もう理由なんかなくていいの

毒親との暮らし。離れるまでと離れてからのおはなし。

母を見ているようでぞっとした

最近姉と昔のトレンディドラマの話になり「卒業」というドラマを思い出しました。

よく姉と一緒にテレビを見ていたので90年代のトレンディドラマのタイトルも一通り知っているけど、如何せん小学校低学年くらいだったのでよくわからずに見ていました。

それで「卒業」の動画を見てみたんです。

放送は1990年、舞台は1989年の東京。

東京の女子大生「かおり」は、なかなか就職が決まらず長野の両親には早く帰って来いと言われているけど、東京で暮らし続けたいと悩んでいます。

ある日かおりの父が地元の銀行にコネ入社できるという話を強引に進め、かおりは気乗りしないまま実家に帰って嫌々面接を受けることに。

 

短大に行かせる為に上京を許すなんてことはうちではありえませんが

tari97.hatenablog.com

東京で1人暮らしをしても「女の子だから」とバイトも必要ないくらいの額を仕送りしてもらっていたかおり。

そして父は地元の銀行に通うための車まで相談もなしに買ってきます。

 

親に申し訳ない気持ちを抱きつつも東京に残る夢を捨てきれない葛藤や、両親に地元で働くつもりはないと断ろうとしているかおりが実家の階段を行ったり来たり、タイミングを見計らって勇気が出ないところはかつての自分を見ているようで、ある意味ぞっとしました。

うちの母って、この両親がやることをそっくりそのままやってたんやな、と。

 

コネ入社に異様に拘っていた母が特別変だった訳ではないこともわかっています。

むしろ劇中ではかおりの心のセリフで「コネさえあれば」というのもあって(もちろん東京で、ですが)この時代は「コネ」にものすごい重みがあったのかな。

そういうことをしてあげることが良い親の象徴だったのかもしれないし、現代でもそれで助かっている人もいると思うので否定はしません。

ただ、私には合わなかったということ。

 

かおりは東京生まれ東京育ちの友人の友子を羨ましいと言いますが、友子は生活には余裕がなくバイトバイトの日々。

友子はもしかすると、かおりの両親からの手厚い支援を羨ましく思ったかもしれません。

結果、どちらが正解でも間違いでもないんです。

かおりの親を否定する気もないです。

ただ、子どもが本当にそれを望んでいるか?

実際に何かをしてあげることより、子どもの考えを理解しようとする姿勢の方が重要ということです。

そして子どもが素直に嫌とか断ることができる環境を作ることも親の責任です。

これは友達でも恋人でも同じ。「親として」以前に「人として」ですね。

相手の思いを言わせない空気を作り、暗に支配するのはたとえ普段どんなに善い行いをしても台無しなんです。

 

多分大半の人はあのシーンを見ても何とも思わないでしょうし、かおりのことを単なる「ワガママ娘」と思うかも知れません。

 

確かに母の会社で働くことを嫌なのに断らなかったのは私の責任です。

tari97.hatenablog.com

けれど、毒家庭には何においてもきっぱりと断ったり意見を言う事がが許されない環境が幼少期からずっとあって、本音を言えなかったりもっと酷くなると自分の本音すらもわからなくなるのです。

そういった他人の家庭環境による苦しみを、嫌なら断ればいいだけの話!とか「努力次第で何とかなる」みたいには、口が裂けても外野が言うもんじゃないことを私は痛いほどわかっているから、このブログでしつこく書いています。

ピンとこない人は象の鎖のお話と同じ原理と言えばわかるかもしれないです(ピンとこない人はそもそもこのブログを読むことをオススメしないですけど)

 

私は高橋リエさんのメルマガを読み、戦後のトラウマでああなった毒親も多いというので母の不可解な言動が腑に落ちた部分がいくつかあったんです。

今回、このドラマを見て同じような感覚でした。

再三言いますが、知ったところでけして毒母を許す訳ではないです。

 

ちなみに卒業を見ていると今ならセクハラ・女性蔑視と騒がれるであろう表現のオンパレードで驚きます。

たった20~30年くらいでここまで時代が変わったことにも驚きですが、そのアップデートをさぼった人が老害への1歩を踏み出すのかなということは前にも書きました。

tari97.hatenablog.com

平成初期の時代から20年以上経ってもなお、このドラマの時代感覚のまま過ごして娘に押し付けていた母もアップデートのできなかったうちの1人でしょうね。

tari97.hatenablog.com

 

コメント、スター励みになります。ありがとうございます。

え?今さら?

