もう理由なんかなくていいの

毒親との暮らし。離れるまでと離れてからのおはなし。

逆上がりみたいなもの

小さい頃、逆上がりの練習をしていてある日突然できるようになりました。

自転車も、ある時ふと、乗れるようになりました。

そういう「幼い頃になんとなくできるようになったこと」って

「なぜ、できるようになったか」と聞かれても「何でだろう。なんとなく?」というのが多くないですか?

(もちろん、頭で考え、できるようになったという方もいるとは思いますが)

 

毒親育ちの心の回復とか、外部との関わり合いも

なんとなくこれに似ているな…と最近感じています。

 

頭であれこれ考えるよりも、やってみて、初めてわかってくるというか。

 

『苦手だな』と思う人とは、もちろん険悪になって別れたケースもあるけど

結局「縁がない」みたいな感じでフェードアウトさせることができるようになり

自分の周りの人が一緒に居て心地よい人ばかりになりつつあります。

これも『なぜかな?』と考えたけれど、結局自分が毒に支配されている時は同じようなタイプを引き寄せる素質があったのか?

多少の『この人、苦手やな』はあるにせよ、自分からそういう人を引き寄せて沼にはまるみたいなことは最近なくなってきた気がします。

 

そういう時に、思い出すのが元親友のことです。

 

前回の記事で

できるだけ、人を『嫌い』と思うことは最終手段にしたいと思って生きているけど

どうひいき目にみても、挽回の余地がない人が何年かに1回、現れる

と、Kちゃんを例に書きましたが

tari97.hatenablog.com

数年前に縁が切れた「元親友」も、その1人だったなと今になって思います。

今思えば、あんなに私にプラスにならない人を「親友」と信じきっていた自分は

完全に毒にやられていた渦中にいたんだなと思います。

 

縁が切れたくだりは、下記に記しています。

tari97.hatenablog.com

 

元親友は、昔から「男性にチヤホヤされる」ことが、ある種の生きがいみたいなところがあり、男性を何人もキープし、不倫もしていました(彼女は当時未婚)

それに言及する気はなかったし『危険な目に遭わないようね』とだけ伝え、あとは彼女の好きにすればいいと思っていました。

 

彼女が男の人とキャッキャする楽しさは私は理解はできませんでしたが

私は私で、当時激しいドルオタだったから『きっと彼女が男の人とキャッキャするのは、私がオタク活動たのしい!ってなるのと、同じようなものなのだろうな』と、解釈していました。

(自分の中での優先度とかモチベーションとしてという意味です)

 

ただ、ひとつ気になっていたのが

私といる時でも必ず彼女は携帯を片手に握りしめたまま、行動をしていました。

「オトコ命!」の彼女ですから、例えば「着信に気付かなかった」等というのはご法度なようで

そういうことを防ぐために、遊ぶ時も常に携帯を片手に持っていたのでしょう。

 

さすがに「アトラクションに乗る」とか、ルールとして不可な時までではないにしろ

例えばテーマパークを歩くとか買い物をしてても常に片手に携帯を持って行動していました。

正直『ずっと携帯握りしめてんの、何とかならんかな』とは思ってはいましたが

注意まではしませんでした。

そして、食事するのに、お店に入ったりして携帯を見られる状態になると

一緒にいる私に何の断りもなく、いち早く男の人に、返信をしていました。

 

内心モヤッとしてはいましたが、私も私で、オタク関係で連絡を急がなければいけない時もあるし、お互い様だと、思うようにしていました。

 

ただし、私がメール等する時は『早めに返信してしまわないとだめやから、ちょっとごめんな』と、必ず断りを入れてから、返信をするようにしていました。

 

それなのにですよ、そういう時、彼女の機嫌が明らかに悪くなるのです(苦笑)

 

結局、彼女はその後、こういう「自分はよくて、たりはだめ」(この場合、自分は何の断りもなしにメールを始めるのに、私は断りを入れても機嫌を悪くされる)

