もう理由なんかなくていいの

毒親との暮らし。離れるまでと離れてからのおはなし。

消えない毒親の呪い②

前にも未だに解けない毒母からの呪いのように感じることを書きましたが、また同じように感じたことがありました。

tari97.hatenablog.com

 

メインの職場では、最初の職場見学の時から社長と話した感じで『ここは大丈夫そう!』とピンと来たことを覚えています。

 

その数ヶ月前に面接に行った別の会社は、職場見学で嫌な感じがしたものの、早く職を決めないとという焦りのせいでその直感を無視してしまい、結局採用後数日で逃げるように退職しました。

聞いていたより電話応対が多すぎて(初日からヘッドセットを着けさせられ「とりあえず出て」と…汗)誰も何も教えてもくれず、電話応対でミスした時の注意の仕方もきつく、続けられる自信が持てませんでした(今思えばオペレーター雇えよ、ですが)

tari97.hatenablog.com

その時に『アピールポイントだけでなく、苦手なことも面接時にきちんと伝えよう』と猛省しました。

もちろん、それで断られたこともいっぱいあります。

『みんなの嫌がるような地味で面倒な仕事は得意ですが、電話応対が苦手です』と正直に伝えたところ「そんなん全然オッケー」とここまで飲んでくれたのは、今の会社くらいです(朝10時出社も、私の希望でした)

 

ただ、前にも書きましたが嫌とかやりたくないとか苦手とか、私の家はそんなことを軽く言えるような環境ではなかったので

tari97.hatenablog.com

どうしても苦手なことを正当っぽい理由を探して、ごまかそうとしてしまいます

tari97.hatenablog.com

これは昔から母に嫌とかやりたくないとかそういうニュアンスのことはほとんど「甘ったれ」とか「根性なし」と言われてきたので『悪いことをしている』という感覚がどうも抜けないから。

tari97.hatenablog.com

今の会社の社長にも『前に勤めていた職場で派遣さんが新人の洗礼みたいにずっと電話応対ばかりさせられて、事務作業が何もできずただ電話番を雇っただけみたいになっていたので、そうなりそうなら私の希望とは違うので…』と、最もらしいことを長々言いましたが『電話苦手です』だけで良かったよな、と気付いたのはだいぶ後になってからです。

 

最近、今まで全く社内で絡みのなかった人の仕事を新たに手伝ってほしいと言われ、話を聞いていると、色んな機関に電話で問い合わせをするんですがマニュアルも何もなく、言ってみればある意味電話で飛び込み営業をするみたいなノリでこれはまずいと思って、ついさっきの派遣さんの話とか(そもそも受電ではないから、関係ないのにw)『テレアポのような業務は契約に含まれていないから…』とか最もらしい理由を述べながら『また言い訳してる!』とハッとしました。

最終的に正直に『すみません、何のマニュアルもないままその場のノリみたいな感じで電話を掛け続けるとか、私がやったら多分メンタル病みます』と言いました。

こんなこと家で言おうものなら「な~にを甘っちょろいこと言うとんねん!」と母に罵倒されていたでしょうね。そう思うからうだうだ、息をするように言い訳してしまうんです。

今回、一緒に仕事をする人は私のそういう事情を知らなかったので、私の働き方に理解のあった総務の方は「そうですよね、近くで話聞きながらその仕事はたりさんには厳しいんちゃうかなって思ってました」とフォローしてくれました。

変な言い訳せずに、最初から正直に言えばよかった…

 

今の職場では1度ものすごいガラの悪いおっさんの電話応対をした若い女性社員が恐怖のあまり過呼吸みたいになって病んでしまった経緯があるので、そのあたりは余計ナーバスになっているのかも知れません。その女性社員が勤務していた頃は電話が鳴ってもみんなが「私が出るよ!」とか、やむを得ずその人が出た時は「電話、ごめんね」と声掛けができていて、何て優しい職場なんだろう…と感動しました。

その女性社員はものすごくきっちり仕事をされる方だし、だからこそそういう声掛けもしてもらえるのでしょう。

 

そして今、私も同じように接してもらえているのは社内の優しい空気感ももちろんですが、私が誠意をもってきっちり仕事をしてきた証でもあると思います。

「苦手なことはまぁええから、得意なことをどんどんお願いね」という社長の雰囲気に散々助けられてきたのに、3年経ってもまだ自分を守るために要らん言い訳をしている私…みっともないですね。

 

自分の意見は大体わがままとか贅沢と思ってしまう癖と、それを正当化するためには醜い言い訳をしてしまう癖…未だに解けない毒母からの呪いのように感じます。

 

コメントやスターありがとうございます。

お問い合わせなどはこちら

tari97.hatenablog.com