もう理由なんかなくていいの

毒親との暮らし。離れるまでと離れてからのおはなし。

自分の心に正直に生きる

母と暮らしていた頃、母の相手の気持ちを全く考えないところや、何でもすぐに決めつけ、自分の意見は絶対に間違えていない!と曲げないところなどが一緒に暮らす上でかなりストレスになっていて

それでも私は母と暮らせるなら暮らしたいと思っていたので、ずっと『話せばわかるはず』と根気よく話し合ったつもりでした。

しかし結局母のそういう部分(ほかにも色々あったが)は、改善されることはなかった(と言うか、気をつけるねという姿勢すら、母からは1ミリも感じられなかった)ため、家を出るという最終手段を取りました。

 

家を出てすぐはもう過去を振り返りたくはなかったし、私の十数年分の溜まりに溜まったストレスも何とか騙し騙し生きていればそのうち母も死ぬしなと思っていましたが

たまに顔を合わせると母は空気の読めない発言をするし、今すぐスパッと母が死ぬ訳でもなく

『何で私や姉ばかりが、言いたい事も飲み込んだまま何年も暮らさないといけないのだろう』という気分にもなり、声を上げる事はしても良いかなと思うようになったのがここ数年の心の変化でした(母が理解できる・できないは別として←ここ大事)

 

そして母にいろんな事を伝えるうちに、だんだん「大げさすぎるくらいに表現しないと母には伝わらないみたいだ」という事がわかってきたのでした。

それが前回の記事になります。

tari97.hatenablog.com

 

似たような事で、未だに母は姉に「たりは1人でキレて出て行った」「話せばわかるのに!」みたいに話しているのも姉から聞いて知っています。

しつこいけど、私はやはりそれを言われていることがどうしても気に食わないのです。

tari97.hatenablog.com

別に母が心の中で思うのは勝手ですが、それを絶対に私の耳に入るのに姉に話すのでバカなの?なんですが…

 

たり:あと「話せばわかるのに」と、まだ姉に言ってるらしいけど、こっちのセリフです。

当時、話し合いにすらならなかったのは母さんの方。普通の親ならまず聞く耳を持つ。

なぜ1人で暮らしたいの?家や家族に不満があるの?理由を聞くよね。

母さん理由聞いた?ハナから「あかん」だったよね。

そしたら強行突破するしか選択肢ないよね?

何が立つ鳥跡を濁さず!だか。濁さなくていいなら濁したくないよ私だって

 

30年弱、物心がついてからずっと母を恐れて生きてきたので、これくらいの事をLINEするにもまだおどおどする時があります。

 

私も母と話し合ってもらちがあかないことはもう何度も痛感してきているし

こちらが大人になって、やり過ごせばいいんだ…と思っていました。

なので、こうやって声を上げることには色々な葛藤があり未だに躊躇するのも事実です。

母が死ぬまで騙し騙し生きていけばいいやんという気持ち半分、言ってやらないと気が済まないという気持ち半分という感じ。

 

そういう時、とにかく自分の心に正直に従う事をモットーにしています。

 

言いたければ言う。

 

残念ながら毒親育ちにとっては、こんなシンプルなことすら簡単にはできないのです。

もちろん、意見をする上で「わからせたい」という気持ちは絶対に持たないことにしています。

わかるような親なら、そもそも毒親になってないという結論がもう出ていますからね。

少しでも、自分の気持ちを昇華させてあげる、我慢してきた思いを成仏させてあげるというだけのこと。

 

しかし、母に今みたいに意見をすることを、私も姉もやっと恐怖心がなくなってきたものの

本能的に「母を怒らせてはならない」と十数年刷り込まれたものが

母に意見する時の " グレー " な表現・やんわり伝える・オブラートに包む・時々フォローを入れてしまう言動に繋がっていたので

どうも伝わらないというか『そうじゃないんだけど』という方向に話が進む理由もやっとわかった訳です…

遠回りしんどい…

 

ちなみに定期的に釘を刺す事で母自身の態度が変わっているのも感じています。

 

ですが、さっき書いたLINEへの返信は「忙しいアピール」で逃げた母親。

こういう時の逃げ足だけは異様に早い。

自分に都合よく行動する、毒親の代表って感じですよね~。

 

それでもまた何か感じた時は、私は声を上げます。

自分の心に、正直に。

 

