もう理由なんかなくていいの

毒親との暮らし。離れるまでと離れてからのおはなし。

子どもの世界を壊す親

先日、お皿に乗せた小さな雪だるまを子どもの目の前で父がかじって、子どもがやめてと泣いているのを母が動画撮影し、SNSに上げたことでその両親が叩かれている…というのを見ました。

 

コメントは「こういうことされたら子どもは一生覚えてる」「何年後かにわかる。きっと親にかえってくる」というのと「こういうことを親が平気でやっていると子どもも他人にやるようになる」というのが目立ちました。

 

私の母もこういうことをやるタイプで、けして「可愛さが高じて、つい」という感じではありませんでした。

母自身も歳の離れた末っ子だったので、おそらくきょうだいの中でも愛情だと言い訳をされ、後味の悪いイジりを受けていたのだと思います。

実際、親戚宅で集まると大体いつも一番偉そうにしている母の実兄Dが母を笑いのネタにしていました。

余談ですがまたこの時の話すネタもさすが母の血筋だなと思うくらい、本当に低俗でした。

母はちょっと腕が短いんです。それをいつもDが持ちネタみたいに「○子(母)はなぁ!生まれた時から腕短いねん!サリドマイド児かい!」とか笑いながら言うんです。

私は幼かったのでよくわからず聞いていましたが、大人になって意味がわかった時本気で引きました。こんな人たちと同じ血が私にも流れてるのか…と思うと本当に嫌です。

そうやってDのイジりの度が過ぎると帰りの車内で母がキレるという図式でした。だったらもう親戚の集まりなんて行かなかったらいいのに…とずっと思っていたけど、ああやってイジられてバカにされることも母は大人になっても「愛情だ」と思いたかったのでしょうか。

似たような言い回しの冗談を言ったり面白くないイタズラを時々娘にやっていたのもそれが原因だと思います。

tari97.hatenablog.com

 

私自身、小4頃までどちらかと言うといじめっ子体質だったのもすごく関係あると思います。恐ろしいのは『今思えば』というところで、やっている当時はそんな感覚すらありませんでした。

言い訳に聞こえるかも知れないですが、やはり家でもそういうイジりの域を超えたいじめみたいなことを母がやっていたからか、友達にも『悪いことをしたな』というところまで考えが及びませんでした。

 

作文をなかなか書けない気の弱い男子に『あれやってたやん』『なんぼでも書くネタあるやん』とちゃちゃを入れ続け、しまいに泣かせたこともありました。

家では強くいないと暮らせなかったから、特にそういう気の弱い子にはイライラして根性入れたる!みたいな気分でやっていたように思います。今思うと、母にそっくりでぞっとしますね。あのまま何も学ばずにいたら、鬱憤晴らしに暴言を吐いたり暴力で解決したり、ハラスメント的なことをする大人になっていたかもしれません。

まあ、そんなことをしていると女子はいち早く仲間はずれにするので、ある時私の横柄な態度について色んな子から陰口叩かれてたんだとわかってからは、いじめのようなことはやらなくなりました。

 

冒頭の「親にかえってくる」というコメントに対し、例えば40歳くらいになっても根に持って子どもの時のこと言ってるとしたら心狭すぎるというコメントもありましたが、それは違いますね。

子どもの頃の世界は大人に比べて断然狭くて、大人になって思えば何てことないことでも子どもの心には強く残るものです。

tari97.hatenablog.com

母だって自分も嫌な思いをしてきたはずなのに、大人になれば忘れてしまうのか、愛情と勘違いしたまま麻痺してるのか「大人のものさし」でしか話のできない人間でした。

なので、私がいよいよ泣いたり怒ったり『嫌だ』という気持ちを表現したら「冗談やん」とか「大げさな」と茶化して、こちらを幼稚で面倒な奴…扱いしていました。

 

あの母のもとで育ったので、私は泣いたり怒ったりとかの感情を本当に表に出さない子でした。その私が怒ったり泣いたりするって、余程のことなんですけどね。

明らかに私が悪くなくても母がもういいと思えば「しつこい!」「いつまで泣いとんや!」で、そこで私の怒ったり泣いたりも強制終了させられました。

そういうことの積み重ねで親を嫌うというのも本当にある話です。執念深い子…とか、そういう話ではありません。

 

子どもというだけで軽く見て1人の人間として尊重できない、また子どもの世界観や価値観を平気で壊したり踏みにじったりするのは、親として以前に人として重大な欠陥だと私は思います。

それ、いつまでやるの?

