もう理由なんかなくていいの

毒親との暮らし。離れるまでと離れてからのおはなし。

「いじめないで」だと?はぁ?

最近クソ腹立つことがあったので書きます。

 

母は、現在の自分の至らない点をとにかく「病気なんだから」「歳取っているんだから」と年末に患った病と加齢を言い訳に擁護するような言動が最近多く見受けられ、それがどうも気に入りません。

tari97.hatenablog.com

元々、自分が世界で一番不幸で苦労していて辛い思いをしている!って思いたいタイプの母が、病気になんかなったら…それはそれはもう大げさで、世界で一番かわいそうな人ぶって話してくるのでうっとうしいにも程があります。

 

幼い頃は気がつかなかったけれど、母は子どもでもできそうな簡単なことも1人ではろくにできない、精神的にも未熟な…正直言って本当に「しょーもない人間」でした。

別にそんなお母さんはどこにでもいるでしょう。

 

しかし私も姉もどうしても悔しくて、心の整理がつかないのが、そんなしょーもない人間があれだけ偉そうにふんぞり返って独裁を貫いてきたこと、そしてわりといい歳になるまで、母を神のような存在だと、本気で信じきっていたことなんですよね。

 

そんな人間が、自分の性格ややり方がまずかったために娘から嫌われたことを、今度は潔く認めず「でもでもだって」で言い訳するのがまた腹立つんです。

 

こないだもLINEのやり取りで、1日中家で何してんの?という話から

母が「暑くて外には出れない」と言うので『じゃあせめて家の中のいらないもの捨てたら?』と言ってやりました。

母は貧乏性なので何でも取っておく癖があるし(要る書類も要らない書類も、仕分けができないで全部「とりあえず、置いておく」です)

そのせいで、実家は物が溢れており、私からしたらすごく汚いです。

tari97.hatenablog.com

 

私が住んでいた頃は強制的にDMなんかも『今やらないと溜まる一方やから』と一緒に整理していましたが(これも母はパソコンの勉強同様、何だかんだと言い訳をして、やらないで居ようとしていましたが)

tari97.hatenablog.com

いざ母が1人で住んだら何でも溜め込む一方。

学生時代の私には、口うるさく「出した物は仕舞え」だの「床に物を置くな」だの、いちいち小言を言ってきたくせに。

 

すると開き直って

母「片付け、嫌いやねん(笑)」

た『人には散々、片付けろとか言うといてね』

た『それに、洗面所も少しは掃除したら?』

(前に行って、汚さにドン引き。⇩の記事にも書いています)

tari97.hatenablog.com

母「私も洗面所(汚れてるの)気になってる」

じゃあやれよ。

た『ね。私ってよくできてたよな(笑)』⇦(笑)って入れてるけど相当腹立ってる

た『母さんの評価はいつもボロクソだったけどね』

た『まぁいいんじゃない?自分が気にならなければ』

母「そうかな?もういじめないで」

はぁ?いじめないで?何それ。

言い返せなくなったら、私がいじめてる扱いですか?

悪いけど…このセリフ、死ぬほど腹立つわ。

「いじめる」なんて言葉のチョイスが卑怯。

た『別にいじめてるつもりはないけど(笑)』

母「昔とは母さん別人だから(別人に生まれ変わったという意味)」

いやいや、関係ないし

もうできてしまった歴史はそう簡単に変えられないからね~~~😂

大体、母のやってきたことだって本人にその気がなくたっていじめに等しいくらい酷いですよ。

 

た『しっかり自分と向き合ってしっかり生きてください』(真面目に話するだけあほらしいので、強制終了)

母「しっかりは無理かもな。時間はかかるな」⇦ 適当に「はい!頑張る」とでも言やいいのに、すぐこうやって言い訳するんです。

自分のハードルだけはしっかりちゃっかり下げるんですよね。

 

 

病気になったら大目に見てもらえるのだろうか。

歳を取ったら目をつぶってもらえるのかな。

 

私は、心が壊れる寸前まで(いや、もう壊れてたかな)母を助けないと、と思って生きてきました。

それでも、労われたり礼を言われることもなく「これくらいできて当然」と言われ、大目に見てもらえるどころか、むしろダメ出しまでされてきました。

 

あんなに右も左もわからないような幼い頃から、少しの失敗も許されず、人格を否定するほどになじられてきました。

幼い為にわかるはずのないことも「幼い」「未熟」を理由に目をつぶってはくれませんでした。

 

そんな母が「病気なんだから」「歳取っているんだから」

それを武器に許しを乞うことに、応えたくないと思ったって

実際に応えなくたって、きっと罰は当たらないはずです。