何かあればこちらへ

お問い合わせ

毒親にフォローは禁物

母とはこれまで何度も長文LINEもしてきましたが、いつも何となく『そうじゃないねんけど』みたいな終わり方をすることも多く、不思議でした。

 

しかし最近、やっとわかった事があります。

姉とも話しているのですが、やはり母の辞書には " グレー " がないからこちらも白か黒か!で言わないと、全然伝わらないのだと思います。

言い過ぎ!なくらい(それこそ昔なら「親に向かって口答えするな!」と怒鳴られてただろうな、くらい)で言わないと、伝わらないな、という結論に至りました。

 

母は私が家を出た当初はまだかなり強気で、私を悪者扱いして「娘に逃げられた現実」から目を背けていましたが、ある時から急に私の一人暮らしを「夢の実現」にすり替え(田房さんのお母さんと同じです…)「たりも実家を出て、良かったやんなっ☆」「これにてハッピーエンド☆」みたいな事をすぐに言っていました。

 

母のこういう、すぐに自分の都合の良いように解釈するところがすごく嫌でしたが、当時は「母と離れて暮らす」という一大事業を成し遂げた後だったので『勝手に言っとけ』という感じでスルーしていました。

 

しかし私が嫌な顔をしている事にも気付かず、悪びれる様子もなくそういう事を言う母に嫌気がさし『もう実家を出る直前の話とか、私が家を出た事に関する話はしないでほしい』と伝えたことがあります。

 

そうやってハッキリ言うと「はい」「わかりました」とよそよそしい定型文のような返事が来て、一定期間、母は大人しくなりその話をしなくはなるのですが、またそのうちすぐに同じように勝手な解釈のお花畑発言を始め、私はどうしてもそれがずっと嫌でした。と言うか、嫌です(現在進行形)

 

今でこそ、姉も「昔のあれが嫌だった」等とじわりじわりと母に吐露しているようで、たまに母とのLINEのやり取りをスクショで送ってくれます。

まぁ読んでるとやっぱり母って、発達障害の気があるなという部分も多々あり、姉の伝えたい事と母の話の着地点が全然違うなという印象です。

 

そして今回見せてもらったスクショの中でどうしても気になる一文がありました。

機会があればたりにも(今回のLINE内容)話しておいてください。また母さんからたりに話して誤解されたら困るし

といった内容でした。

 

は?誤解?何が?と思い、姉から聞いたと、この話を母にして良いか了解を取り、母に聞いてみることにしました。

 

以下LINEのやり取り(斜体&標準語にしてます)

 

たり:姉から聞いたけど、私母さんの言う事で何か誤解したことあった?または何かまだ誤解したままですか?

 

母:母さんの表現がまずいし、私の意図がうまく伝わってないかなと思って…

(LINEは表情がわからないから自分の意図が伝わってなさそうみたいな返信)

 

この母の「意図」というのは、いつも母がしつこく言う「家族のためを思ってやってきた」とか「娘の為に頑張ってきた」的な意味だと思っていて

それが、最近娘にもあまり寄り付かれなくなって自分の思惑通りの未来になっていない事を「母さんの思いが伝わってない」みたいに表現しているのだと思っています。

 

母って、娘の言動からいい加減かなり自分は嫌われているな、みたいな事をなぜ察せないのだろう?わかってはいるけど、目を背けているだけ?とずっと不思議でしたが、おそらく私たちの伝え方にも問題があったのだと思います(これは相手が「母の場合」のみの話です)

 

姉や私がつい母をフォローをする(庇う)ようなことも言うから白黒思考+都合の良いように解釈する母はそのフォロー部分だけを鵜吞みにして「じゃ、お母さんは悪くないね☆」になるのだと思います(ホラーな思考回路ですね)

 

例えば人に何か注意するにしても「これはこうしてくれたんだね。ありがとう。でも次からこうしてもらえたらいいな」みたいに、普通 " グレー " な表現にして伝えるじゃないですか。肯定と否定をミックスというか。

すると言われた方も「あ、これは良くなかったんだな。次から気をつけよう」となります。

しかし、おそらく母の場合そういう言い方をされても、母の辞書に " グレー " がないから「白」なのか「黒」なのかが、本気でわからないのだと思います。

別に白黒で判断する必要もないのですが、母はずっとこれで生きてきていますから…

tari97.hatenablog.com

大体の人は「あなた、黒です!!」とハッキリ言わなくても " グレー " で伝えたら察して「あ…黒だったかも。反省」となるんです(まれにわからない人もいるが)