この正月ももちろん実家には帰りませんでした。

 

コロナ前あたりまでは、まだ色々と気持ちの整理がついてない部分があって年末年始も意識的に家にいないようにしていたのでtari97.hatenablog.com

実家を出てから正月に実家に帰った記憶も1回くらいしかないです。

元々実家に行くのは必要最低限にしていますが、正月に特に行く気になれないのはおせちや雑煮などどうしても「食」に直結するからでしょうね。

私の中で食×母の良い思い出がないので(実家では毎日家族揃って食卓を囲んでいましたが、母の食卓でのブチ切れとか押し付けるような給仕のトラウマが上回ってしまいました)実家の食卓で母と一緒に食事をするというのを、一生したくないんです。

tari97.hatenablog.com

 

最近の母あるあるですが天気とかテレビ番組とか、当たり障りのないことだけ話しておけばいいのにすぐに幼少期の話とか、昔(私や姉が学生だった頃)の話をLINEで始めるんです。誰も聞いてもないのに。

 

先日は「小さい頃お年玉の存在すら知らなかった」とか「雑煮と鏡餅の飾りの干し柿だけしかない正月だった」と入っていました。祝う余裕なんてないほど、貧しく質素な正月だったと言いたいのだと思います。

まあ昭和30年代の話ですからね。そんな家もあったのかもしれませんが、母にとってはそれが大きな心の傷なんでしょう。

 

そんな生活はさせまい!と自分を鼓舞する反面、その恩恵を受ける私たちを見てやっかむ気持ちを「親としての責任・躾」と称し八つ当たりしていたのだろうなと私は思っています。

何不自由なく暮らす娘の姿を見て、母の中の子どものままの母が泣いて叫ぶんでしょうね。お前らは、何ぬくぬくと暮らしとんねん!と。

tari97.hatenablog.com

母が機嫌の悪い時には「(食事が出てくるのを)当たり前みたいな顔して!」と怒鳴られました。

 

正月の話もかわいそうな幼少期の話をして「それでも自分は親を恨んでいない」「あんた達にそんな暮らしはさせていない」=だから自分をもっと敬って、ほめろと言いたいんでしょうね。

確かに、年越しそばからおせちや雑煮と母なりの精一杯のおもてなしをしてくれたのだなと物理的なことは感謝しています。普通の生活水準の家らしいことは行われてきましたが、そこには家族団欒という言葉の真意がわからなくなるほどの母の罵詈雑言・不機嫌・説教がいつもすぐそばにあり、いつその地雷を踏むかわからない恐怖との戦いでした。

 

母はいつも「お母ちゃん(母の実母)がかわいそう。思い出したら涙が出る」と訴えます。昔はこういう母を心優しいと勘違いしていましたが、これこそが母を縛っている一因だとも思います。

こういう生活水準で暮らそうと決めたのは親の選択であり責任であって、何も母がそこまで自分の親に肩入れして悲しむこともないし、それを私たちに訴える必要もないと思います。

結局母は自分の実母に対しても自他境界線が引けていないのでしょう。

親や家を恨んではいない!と声高に叫ぶのは、そこに消化しきれない何かがくずぶっている証拠ではないでしょうか。

現に私はもう母のことを恨むとか嫌いとか…そんな次元として見ていないですから。

 

「あんな親でも、子としての役割(=親を嫌わない・見捨てない)を全うした自分」が1つのアイデンティティなんでしょうね。そこまでは母の生き方なのでどうぞご勝手にです。

私が嫌いなのは、母がそうやって生きることを「正」とし、どんな親でも敬って感謝しろ、それが正しい子の在り方!と強要してくることです。

tari97.hatenablog.com

 

大体これも本来は娘にするような話ではなく、夫や友人と話すことだと思うんですけどね。

夫は先に亡くなったから仕方ないとしても、こういう『そんなこと私に話されても…』ということも昔から母はみんな娘らに傾聴を強要しました。

 

