もう理由なんかなくていいの

毒親との暮らし。離れるまでと離れてからのおはなし。

全てが繋がっている

ブログを書くようになって、とにかく自分の中で引っかかっていることとか、モヤッとしたことを事細かに思い出し文章にすると、書いている時は腹が立つし悲しいけど、その後しつこく思い出したりすることも確実に減ってきたことは実感しています。

tari97.hatenablog.com

何年かに1回、普段滅多に怒らない私を本気で怒らせる人が登場する、その時のカッとなる気持ちは実家で母を○してやろうかと思った時みたいに頭に血がのぼることを以前書きましたが

tari97.hatenablog.com

総じて私の怒りの原因になることは相手の言動が『母みたい』そう感じることがある場合が多いのだとわかってきました。

 

短大の時の造形の授業中、先生と喧嘩になったことがあります(芸術系短大に通っていました)

50代後半くらいのおじさんの先生がアドバイスして机を回るのですが私の作品を「何やこれ」「こんなんアカンで」と、罵倒されました。

確かに立体物を造るのが嫌いでその授業も好きではありませんでしたが、苦手なりに頑張っているのに…腹が立った私は作りかけの作品をその場で黙って壊したんです(まだ造り始めたばかりでしたが)先生が「何してるんや!」と私の腕を掴み、教室は騒然。

私は『だめみたいなんでやり直すだけです』と淡々と言い返し授業を続けたけど、その後別の先生から「このままだと単位あげないと造形の先生が言ってたから謝りに行け」と言われ、後日謝罪に行きました。

 

『作品を壊したことは大人げなかったです、すみません。ですが、私は素人なので完璧にできなくて当然です。あんな風に頭ごなしに言われて悲しかったし、貶すのではなく、指導とかアドバイスをして頂けませんか』とお願いをしました。

 

あの時、先生を殴ってやろうかと本気で思ったし、その行き場のない怒りを作品を壊すことで何とかおさめたけど、その対応も明らかに異常です。

そしてそれはなぜか。

当時は深く考えなかったけど、今事細かに先生のセリフを思い出したら母みたいだったからだと、合点がいきます。

 

失敗したりできないことがあれば「何しとんや」「何でこんなんもできへんのや」「そんなんじゃアカンわ」と貶す・人格を否定する…母の専売特許です。

tari97.hatenablog.com

tari97.hatenablog.com

母にも、すぐ頭ごなしに貶したり否定するのではなく何をどうしたら良いかきちんと伝えてほしいと何万回と伝えてきたけど「親の言うこと黙って聞け」「口ごたえすんな」としか答えてくれませんでした。

たとえ正当な理由があっても、失敗したり間違えるたりが全面的に悪い。そう言われて育ちました。

だから先生の言葉にも敏感に反応したのだと思います(特に「アカン」というセリフに)

 

それでも母と違ったのは、私が謝罪のあと意見を言った時「そうやな。貶すつもりはなかったんやけど俺の言い方も悪かったな」と先生は謝ってくれました。

大人を母基準で考えていた私には相手が謝るなんて考えられないことだったので、帰り道何か頭がほわんとして変な感覚だったことを今でも覚えています。

 

時々、無理して毒親関係に繋げたいだけでは?と自分に突っ込むこともあるのですが、やっぱりあの強烈な毒母と過ごすことで形成された人格や考え方が私の人生を阻んでいたり、若い時のおかしな言動の原因であったことは否めないな…と感じます。

忘れていたようなことでも、全てが根底で繋がっているのだと思います。

 

スター、読者登録ありがとうございます。