返したら「フンッ!ほっといて」です(笑)

『そうだね、お母さんそれ好きだったもんね~』という返しをしてほしかったのかと気付いたのはつい最近です。まぁ気付いてもしないけど(笑)

 

ただ『この人には言わないんだ、へぇ~』と思うことも多々あったので、相手見てやってるんだろうなと思うのだけど、その「相手見てやってる」ということが引っかかります。

 

 

母は昔から「ナメてるか・ナメてないか」もよく言っていて、他人から「ナメられる」「見下げられる」ということをとにかく嫌がっていました。

tari97.hatenablog.com

この思考は今でも自分に染み付いている自覚はあって、ちょっと何か言われたりしたら『やっぱ私ってナメられてんだろうな』と思うので直したいのですが。

 

食に異様なこだわりのある母は、私が給食や修学旅行先の食事がまずかったという話をすると「子どもやと思って、ナメてるんやろな!」とやたら怒りましたが

その他の自分に興味のないことは「まぁそんなもんやから我慢せぇ」って感じでした。

 

この原理でいくと、さっきの「相手見てやってる」も「家族(特に子ども)には、何言ってもOK(言われた子どもは、我慢せぇ)」ってことか?って思ってしまうし

それってずいぶん子どもを「ナメて」ない?とも思ってしまうのです。

 

そう言えば最近、姉と話していて、姉が母のことを「だめだこりゃ」と思った発言を聞きました(言われれば確かに言ってたなとは思いましたが、姉と私では不快に感じたポイントが少しずつ違っていて、おもしろいなぁと思います)

 

で、その発言というのが「なんで親が子どもに気を遣わなあかんの?」らしいです。

 

やっぱり、子どもだと思って、ナメてない?(笑)