でも母は違う。 " グレー " で話してもそれが「白寄り」「黒寄り」なのかもわからない上に、勝手に良いように解釈し、黒さえも白に持ってくのだと、やっとわかりました。

だから時々「母さんってグレーだよ」と、ちょっと言ったくらいでは黒の自覚なんて絶対に感じないんです。

 

これを、良くなかったとされる部分を黒、良かったとされる部分を白と仮定して、母にあてはめてみると

 

黒(良くなかったとされる部分)

・ 母の物言いがきつすぎる

・ 母の機嫌の良し悪しをいつも気にかけて不機嫌になるのが怖かった

・ キレたらヤ〇ザみたいに怒鳴り子どもが泣くまで真夜中まででも説教

・ 言う事がコロコロ変わり子どもは惑わされる

・ 失敗を許さず、失敗をすると異常なまでに責める

・ 料理と金の管理以外の家事をやらない

・ 自分のできないことやわからないことは人に高圧的な態度でやらせる

(まだまだあるけどこれくらいにしておきます)

 

白(良かったとされる部分)

・ 料理がおいしかった

・ お金に困ることはなかった

・ 姉妹で格差をつけなかった

・ 毒親にありがちな生理用品や下着を買い与えない系はやらなかった

・ 日常的に叩かれるような暴力はなかった

 

こういうことを混合させながら話すと、普通は「黒の部分は全然気がつかなくてごめんね。白のところはそう思ってもらえてよかった。これからは気をつけるね」みたいに終わるところを、母は「白もあるんや!よかった!」になるんですよね…

 

黒の部分もちょくちょく言葉にはしていますが、母は「母さんは、白♪だからいいよね♪」みたいな解釈しかできないので、それが長文LINEの後とかにモヤっとする原因だったのだと思います。

 

母の「母親として」の評価は、残念ながら95%くらいが「黒」のグレーでした。

しかしそれを母に言ってもあとの5%で全て許されるみたいに解釈するのです。

だからもう「黒」でもなく「黒黒黒の黒!真っ黒!」くらい、言わないと母は理解できないのだと思います。

 

LINEの続きです。

 

たり:母さんと話しててわかったけど、母さんてやんわり・オブラートに包んで言うとこちらの意図全然汲み取れてないよね

 

たり:私はすぐにキレて喧嘩ごしにしか言えない人を賢くないと思うし、実家だと母さんに怒鳴られるのが怖いからやんわりオブラートに包んで発言してきた。でも母さんにはそれが通用しないのよくわかりました。なので今後、思ったことははっきりと言いますね

(ここで言うハッキリは、ボケ!みたいな「汚い言葉を吐くことではない」とも付け加えておきました)

 

こういう風に、ちょっと核心を突くようなLINEをすると母はすぐに「いまから○○に行きます」とか忙しいアピールをして逃げます。

 

子どもにはこちらの都合も無視で、首根っこ捕まえる勢いで「話聞かんかい!」と怒鳴っていたくせに…

自分は(大した用事もないくせに)「忙しい」で逃げるんですね…勝手すぎる。

 

とりあえず、だんだんわかってきたのは、自分に関わることは自分に都合良く解釈しがちな毒親にはフォローは禁物ということ。

 

この後、更にLINEを入れましたが長くなるので1度終わりますね。

 

何かあればこちらへ

お問い合わせ

逃げるが勝ちの人生道

昨夜、NHKのBSで放送されていた番組のタイトルです。

 

実は、ずいぶん前にこの制作関係の方よりブログ経由で取材依頼が来ていたのですが

私が取材協力の連絡をした後に連絡が途絶えて『まぁ、私の内容は番組にフィットしなかったのだろう』と思って、とりあえず放送を待っていました(まぁ、依頼してきたのは向こうなので断るにしても一報入れるのが筋だろ、と思ったのはここだけの話)

 

放送を見ての感想は『うん、まぁ取材受けなくて逆に良かったかな』でした。

 

以前にもNHKではクロ現で毒親特集を組んだり、扱いにくい題材に果敢に取り組む姿勢はすごいなと思っています。

 

ただ、毒親問題だけは『うちはこれはあてはまるけど、これはあてはまらない』みたいな事が多すぎて(毒親タイプが多岐にわたり過ぎて)番組内の30分やそこらで紹介するにはやはり限界があると感じます。

