もう理由なんかなくていいの

毒親との暮らし。離れるまでと離れてからのおはなし。

最近わかってきたこと

私が幼い頃から「先のことを予測出来へん奴はあほや!」と、あれだけ偉そうに言い続けていた母が

自分の全く予想しなかった老後を送ることになり、手のひらを返したように

「なってみないとわからないこともある」「なるようになる」など

そんな事昔絶対に言わなかったよな?みたいなセリフを口に出すのが腹立たしいですが

tari97.hatenablog.com

結局母って、自分の思ってたシナリオと違った場合「こういうのもあるんだ」と納得するのに

現実に目の前で起こってみないと理解できず、またその理解のタイミングが相当人より遅いのだなと最近思います。

 

中学生の頃、繫華街へ遊びに行ったものの、何も問題なく帰って来ても

わざわざ顛末をイチから説明させられ何時間も説教されたことがあり

tari97.hatenablog.com

最近姉とも『多分ああやって(母が理解しきるまで)全部聞いては納得していかないと気が済まなかったんやろな』という結論になりました。

 

理解に時間がかかる上に、何でも白黒の決着をつけないと気が済まない性格が手伝って

子どもが泣こうが反論しようがお構いなしに何時間も深夜までこんこんと説教をしていたのでしょう。

tari97.hatenablog.com

で、自分の気が済んだら「早くご飯食べてしまえ」「早く風呂入れ」と、母はケロッとしていました。

眠いし、泣いて意識も朦朧としている子どもを何時間も椅子に座らせて、一方的に喋り続けて

母は「そういう性分やねん」と言いますが、あれは立派な精神的虐待だったと思います。

 

他にも、その時は興味なさそうな返事だったのに、だいぶ経ってから「それで何て?あの話」みたいに蒸し返されることも多々ありました。

まず、言葉で聞いて自分にとって必要な話かどうかの仕分けがすぐにできないのか?

時間差で掘り返され、それが母の逆鱗に触れ説教コースになることも多々ありました。

 

なので、私が家を出て1人で暮らすということについても、このように想像力の全くない、理解の遅い母は

「明日食べる米もない」みたいな生活になると本気で思っていたようです。

 

昔「女1人でまともな生活なんてできない」みたいな考えの人がいて、私が1人暮らしを始めたと言うと

「間取りは?狭い狭い1Kやろ!」とか

(確かに逃げてすぐは1Kの学生マンションでしたが1年弱で解約してマンションを購入しました。元々ファミリー物件だったのをワンフロアにぶち抜いているので広さはまぁあります)

ファミレスのドリンクバーで砂糖やミルクを手に取り「ほら!持って帰り!」とか

「どうせ生活に困ってんだろ」みたいな扱いを受けたことがあります😅

今思うと、母の頭の中もこんな感じだったのでしょうね。

 

母にも、もうフルで働くのは諦めているし、正社員でも働けないと思う。なのでお金にも全く余裕がないということも前に伝えています。

けれど、たまに会うと髪や爪もそれなりに手入れをし、みすぼらしい格好をしている訳でも、ガリガリに痩せ細っている訳でもない。

そういう私を見て、食うものも食わずみたいな生活をしてはいないことを目で確かめ

何年も経ってやっと「生活できるんだ」と、母は理解したのだと思います。

 

私も、家を出る前は母からの脅しを純粋に信じて、そういう生活になるのだろうと思っていました。

 

けれど結局、転落するような人生を送る人は正規雇用だろうが、たくさん稼ごうがそうなるし

それなりの生活をできる人は、非正規だろうが手取りが少なかろうが何とかやって行けるものです。

 

昔、家族でスーパーへ行った帰り、喉渇いたと言っても

「あと10分ほどやから辛抱しぃ。帰ったら飲み物あるから」とジュースを買ってくれないのが嫌でしたが

その精神で今でも私は『あと少しで家やし』と我慢ができています。

100円ちょっとのジュースでも何年もこれをやればちりつもです。

それでも旅行の時には母は、アイスやジュース、お土産をケチることはなかったので

私も遊びに行く時にお金のことをグチグチ言わないようにしています。

 

自分でも、こんな少ない手取りでよく生活できているなぁと思いますが

そこは母から受け継いだこういう術がものを言っているのだと思います。

 

この間も姉と母と3人で食事に行き(受け取る物があったため)

お金の話になった時に『節約については、多分人より苦にならない』と話すと

また調子づいて「誰が育てた思とんやぁ!」と母は言っていて

『こういうとこやねんな… " あんたはいつか口で失敗する " と母が父に言われる所以はな…』と思った次第ですが…

tari97.hatenablog.com

昔のことを思い出すのは辛いですが、昔はただただ不可解だった母の言動をこうやって紐解くことが

幼い頃の自分の魂を救うことにも繋がっていたらいいなと思います。

 

コメント、スターありがとうございます!