もう理由なんかなくていいの

毒親との暮らし。離れるまでと離れてからのおはなし。

ダブルバインド祭り

母の愛情表現は「食」にばかり偏りすぎていて、それが「料理を手抜きしてはならない」という過度な自縛となっていました。

さらに、呑気に暮らしている(ように母には見える)娘らが憎らしい…という僻み根性が合わさり、ああいう母のいつもの言動(食事中にキレて、夜中まで怒鳴る)として表れていたのだろうということは何度も書いてきました。

tari97.hatenablog.com

tari97.hatenablog.com

一度、姉が大学生の頃また「母さんは女中やない!」の結構酷いバージョンがあって、翌日に姉が初心者向けの料理本を買って来たことがありました。

それを見た母は「やっとわかったか」みたいなリアクションでしたが、ではそれ以来私たちで料理する機会が増えたのか?というと全くそんなことはありませんでした。

 

本を買って終わりではなく、姉とも話し合ったし実際夕食を担当しようかという具体的な提案も2人で母にしました。

最初のうちは母が「今日は材料あるからええわ」とか言うのを純粋に信じていたけど「当分は献立決めてるからまた今度にして」とか何とか言う日が続き、そのまま何となく時が過ぎて、姉や私が食事作りをすることはありませんでした。実際には「させてもらえなかった」が正しいです。

 

結局母は唯一自分が威張れる料理担当の座を譲る気なんて少しもなかったのです。

 

そのくせ、またある日いつもの「母さんは女中やない!」「あんたらは口あけて待っとるだけやもんな!」が始まります。

挙句の果てに「料理本なんか買ってみたって何になるねん」「アンタら、やっぱり口だけやな」です。

 

その時私はまだ中学生だったから怒りの矛先は8割姉に向いていたように思いますが、その数年後、姉が結婚して家を出て行くと母は私にも全く同じ攻撃をしました。

いっぺん食材買うのからやってみぃ!と言うので実際にやったらこんなまずい肉食えるか!と私が泣くまで延々罵倒され

tari97.hatenablog.com

またその時に自分の中で何かがプツンと切れた感覚があったのを覚えています。

 

それまでも料理のことについては散々罵倒されていたので(ここに書いていないことでもたくさんあります)

tari97.hatenablog.com

その、何かが切れたような感覚があった時に、母の前ではもう何があっても絶対に料理はしない。作ってもインスタント物だけにしよう。と心に決めました。

 

時々、母は私を試すようにニタニタしながら「料理作ってーな」とか「たりの手料理食べたいワァ」とか言ってきましたが断固として『しない』を貫きました。

ここで騙されたらあかん!また同じことになるだけ!と自分に言い聞かせました。

姉も結婚後かなり早い段階から今後一切絶対に母に手料理をふるまう気はないと言っていました。

ここまで頑なに子どもの心の鍵を掛けさせるのが毒親クオリティですね。

 

もちろん、思うことを言ったこともありますよ。

母さん、いつもそうやって怒るけど絶対料理させへんやん。やるって言ってもいらんとか、せんでいいって言うやろ、と。

すると、図星&正論なので言い返せない母は必ずこう言いました。

親を押しのけてでもやらんかい!

は?何て???

押しのける?あなた、押したところで素直に退くような人間でしたっけ???

 

毒親の大大大好きな、ダブルバインド

tari97.hatenablog.com

あちこちから攻撃をして、出口をなくすのです。毒母が大好きなやつです。何回やられたことか。

tari97.hatenablog.com

 

こんな肉食えるか!と罵倒された時は『またや。あの時(姉が料理本を買ってきた時)と同じや』とすぐに魂を遠くの方にやったし←毒親育ちの必殺技

その後プツンと何かが切れた時もあーはいはい、やっぱりねwで済んだけど、料理本を買って来た19歳20歳くらいだった姉は『やってみよう』と純粋に思っていたはずです。母を信じてね。

姉がどんな気持ちであの時料理本を買ったのかなぁと想像すると不憫すぎて泣けます。

 

不真面目な訳ではないのにこんなに歪んだやり方でしか感情表現のできない母は、やっぱりどこかがおかしいのだと思います。