もう理由なんかなくていいの

毒親との暮らし。離れるまでと離れてからのおはなし。

自分で自分の価値を下げない②

昔から必要以上に自分を下げて笑いを取ったり、イジられキャラに徹することが多く、これは私が家で母が笑っていてさえくれたら何だってすると思って、ACで言うところの「道化師(ピエロ)」役を担っていたからでは?ということは前にも書きました。

tari97.hatenablog.com

20代の頃、私の運転で友人2人と遊びに行った時も2人にからかわれて(運転中でまともに反論できないのをいいことに私をイジり倒す)腹が立って『2人とも、あんまり言うたら降ろすで』と言ったものの「怒ってるやんw」「降ろされるでw」と余計イジられ『もう絶対このメンバーでは遊ばん』と心に誓った事もありました。

バカにされたことは解せませんでしたが、必要以上に自分を卑下していたことも確かに身に覚えがあります。

 

当時の私は人と穏便に過ごすとかその場を盛り上げる方法の大部分が自分を下げる・ネタにするだったのだと思います。『こう言っておけば、丸くおさまるやろ』『こう言っておけば、笑いが取れるやろ』と思って過ごしていました。

不思議なもので人間そういう風に言い続けると何となくそう扱われるようになるのでしょうね。

あとは、酷いことを言われる前にこちらから言っておいて傷付かない為の予防線を張ろうとしていた気もします。

 

それで最近またこれも似たような事だったのかなあと思うことがありました。

 

私は胸がないのがコンプレックスで、よくからかわれてきました。

中学の頃プールの授業を休むとクラスの男子に「たりって胸がないからプール休んだん?」と陰で笑い者にされていたらしいです。らしい、というのは、仲が良かったエミ(仮名)という友達伝いに聞いたのです。

エミは美人で胸も大きくて本当に憧れる見た目でしたが、性格に難ありでした。

その噂もエミが私に「男子たち、こんな事言ってたらしいよ!」と教えてくれたんです。「酷くない?!」と言いながらわざわざ悪口を言われている本人に伝達する、一番めんどくさいタイプ。その件以外にもエミにはよくそういうことをされたけど、味方のふりをして私を煽るのが楽しかったんでしょうね。

私も『別に私が胸ないことであいつらに迷惑かけてないしなw』と強がってエミに言いましたが、まだ15歳だったのでね。ショックで家で隠れて泣きました。

 

でも、あれもやっぱり私が事あるごとに『私胸ないからw』とエミに対してネタにして言ってたし、男子たちも何となくたりはイジりやすいみたいな雰囲気があったのかも知れません。

今思うとあの精神年齢の低い男子たちがそんなゲスなこと、言うかな…?エミの作り話じゃないの?とも(笑)

 

その後できた彼氏には、頭の上で手で山型(A)を作って「たりはAAカップやろ?」と友達と一緒になってイジられたり(もちろん自分からサイズなんて言ってないので彼氏たちの憶測です)

男友達にもわざわざ他の友達がいる場で「こいつ胸ないからなーw」と言われたり、笑ってごまかしたけど、本当にショックでした。

 

母も姉も小柄で似たような体型なので遺伝と諦め、下着にこだわったこともありません。

もうアラフォーですが恥ずかしながらサイズをきちんと測ったこともありませんでした。

この間ふと1回自分で測ってみようと思いネットで調べて測ってみると、思っているサイズより2つも上でした。さすがに素人の採寸では間違っているんだろうと思い、後日初めて下着屋さんで測ってもらうことにしました。

『自分ごときの胸測ってもらうのもな…』という気がありこんな歳になってしまいました。

勇気を振り絞って採寸をお願いすると、自分が家で測ったサイズと同じだったんです。

 

こういう「自分ごときの胸…とずっと思っていていざ採寸したら思ってたサイズよりだいぶ上のサイズの下着をすすめられた。んなアホな…と思ったらぴったりだった…!ぜひ皆さんも1度店員さんに採寸してもらって!」という体験談はよく見ます。

私も、んなアホなと思いながら20年くらいほったらかしにしたクチです。

試着までが推奨のようですが、さすがに1度にそこまで勇気が出ませんでした。

 

今までずっと、自分の胸は不良品かのように生きてきたけど、それ程でもなかったのかなぁ。

あんなにイジられたことが度を超えた自分サゲにも原因があったとしたら、何か昔の自分にも申し訳ない気分です。

 

無意識のうちに自分を下げて、そういう扱いになってしまったことはもしかすると他にもあるかもしれません。

そういうことに気が付いて、自分を大事にして行けたらいいなと思います。

 

コメントやスター、ありがとうございます。