 

あとは、多分制作に携わっている方たちがおそらく非毒親育ちなんだろうなという視点やまとめ方で、結局「これこれ。こういうの待ってた」という番組にはまだ出会えてないかなぁ。

 

結局、これだと子どものワガママ・親子喧嘩の延長みたいに取られて、私たちが一番嫌いな

「育ててくれたのだから感謝しないと」

「お母さんも心配だったんだよ」

「親になればわかるよ」

等の感想しか、非毒親育ちの人は出て来ないだろうな、というのがオチ。

 

コメンテーターとして出演する方(昨日は加藤なほさんでした)も、自分が参考にしよう!と思わなかった方だと…うーん…となりますしね。

 

あとは昨日取材を受けられた方の体験談に「姉妹格差(妹ばかり可愛がられ、自分は愛されなかった)」「両親が金の無心をする」があったのも共感できなかったひとつかな。

何度も書いている通り、うちはこれはなかったので…

 

母の家はBSが見れないので、またもし再放送とかあれば『見ろよ』と言うつもりでしたが、これはうちとは違うタイプの毒親で下手に見せると「お母さん、あんなことしてないもん♪」とか言い出しそうなので、見なくてよし!となりました。

 

まぁ再現Vの、親が「口答えすんな!」「お前の為を思って!」「お前ができる訳ない」などと怒鳴っているシーンは若干胃のあたりがムカッとしましたが。

 

昨日の番組ではDV妻と毒親の再現VTRを30分ずつ、という感じでしたが

私にはDV妻のキレ方とダブルバインド(前はこう言うからやったのに、やったらやったで否定される『どないせぇっちゅーねん』パターン)の部分の方が既視感ありました。

DV妻はモラに当たるので、モラ系毒親持ちの私にはそちらの方が通ずるものがあったようです。

 

という訳で、やっぱり大衆的に知らしめるには難しい問題なんだなと再確認したので

今後も自分のどんな小さなことでも発信&似た境遇の人のブログ閲覧で解毒していこうと思った次第です。

 

関西でのオフ会なども、やってみたいのですがね~🤔

 

何かあればこちらへ

お問い合わせ

捨てる神あれば拾う神あり

母が毒親だとわかってから、腹が立った事も、悔しくて泣いた事も数えきれない程ありましたが

最近とにかく思うのは、母ってこちらの予想をはるかに上回るくらいあまり頭が良くなかったのではという事です。

ここで言う「頭が良い」は「お勉強ができる・できない」ではなく人生において・生きる上で、という意味です。

 

前々から似たような事はもう何度も書いていますが

最近、母は都合が悪くなるとすぐに「あとはもう死ぬのを待つだけだから」とか

「まあもうどうでもええわ」とか、投げやりに言います。

 

自分の思い描く未来(娘と孫に囲まれて、死ぬまで誰かに依存して生きる)に

ならなかったことが悔しいのでしょう。

 

おまけに、手のかかる母の実姉「T子」の世話まで降りかかってきて(まぁこれは、母が勝手に息巻いて「T子の面倒は私がみる!」と言っただけなので全く同情もしませんが)

tari97.hatenablog.com

娘は娘で母の毒に気付き、もう絶対に昔のように母の言いなりにはなりません。

 

時々LINEで真面目な話になっても、母にとって都合の悪い話ばかりになるので

まずは必ず「病気」と「加齢」のせいにします。

「あんた達はまだ若いからわからないんだ」と。

 

でも、加齢と言われても皆平等に歳はとるし、病気もある程度は想定内です。

すごい確率の不慮の事故に巻き込まれたり、ものすごく珍しい難病にでもかかったならともかく

 

「先のことを予測出来へん奴はあほや!」

「10年20年先を見据えて生きなあかんで!」

母に死ぬほど聞かされたセリフですが

前々から『母さんはそれをできてたか?』と、疑問に思ってたのでこの間きいてやったんです。

tari97.hatenablog.com

 

とりあえずはいつものごとく、加齢と病気を理由に言い訳。

tari97.hatenablog.com

そして「母さんは、70歳まで働くつもりやったからな」

これは「もっと働く気はあったけど、病気になったから人生設計が狂った(こんなに早く暇を持て余すことになるとは思ってなかった)」と言いたいのだと。

 