みたいなことがどんどん酷くなって

さすがの私も『この子、一体何様のつもりなのだろう?』と思い

発端は全く別件でしたが、喧嘩になってしまったのだと思います。

この件⇩も、彼女の話です。

tari97.hatenablog.com

 

思えば彼女は、私が彼女以外のものに目を向けている時に機嫌を悪くすることも多く

例えば、彼女といる時に、ばったり私の友達に会って数分立ち話をしただけで機嫌が悪くなり(いますよね、こういう人)

ひどい時には、別れてすぐ、さっきの私の友達の容姿を貶したり、悪口まで言う始末でした。

彼女のこういう部分は、母にそっくりでした。

 

自分は好き勝手にやる割に、私が外部との接触をすると、気に入らなかったようです。

tari97.hatenablog.com

 

おそらく彼女も、自分を蔑ろにされた気になって、どうしても我慢ができなかったのでしょう。

⇩の記事の、姉の知っているお店に母を連れて行った時とそっくりです。

tari97.hatenablog.com

 

ちなみに、彼女はと言うと、男にだらしない面があり

前々から約束もしていて、約束の前日『明日、〇時に家に行くね』と連絡し了解も得ていたのに

前日から男を家に泊めて、結局私が到着する時間になっても男が帰ってないこともありましたが

その時だって『彼女にとってはのっぴきならない事情があったのかな』『私もオタク関係でのっぴきならない事情で何かやらかすこともあるかも(まぁないけど)』と、深く追及はしませんでした。

 

最後に喧嘩になった時に、あまりにも「自分だけが、我慢している!」みたいな主張をするので、どの口が言ってんだろう?と思い

『自分だって、私が泊まりに行くって言った前日から男の人家に泊めて、私が着いてもまだその人家にいたよね』

『それ以外にも「オトコ優先」みたいなこと、散々していたけど、それで私が機嫌悪くしたことあった?』

『失礼なこと、私にもたくさんしてきたよ。でも私は怒らないで我慢してたよ』

と、言わずには居られませんでした。

 

『自覚がないのかも知れないけど、いつでもそうやって「たりになら、まぁいっか」みたいなね。私の事を軽く見ている証拠じゃない?』と指摘すると

全く筋の通らない言い訳をされて(これも母とそっくり)

ある種恐怖を覚えたので、関係を切った訳です。

 

『都合よすぎ!!何様のつもりだよ?』と(⇦ これは言ってはないけど)

当時は私も怒り心頭でしたが

もしかしたら今思えば母と同じで、彼女自身も「相手に失礼なことをしている」「筋の通らないことを言っている」自覚すら、なかったのかもしれない。

母もずっと、私の提起する問題に「たりは何を言ってるの?」状態でしたから。

tari97.hatenablog.com

 

私も私で長年彼女を許し続けてきたから、それも悪かったけど

最後の最後に『もうその手には乗らないぞ』と、許すのをやめた時の気持ちは

母に同じことを思い、家を出た時の気持ちとそっくりだったなぁと、今になれば思います。

 

今は、ここまで壮絶なバトルをしなくても、うまく距離を取って付き合えるようにはなっただけの話ですが

大人なら簡単にできそうなそんなことも、アラフォーにもなってもなお

頭を悩ませないといけないくらい、私は人付き合いにおいてある種の欠陥があるのだと思います。

 

あの家で、あの母に育てられたから?と思う部分も確かにあるのですが

日々何とかかんとか自分に向き合い、嫌なことはここで吐き出し、自分を肯定していくことで

tari97.hatenablog.com

逆上がりが急にできた時のあの感覚のような『あ、私、できたわ』みたいな感じが増えてきたことも事実です。

 

そうやって、ひとつひとつ、できるようになればと思っています。

しんどいけどね(笑)

 

何かあればこちらへ

お問い合わせ