もう理由なんかなくていいの

毒親との暮らし。離れるまでと離れてからのおはなし。

母の異常な劣等感について

母があそこまで娘に依存することになった理由で「同性の友人が皆無」というのも、一理あるのではないかなと思って、何度か書いてきました。

それで、なぜあそこまで友人がいないのか?の分析をしていて

少々グレーゾーンを感じる部分があることも前に書きました。

tari97.hatenablog.com

 

それからもうひとつ、母が同性の友達ができなかった理由に同性に対しての異常なまでの劣等感があるように思います。

tari97.hatenablog.com

 

そして、その敵視する「同性」の中に、私の姉の旦那さんのお母さん(姉にとっての義母)も含まれているな、と数年前に気が付きました。

 

姉の旦那さんのお母さん(姉にとっての義母)は、元々小学校の先生をされていたこともあって物腰が柔らかく、多趣味&友人も多いため話をしても面白く、ためになることもたくさん知っておられます(以下、お義母さんはK美さんと表記します)

 

私も数えるほどしか会ったことはありませんが、K美さんに会う度に

『K美さんは、ヤ〇ザみたいに怒鳴り散らしたり、深夜までこんこんと怒ったりすることなんて絶対にないのだろうな(当たり前だけどw)』と、思わずには居られませんでした。

 

 

昔は何も思っていなかったけど、毒親問題と向き合うようになってからピンときたことは

母はおそらくK美さんにも相当なコンプレックスを持っているな、と。

 

昔から、悪口はもちろん、悪口とまで行かなくても「誰それが何した」と他人のアラを探しては夕食時のネタにするしか能のなかったような母ですから、K美さんのことも、よく貶していました。

母が毒親とわかった時からは、K美さんを意識してやっかんでいるんだろうなと気が付いたのでマトモに聞いていませんでしたが。

(どうでもいいけど、何をされた訳でもないのに、自分の娘の義母まで貶すって…)

 

K美さん夫妻は歳が近く、仲が良かったから、母がそこに嫉妬しているなというのも、容易に想像がつきました。

母は、歳の差婚でずっと旦那の年齢に異様にコンプレックスがあったのでね。

tari97.hatenablog.com

 

母も一緒に、K美さんと会ったことも何度かありますが

多趣味で、友達も多いK美さん、一方趣味もなく、友達もいない母。

K美さんと同じ空間にいてもどうしても私の母にはスポットライトが当たらないのです。

 

昔から、母発信で話すことは大体誰かの悪口か噂話で、みんなを惹き付けるような面白い話の引き出しなんてないですから。

tari97.hatenablog.com

 

(一応、ここで悪口や噂話をしてはいけないと、静かにしていただけでも、母にしてはよくできた方だと思うけど)

 

家では偉そうにふんぞり返り、自分のご機嫌も家族にとってもらって、王様気分でいた母ですから、K美さんが会話の中心なのがさぞかし気に入らなかったのでしょう。

 

 

K美さんの方が博学だし、人当たりも良いので、輪の中心になって当然。

多分頭では母もわかってはいるみたいなんですけど

だんだん自分だけバカにされているような、そんな劣等感に苛まれ、どうしようもない気分になり、耐えられなくなるらしいです。

その場での会話の中心、一番の扱いにならないとどうしても気が済まないのです。

姉が『そしたら母さん、K美さんたちのところに行っても、私やたりがヨイショしてたみたいに、お母さん!お母さん!言ってほしいん?』って聞いたら「うん」ですって(笑)

3歳くらいの「〇〇の話、聞いて!聞いて!」と騒ぐ子どもと同レベル(笑)

 

 

それから、おそらく母はK美さんの「元教師」という部分にもコンプレックスを抱いていると思います。

それは「職業」に対してではなく「公務員でお金がたくさんあるのでは」のほうで。

 

だから、自分と比べて自分が一番になれないとふむと、友人関係を築けないし、ばっさりと切ってしまうそうです。

その、劣等感に苛まれることに、どうしても耐えられないのだとか。

 

最近入院した時にも、母と同世代くらいの女性が何人かいたけど、その中でも

「〇〇さんは、G町の高級マンションに住んでいるから(G町は新興住宅地)」

 ⇒自分より上と感じるから嫌

「△△さんは、O町の人やから(O町は古くからある下町)」

 ⇒自分より下と感じるからOK

などと、母なりの格付けをして仲良くなれそうか、なれなさそうかを判断していたそうです。

多分、生きてきた中で、ママ友や職場などいくらでもこういった機会はあったはずですが

その度にこういうくだらん格付けをして、結局友達になれそうな人は居なかったか、友達になったとしても続かなかったということでしょう。

それくらい、母の劣等感は病的なのです。

 

それを最近姉から聞いて、何だか…母って本当に惨めな人だなぁ…と思いました。

そんな格付けで、自分自身をも苦しめていることに、結局母はまだ気が付かないのだなぁ…と。

 

私も、色んなコンプレックスがあるし、何よりも自己肯定感が低いから、母の言わんとすることもわかります。

心が健全に育った人が「コンプレックスをなくそう」みたいなこと、軽々しく言わんでくれと思うし。

 

それでも、母が自分の悲しみとか苦しみからくる劣等感やコンプレックスをごまかすために娘を利用したことが『それは違うだろ』と思うし

どうしても許せないのです。

 

自分の機嫌次第で言うことをコロコロ変えて娘を混乱させたり

娘が折れるまで高圧的な態度でやり込めたり

娘にありとあらゆる愚痴を延々聞かせたり

娘が思い通りに動かないと「アホ」「裏切り者」等の言葉で攻撃したり

 

残念ながら、これらは心が健全な母親がやることではありません。

 

母は、自分の辛い過去の悲しみや苦しみを「家族団らん!」だとか「マイホーム!」みたいなことにこだわり、目を背け逃げ続けたけれど

溢れ出た毒は、上記のようなことに変換され

確実に娘の心に悪影響を及ぼしたと思います。

 

誰でも、辛い過去や、悲しかったこと、苦しかったこと、たくさんあります。

 

けれど、自分のそういう荷を軽くしようと、他人任せにして自分だけが軽くなったって、それは何の解決にもならないし、相手が潰れるだけだと思うのです。

母と離れてもなお、生きづらさに悩む私が、まさにそのいい例です。

母の過干渉や依存によって、私の心は潰されてきましたから。

 

そのおかしさに娘が気付いてしまったために「友達がいない」どころか、今の母はまさに四面楚歌。

それが、これまで母がやってきたことの " 答え " ということです。

 

何かあればこちらへ

お問い合わせ

⇧のフォームへのコメント、ありがとうございます。