と言っても、いずれにせよタイムリミット(定年)はある訳で。

自分が70まで働く気があっても、そうならない確率だって十分にあった訳です。

何で「自分が70まで働く気があれば、確実に70で定年を迎えていた」前提なのだろうか。

それに、定年を迎えた直後に、ぱたりと死ぬ訳でもあるまいし。

遅かれ早かれ定年は来るのだから、それが数年早まっただけで「思ってたのと違う」と騒ぐのは自分の言ってた「予測のできないあほ」にはならないの??という意味で、私は聞いたのですが。

要は、私が聞きたいことの答えになってないんですよね。

 

いまいち、母ってこういうとんちんかんな返信をしてくるので

『とりあえず、賢く生きたいね』と(嫌味で)入れたら

「なってみないと、わからないこともある!それが人生!」ですってw

また特大ブーメラン返って来てますけども。

 

そして自分が優位に立てなくなると「まぁ、もうどうでもいいけど」と投げやりに返信してきます。

これが最高に腹が立ちます。

昔、逆に子どもがこんな態度取ろうものなら、自分の気が済むまでとっつかまえて半殺しの勢いで怒鳴ってたくせに。

 

そのくせ、自分の思い通りにならなかったり、話がつまらなくなれば

「あ~しつこ!」と、呆れたようなものの言い方をして強制終了したり

「もうこの話、やーめた!」みたいに人を小馬鹿にするように終わらせたり。

 

そしてだんだんこちらの口が立ち互角に言い返せるようになると「アンタ、頭おかしいんと違う?」です。

 

自分が主張したいことは、相手の気持ちなんて丸っきり無視して土足で入って荒らすだけ荒らして

自分が興味なかったり、言い返せなくなれば「しつこい」だとか「どうでもいい」等の言葉を吐いてさっさと逃げます。

毒親って卑怯すぎませんか。

 

昔から母はそうだったので、それが当たり前の事みたいに自分の感覚も麻痺していましたが

こういう母の変な言動を思い起こしてみると、おそらく外部の人と接するときもこういうものの言い方してたんだろうな、と予想がつきます。

私たちは、言い返したら怒鳴られるから黙ってただけで…

母に全く友達がいないのも、おそらくこのせいじゃないかな。

 

男性にはモテてた!と母は豪語していますが、男性は一般的に女性ほど突き詰めて話をしない生き物だし

最終、相手が「女」であることの「目的」が明確ならば、なおのこと適当に返事をして、機嫌を取っておこうとなるものであって

多少の性格は目をつぶれば…な男性も数多く居たのだと思います(実際母は望まない妊娠をしたことがあるらしく、はっきり言って貞操観念にも疑問を感じるので)

tari97.hatenablog.com

それを「モテてる」と勘違いするあたり、あまり頭が宜しくないかと。 

 

まぁこんな状況でも1人では何もできないので、啖呵を切って娘に偉そうに言うこともできず、まさに今の母は八方塞がり、四面楚歌。

私たちがわざわざ手を下さなくとも、母は十分不幸になりました(笑)

 

あの時、カッとなって母を刺して犯罪者にならなくて良かった。

tari97.hatenablog.com

天下を取ったかのように、天狗になってあぐらをかいていた母。

娘からは総スカンな上、人の世話が死ぬほど嫌いなのに実姉の介護まがいのことをこなす老後(笑)

最近『人生ってうまくできているね』と、姉と話しています。

まさに「捨てる神あれば拾う神あり」です。

 

コメント・スターありがとうございます。

とても励みになります🥺♡

コメントなどについてはこちらにまとめています。

tari97.hatenablog.com

「しない」と「できない」の違い

昔から、子どもが幼くとも容赦なく怒鳴り散らしていた母なので

時々母に優しい声掛けなどをされると『どういう風の吹き回しか?』と勘ぐってしまうことも度々ありました。

母が時折見せる異様な優しさ…

あれは一体何だったのだろう?と、考えていました。

 

このブログを始め、母には「共感能力」というものが全くないことにも気が付きましたが

逆に「自分が親からされて嫌だったことを絶対に娘にはしない」と、自身の経験を反面教師にしていることもわかりました。

それが、お金・食事・家(とくに個人の部屋)・姉妹で格差をつけない

ということのみだったようです。

共感能力がない分、母は「自分が親にされて、嫌だったこと」は、絶対に娘にやらない!と決めていたようですが

残念なのは、それが度を越していたこと娘の気持ちはまるで無視したことでした。

tari97.hatenablog.com

母が親にされて嫌だったことを同じ熱量で娘も本当に嫌がっているか?

