もう理由なんかなくていいの

毒親との暮らし。離れるまでと離れてからのおはなし。

理由を探してしまう癖

このブログのタイトルは、好きなバンドの曲の歌詞の一部で「理由」の部分は曲中では「わけ」と読みます。

開設当初はただ何となく『気に入らなければ後で変えればいいか』くらいの気持ちでつけただけでしたが、最近になってまるで自分へのメッセージみたいだなぁと感じています。

 

副業として採用された仕事にしか今は勤務していないので副業とは名ばかりなのですが、失業給付の受給中なのでシフトは減っても特に問題はありません。

元々週2程度の勤務でうち1日は土日の勤務が必ずあったのですが、また緊急事態宣言が発令されて土日の勤務がなくなり、今は平日週1日だけ勤務しています。

昨年、メインの方の仕事を辞めたあと失業給付を受けられないまま、また仕事を始めたので、今回の受給期間は150日間もあります。

もし夏にいつもの企業から声を掛けてもらったとしたら、2ヶ月分くらいは受給しないままとなってしまうので、1日分でも多く貰えるものは貰っておきたいというのが本音。

なので、緊急事態宣言で出勤日が減ったのはある意味ラッキーでした。

 

蒸し暑いのが苦手なので、勤務日以外は本当に巣ごもり状態。

友人にすすめられた映画を見たり、少し手のこんだ料理をしてみたり

時々、姉や姪が食事に誘ってくれたりしますがそれ以外は本当に何もしていない(笑)

 

元々、仕事が10時出社なので普段からさほど早起きではないですが、一応働かない時も同じくらいの時間には起きるようにはしています。

しかし前日夜更かしをしているものだから夕方頃睡魔に襲われ、大体小一時間くらい昼寝をしています。

さぁ!昼寝するぞ!と思ってやっている訳ではないので『しまった~また寝てた…え!?もうこんな時間?』を繰り返しています。

『まぁ…また仕事始めたらクタクタになるし…』

『大体、実家で暮らしてる時にまともに昼寝なんてできなかったから…これが本来の家での寛ぎ方やし…』

tari97.hatenablog.com

疲れている訳でもないのに惰性で寝てるみたいな自分に、どうしても言い訳をしてしまう癖はまだ抜けません。

tari97.hatenablog.com

別に誰に迷惑を掛けている訳でもないのに、自分がダラダラしていることへの免罪符を探してしまうんです。

 

私の勝手な考えですが、あの母に育てられて感じてきた生きづらさや傷が癒えるのには、母が毒親であると気が付くまで自分を押し殺して暮らしていた期間と同じくらいの時間がかかると思っています。

昔、歯の矯正をした時に金属のブラケットを5年弱くらい着けて、やっと外れてもまた同じくらいの期間リテーナーを着けないとだめと先生に言われましたが、それと似ている気がします。あの、見た目も良くない痛いブラケットを外してもそこがゴールではないんですよね。そのことを思い出して、毒親育ちの解毒も歯の矯正みたいなもんやなと思ったんです。

 

解毒に躍起になり、失敗したり、思い通りにいかず悔しい思いをする中で『歯列矯正と同じくらいかかるやろ』と思うことで楽にはなりましたが

せっかく家を出ても、知らず知らずのうちに母から植え付けられていた役に立たない常識とか決まりに苦しむことが多すぎて、最近は母と離れてもう8年目なのにな…という焦りも正直あります。

母がおかしいと明確に気が付いてから離れるまでが約10年だっただけで、幼い頃からずっと積み重なった生きづらさは10年やそこらでどうにかなるものでもないことも、頭ではわかるのですが。

母がいなくなったら変わるだろうとも昔は思っていましたが、関係ないでしょう。

今、母と顔を合わすことがほとんど無くたって、こんなに生きづらいのですから。

母はすぐに調子づいて「母さんが死んだら全て終わるから!楽しみにしとき!」みたいなことを言いますが…(シンプルにうざい。全て終わるかどうかは、こちらが決めること)

前にクロ現の毒親回でも信田さよ子さんが戦争を例えにわかりやすく説明されていました。

「戦争が終わったら戦争のトラウマが消える訳ではない」…毒親問題だって、まさにそうですよね。

 

今、こうやってダラダラと日々を過ごすことに何も言い訳や理由なんていらないし、4年前に仕事を辞めて数ヶ月引きこもった時に生き方や考え方を変えるきっかけになったように、今のこの時間にも何かしらの意味を持つかもしれません。

tari97.hatenablog.com

それでも何もせずに1日が過ぎると自分の生産性の無さを責めてしまって、またうだうだと『今、私がこうやってダラダラ過ごすことにはこういう意味がある!』と、いない誰かに向かって心の中で理由を述べています。

 

自分の選択した行動に理由や言い訳を探す癖、いい加減なくしていきたいです。

一個人が、自分で決めただけのこと。

それ以上でも以下でもない。

まさに「もう理由なんかなくていいの」です。

 

トップページのリンクから、お問い合わせも受け付けています。

スターありがとうございます。