結局LINEではまた娘から共感されるどころか「その手には乗りませんよ」みたいな返しをされて終わった母。

母は精神的なアップデートができないことで自分で自分を苦しめていると思うのですが…これ○ぬまでやるつもりなのかな。

 

スターありがとうございます。

2023年もよろしくお願いします

明けましておめでとうございます。2022年もスローペース更新でしたが、スターやコメント、読者登録本当にありがとうございました。

 

今回は家を出て10回目の年末年始でした。

 

家を出てすぐの頃はまだ『とにかく何かをしなければ』という得体の知れない衝動に駆られていて引き算をしてみるという考えが及ばない時期でした。

tari97.hatenablog.com

好きなことをしてもしても心が満たされず精神的にもボロボロ、SNSでも自分を大きく見せたい気持ちがあり、自分の本当の気持ちがわからない・向き合う自信がないことの表れだったのだと思います(今思うと)

そのせいか、年末年始を1人で過ごさないことにやたらと拘っていた気がします。

事実、必ず何かしらのカウントダウンライブに行ったり、チケットが取れないと半ば無理やり姉の家で年越しさせてもらったりしていました。

祝福もされず、罵詈雑言を浴びながら逃げるように家を出て来たということがコンプレックスで、それに伴う年末年始の長時間の独りの自分が惨めで仕方なかったのです。

今でもそのコンプレックスがないと言えば嘘になりますが、あの母と生活を共にしていたら確実に心身が壊れていたというのも確信したことで、必要な選択だったのだと思えるようになりました。

 

私のターニングポイントが2017年で、大親友からモラハラをされていたと気がつき、仕事も辞めて数ヶ月引きこもり、嫌という程自分と向き合い本当の気持ちを探す作業をしました。

そうすると自分に幸をもたらさない人間や職場の仕分けも何度も失敗しながらわかるようになって、人間関係の断捨離をすると『この人のこういう部分が嫌だったのだ』とかいう感覚が研ぎ澄まされ、新たな人間関係で嫌な思いをすることも、職場で理不尽な攻撃を受けることもなくなりました。嫌なことには嫌と声を上げることもできるようになりました。

 

その他、SNSを見ても『多分この人(キラキラ投稿しているけど)心が荒んでる』というのがわかるようになりました。

特に最近手に取るように感じるのが、趣味をマウントを取るための材料にしている人で、前に書いたKちゃんなんかは同じアイドル事務所のタレントが好きで友達になったけど、現場に多数行くとかグッズを見境なく買うということでマウントを取っている感が年々増しており『切ってよかった』と思う反面、昔の自分を見ているようで何とも言えない気持ちになります(Kちゃんでワード検索すると関連記事が読めます)

純粋に『好き』だけではどうにもならないのもわかるし、私がひねくれているのか?と思っていたけど、趣味をマウントの材料にし始めたら人間終わりというツイートも見かけて、それを痛感しています。

こんな風に言うのは、上から目線で貶すためではなく自分自身も昔そういう気持ちでやっていた自覚があるからです。

 

今、仲良くしたいなと思う人は、そういう気持ちで趣味を楽しんでいる訳ではない人か、そもそもそんなこととは無縁なほど、ド健全な親に暖かく育てられた人のどちらかしかいなくなりました(後者の友達とは、話してて遠い目になることもあるけどね)

 

お金でしか存在価値を誇示できない(お金のない人を無条件で見下す)マルさんとも最近付き合いが難しいなと感じます。

tari97.hatenablog.com

悲しいことでもありますが、これは良い変化だと思っていて、多分この考えにシフトできるかできないかはかなり大きな分かれ目だと思っています。

スピリチュアル系には興味も信仰心もないけどこの考え方のシフトが起きる瞬間は絶対にあると思うし、そこに気がつく(=自分軸を確立できる)ようになると自分に害になる人や職場におびき寄せられることが格段に減りました。

 

計画外のタイミングで逃げるように実家を出たことでこの10年お金のことでは大変苦労しましたが、趣味やその他の色々なことを鎧にして自分を偽り他人を羨んだり見下す必要もなくなり自然体で生きられるようになったことは何よりも価値のあるものでした。

 

焦らずひとつずつ、自分の理想に近づけたらなと思います。

 

今年もマイペースな更新となりますが、どうぞお付き合いください。