良かれと思ってやっていることが娘への重荷にはなってはいないか?

この「自他との境界線を引けなかった」ことが、母の最大とも言える失態でした。

tari97.hatenablog.com

 

母はよく「母さんだって親にきつく言われて来たわ!」と言っていて

じゃあ何で同じことを娘にやるの?とずっと不思議でしたが、母はそこは親にされても気にならなかったからでしょう。

耐性は人それぞれなのに「自分が嫌だと思わないから、娘たちも(親に偉そうに言われたって)平気」と思っていた、この回路がはっきり言っておかしいのです。

 

昔、真冬に外で遊んで帰って、手を洗おうとお湯を出そうとしました。

お湯は母に一応出していいか、きいてからだったと思います。

お湯になるまでしばらく待っていると「ちょっと待ち」とキッチンから母の声がします。

『やっぱり怒られる?お湯だめなんじゃ…』と思っていると

電気ポット(片手で持てる、昔ながらのやつです)を持った母が洗面所にやって来て

「待ち、これで洗い!」と、洗面台に水とポットの熱湯を混ぜて適温のお湯を張ってくれた事がありました。

「手、冷えたやろ。これでゆっくり洗えるやろお~」と、母は笑っていました。

 

私はあまり母にこういうことをされた記憶がないから、ものすごく驚いて

(普段は「子どもは水で洗とけ!」みたいな感じなので)こういうたまに出る母の優しさにドギマギした事が何度かあります。

 

その数年後、阪神・淡路大震災があり断水した時

今ほど食器にラップを巻くとか災害時の知恵もないので、食器を少なめに使ってタンクにくんできた飲用外の水で洗い物をしていました。

ゴム手袋をするという知恵もなく、手がかじかみそうな中皆で交代しながら洗っていると母がいきなり「もう嫌!」としゃがみこみました。

具合でも悪いのか?と思うと「手が冷たい」と泣きそうに訴え(みんな冷たいです。私も姉も堪えて、黙って洗っていましたが)

すると父が「母さんは座っとき」と言って、私と姉と父で食器洗いをしました。

 

1月17日が来る度にそのことを思い出してはいたけど、母が毒親だったと認識してから深く考えてみると

おそらくあれは母の「幼い頃、極寒の中でもかじかみながら手洗いや歯磨きをした」ことが

一種のトラウマだったのでは?と思うようになりました。

結婚をして溢れんばかりのお湯を張ったお風呂に浸かった時、嬉しくて涙が出たというような極貧の生活をしていた母ですし

母の実家にも行ったことがあるので、家の古さから「水回りのことで相当な不自由を強いられてきた」事は容易に想像がつきます。

tari97.hatenablog.com

 

確かに昔から節約にはうるさかったけど「手が冷たいのは我慢しなくていい」とか

母独自のルールがあり、真冬に歯磨きや洗面をお湯でやっても怒られませんでした。

 

更に寒さの厳しい日にだけ「今日は水で手洗いするの寒そう!」という母の短絡的な回路が起動して

洗面台に適温の湯を張るというような、時折見せる異様に優しい行動となり表れていたのではと思います。

(寒い日以外にもこういう「急に優しすぎて怖い」みたいな事が時々あったのは大体こういう理由だったのだと思う)

 

母のことをずっと「共感しようとしない」「寄り添おうとしない」人間だと思い

何度も母にも話をして衝突してきましたが、母のこういう偏った優しさや行動を思い出すと

「共感しようとしない」のではなく「共感できない」

「寄り添おうとしない」のではなく「寄り添い方がわからない」

人間だったのだろうなと思います。

 

母にそれらを求めることは、掛け算を習っていない子に「5×5は?」と聞くのと、同じくらい難しいことなのです。

 

家を出てすぐの時は話し合いをすればわかるのに!みたいに母に何度も言われ、実家から逃げたことを責められましたが

tari97.hatenablog.com

この「しない(しようとしない)」と「できない」の違いに気が付いてからは

『いやいや、話をしても絶対にこの人がわかることはない』という確信にも繋がり

罪悪感を抱くこともなくなりました。

 

