もう理由なんかなくていいの

毒親との暮らし。離れるまでと離れてからのおはなし。

「家族だから」?

「家族やねんから」
うちの母がよく言っていて、大っ嫌いだった言葉です。

家を出る前、母とずっと不毛なバトルを繰り返していて、私は精神的にかなり疲弊していました。
冗談じゃなく、何回も母を刺そうと思いました。
まぁ毎回こんな奴の為に自分が犯罪者になるのもな(笑)と思い直しましたが。

私は実家で人との争いを母相手に一生分ぐらいしたので、今後はもう喧嘩とか言い合いとか、誰とであっても極力したくないんですね。
当時も、何回も「もう喧嘩したくない」「もうちょっと譲り合わない?」と提案しましたが全く改善されませんでした。

「言うても、家族やねんから」「家族との喧嘩はいくらしてもいい」と毎回、言われました。

毎回、喧嘩の度に母も嫌な思いしてるんじゃないの?と不思議でした。

でも、よく考えたら喧嘩になっていた元はいつも行き過ぎた母の押し付けと命令で、それを私が拒否するとキレて、私が正論を述べて言い返せなくなったら「あんた、頭おかしい」と言って私の人格を下げてくる という流れだったんですね。
こうやって考えたら、母ばかりが攻撃しているので、そりゃ嫌どころか、楽しんでますよね、むしろ(笑)

母には家族に対しての「譲歩」とか「相手の立場に立つ」というところが見事に欠落していました。

悪いことをしている意識自体ないので、私の「もう少し譲り合おうよ」という意見も「一体、何を言ってるの?」ぐらい、母には理解できなかったんだと思います。

こちらに書いたように母の目標は「娘を手元に置いておくこと」なのに、なぜ、私の嫌がることばかりするのか?嫌われる心配はないのか?
不思議でなりませんでした。

そんな時、何を言っても返事は「言うても家族やねんから」

「家族」って、時にはぶつかったとしても、本当に辛い時には支え合い、譲り合って成長していくものではないでしょうか。

誰か1人が主導権を握り、役割を勝手に決め、偉そうに指示して自分以外を思い通りに動かすものでしょうか。
少なくともうちはそうでした。
それって単なる「組織」じゃないですか?
母は、大した能力もないのに人任せで文句ばかり、抵抗できない社員に理不尽な言葉を浴びせてストレス発散してる、パワハラ上司と同じです。

その上、母は自分が嫌われることなんて絶対にないという根拠の無い自信があったので、改善される訳ないですよね。

「家族」の定義が、私とは根本的に違い過ぎるなと感じたこの頃、何度ぶつかり合っても、多分分かり合えることはないなとだんだん母に見切りをつけるようになりました。