一種の諦めのような気持ちですけど、気付けてよかったとは思っています。

 

何かあればこちらへ

お問い合わせ

母が人を不快にさせる理由

昔から母は、外ですぐに喧嘩をしては怒りながら帰ってくることが多々ありました。

tari97.hatenablog.com

幼い頃からそんな母を見て育ったので『世の中には母を怒らせるような変な人がたくさんいるんだなぁ』と、私は本気で思っていました。

 

まだ母のことを崇拝していた頃は、母の話を聞いては『母さんが正しい!』と加勢していたけど

母がおかしいと感じるようになってからは『母の言い方や態度に問題があったのでは』としか思えなくなりました。

最近は母もさすがに声を荒げたり、高圧的な言い方はしなくなったし

かなり気を遣っているのもわかります(今さらすぎるけど)

けれど、ぽんっと出る一言に思いやりがないというか、やはり表現の仕方に問題があるの一言に尽きます。

 

母と話してると『いやそれ母が言わなくていいわ』ということがとにかく多く

昔は感覚が麻痺していたからか何とも思わなかったのですが

最近になり『何で母って普通に話してるだけで時々カチンとくるのかな?』と考えて、これが原因だと、やっと分かりました。

 

私は時々嫌味混じりで『今までは最低やったけど今が人生で一番楽しい』とか『家を出る直前は(嫌すぎて)時々記憶がない』とかわざと話すんですが

その度に母が「でも今は楽しいんやろ?良かったやんな!」とか「早くに気付けたんやからいいやん」とか言うのですが、これがめちゃくちゃ腹が立つんです。

tari97.hatenablog.com

⇧の記事に書いたことと似ていますが。

 

母的には「明るく前向きなことを!」と、あえて言ってるのだと思います。

ただ、全くの見当外れな上に、いつも白か黒かで

結末や相手の気持ちを勝手に決めつけて、良い悪いの判断をし

それを馬鹿正直に本人に言うから、相手が不快になるのだと思います。

 

「良かったかどうか」は本人が判断することであり、他人が決めることじゃない

関係ない第三者が良かったねと言うならともかく、私の生きづらさの原因の張本人の母に言われるから余計腹が立つのです。

 

昔、母と同じ職場だった頃、母が後輩の女性に似たような発言をして、相手を怒らせたものの、母は「何で?(励ましたつもりなのに)私、何かカンに触るようなこと言うたか?」と怒っていました。

 

母の後輩女性のY美さん(仮名)は、婦人科系の病で休職していて、Y美さんが復帰した時に母が励ますつもりで打ったメールがY美さんの逆鱗に触れたようでした。

 

Y美さんは、当時未婚で、趣味もあって特に結婚を急いでいる様子もありませんでしたが、今回の病により妊娠は難しいかも?となったのでした。

辛かった治療を笑い話に変えてY美さんは気丈にふるまっていましたが、デリケートな話題なので私はあまり触れないようにしていました。

 

しかし母は彼女の表面的な態度や発言だけを鵜呑みにして、得意の決めつけと良い悪いの判断を勝手にして「〇〇さん(母)にそんなことを言われる筋合いないです」と、彼女を怒らせたのでした。

 

メールの内容としては

「これからの時代、子供を産み育てるのは難しいし、旦那もいたらいたで面倒よ。だから良かったじゃない♪結婚もしなくていいし、子どもも産まないで、独身貴族貫きなよ♪」みたいな感じだったと思います。

 

母のこういう「それでええやん♪」みたいな勝手な決めつけと、良い悪いのジャッジ

大嫌いです。

デリカシーのかけらもない。

 

まだ、子どもができないと決まったわけではないし、結婚したいかどうか・子供が欲しいかどうか。彼女の真意もわかりません。

そこを勝手に決めつけて、多分母の頭の中には

きっと子どもももうできへんのやな。結婚も無理やろな。⇒でも、それでもええやんな♪

の図式が出来上がるのでしょうね。

で、またそれを本人に馬鹿正直に言う、と。

 

大体「それでもええやん」というニュアンスも引っかかりますよね。

これって母が「良いとは思ってない」の裏返しだと思いませんか?

だって私なら彼女が結婚しようが、子どもを産もうがどっちが良いとか悪いなんかないから、まず意見として「良いか悪いか」なんて出てこないので…

 

当時は私も母をまだそこまで嫌ってなかったし、適当に『Y美さんどうしたんだろうね』的に返しておいたけど

何年か経って考えたら彼女の怒った理由がわかるし、そこでカチンとくる彼女は一般的な思考の持ち主だったのだと思います。

 

母の一挙手一投足が全部鼻につくようになってから、私もやっとわかりました。

 

今さら気が付くなんて、いかに「母が良いと言えばそれは良いこと、悪いと言えばそれは悪いこと」と従ってきたかということの表れでもあるでしょうね。

 

母は子どもを励ますという、親として一番と言っても過言ではない大切な役割を担えな人でした。

きっと母は人を励ますとか労うという部分がすっぽり抜け落ちているのだと思います。

tari97.hatenablog.com

 

そんな母に育てられたからか、私も未だに人の励まし方がよくわかりません。

だから『大丈夫?』という一言も、咄嗟に言う事がまだできません。

tari97.hatenablog.com

 

前に書いた、彼氏の友人が亡くなった時の、私のリアクションはまさに母と同じでした。

tari97.hatenablog.com

彼氏が怒る理由も、当時は冗談抜きでわかりませんでしたが、怒りながら電話を切った当時の彼氏も、Y美さんと同じく一般的な思考の持ち主だったという証拠ですね。

 

おそらく、母はどこでもこういう言動があったのだと思います。

 

母が喧嘩をして帰って来たことは今まで何度もあったけど

多分母の方に大いに問題があったとしか、今は思えません。

 

スター・コメントありがとうございます。

今年もよろしくお願いします。

何かあればこちらへ

お問い合わせ

声を上げることの大切さ

前回の記事では単なる私のお悩み相談のようになってしまい、すみませんでした🙇‍♀️

tari97.hatenablog.com

 

皆さまからスターやコメント等たくさんの反応を頂けて、とても励みになりました。

ありがとうございました。

 

結果から申し上げると、M川さんからは朝起きると謝罪のLINEが入っていました。

 

それぞれに考え方があり、自分だって正しい事をしている訳ではないのに偉そうに言ってしまい…

ということと

たりさんを否定した訳ではなかったのですが、言い訳に聞こえますよね。すみません

との事でした。

 

元々私は「怒り」の感情が麻痺している(麻痺させて生きてきた)ため、言われてすぐに言い返すことができず、じわじわ怒りがこみ上げて来る自覚があるので

時間差で意見をした自分も、良くなかったなと反省しました。

 

ひとしきりその話が終わった後に夜中に『やっぱり言わないと気が済まない…』と思ってのことだったので、M川さんも戸惑ったのではないかな。

 

『さっきの話蒸し返してすみません』というのも添えましたが

私ももう少し瞬時に感情を出す練習をして行かなければと思った次第です。

 

それにしても、今回のことでわかったのは、いかに自分が

言い返されることに慣れてしまっているか

また、『どうせまた言い返されて終わるんだろうな』と

思いながら人と接していたかということです。

 

朝にLINEの返信を見て拍子抜けしたというのが本音。

 

M川さんのことをそういう人間だと思っていた訳ではなくて

多分、そうやって思う事で自分を守ると言うか、万が一言い返されたりしてもショックを感じないように心の準備をしていたのだと思います。

tari97.hatenablog.com

 

母と暮らしていた時も、モラハラ気質の人と過ごす時も

私の言うことを一意見としてすら認めてもらえなかったり

私という人間を尊重してもらえないことなんてごまんとあったので

誰に対してもやはり『どうせ私の言う事なんか』という考えが抜けないのだと思います。

tari97.hatenablog.com

 

けれど、こうやって声を上げることで事態が好転することもあるのだと最近学びつつあります。

 

確かに母の前では思った言葉をほとんど飲み込むことが正解でしたが

そうしないと一緒に過ごせない人とは遠慮なく距離を置いて良いと思うし

自分の気付きがないことには、そういった仕分けもすることができません。

 

家では自分を守るためにやっていたことが、外の世界では何と無意味なことだったか…。

そしてそんな無意味なことをし続けないと暮らせないような人間が実の親だったことにも心底がっかりしましたが…

 

声を上げることで、今まで蔑ろにしてきた自分の心を守ることにも繋がるようです。

勇気がいるし、未だに怖いですが

徐々にできるようになればと思います。

 

コメントなどについてはこちらにまとめています。

tari97.hatenablog.com