「親ガチャ」という言葉が話題になっているみたいです。

毒親育ちの方からすれば、え?今さら?じゃないでしょうか。

 

前にもサラッと『親ガチャが外れ』と書いたし

tari97.hatenablog.com

今でも『私は親ガチャに失敗した者です』と声を大にして全然言えます。と言うか、言いたい。

そもそも毒親育ちの親ガチャの認識は一般的に論争が起きているガチャとはちょっとニュアンスが違うみたいですね。

なので、私も毒親育ち特有の捉え方しかできないのですが。

 

親ガチャについて「そんな言葉良くない」というのはまだわかります。

ただ、こういうことを何の疑いもなくサラーっと言えるのって幸せなことです。

毒親の話をした時に「親も人間なんだから」「親だって必死だったんだよ」とかの類の言葉を掛ける人と同じですね。多分大半は悪気はないんです。

そういう人はそんな言葉が純粋にぱっと言える環境を大事にしてねって思います。

tari97.hatenablog.com

 

前にSNSで子どもの受験だったか、塾だったか…教育に関することを発信していた人が結構叩かれていたんです。

私はそもそも子どももいないから教育がどうの、も興味ないんですけどバズってたのでどんなコメントが来てるのかなって見に行ったんです。

叩かれた発信者も負けじと応戦していて、その中に「私は(これだけ叩かれていますけど)親ガチャは失敗していないので!」みたいな反論があったんです。

いや…なんて言うか『痛いな』が正直な感想でした。親側がそれ言う?(笑)

 

それで今回の盛り上がりの中で、親ガチャという言葉の良い悪いとは別に自分が親として不完全であることの自覚はあるけどそれから目を背けるために「親ガチャなんて…」と言っている親もいるんじゃないのかというようなコメントを見つけてなるほどと思ったんです。

さっきの叩かれていた人はそれすらも超えて自分で「親ガチャ失敗していない」なんて言ってしまうあたり自信のなさの表れじゃないかな…と。あくまでも私の意見ですけど。

 

親ガチャが失敗かどうかは子どもにしかわからないし、面と向かって子どもに「親ガチャ外れじゃないよ」って言われても本音かどうかなんてわかりません。

 

現に母は、昔私や姉が家ではニコニコ楽しそうにしていた姿を「あんなに楽しそうに過ごしてたやん」(=まさか毒親って言われるなんてニュアンス)って言うんですけど、いやいや…母に対して思うことなんてたくさんあったけど、あの家で生きていくしか道はないしその為には母の機嫌を少しでも損ねないように…って思ってたから楽しくなくても楽しそうにしたり、母の前では機嫌の良いふりをしていただけで…。

 

逆に言えば子ガチャも外れの場合ある!と声高に言う人もいるし、それもわかるけどそれはちょっと論点がずれている気がします。

子を産んだ以上親として養育する義務はあり、子どもの帰る家はそこしかないのだから。

 

よく子どもはお空から見て親を選んで産まれてくる…みたいな話ありますけど、あんな話自分の親が毒親とわかる前からバカみたいって思ってました。

その話を初めて知ったのは多分中学生くらいの時だったと思いますが『自分が自分であの母親選んだんやとしたら…見る目なさすぎ』と、作り話とわかっていても落ち込んだし(そんなこと思っている時点で親ガチャ外れ確定)

小さな子におとぎ話的に話すには良いのかも知れませんが、私はこの話大嫌いです。

 

頭が良いとか悪いとか、背が高い低い、イケメンかブサイクか…みんな大なり小なりガチャを経て生まれて来ている、親ガチャもそのうちの1つなんでね(それにしてはハードル高すぎやろとも思うけど)

容姿や背格好が気に入らなくても少々頭の出来が悪くてもみんなそれぞれ折り合いをつけて生きているし、手を加えて良くできることはすれば良いとも思うし、なので親ガチャ外れも同じです。親に恵まれなかった、それだけ。

だから、できることをやって生きてくしかないってのもどのガチャも同じ。

 

なのに親ガチャだけがこんなに論争の的になるのは、やっぱり親を敬うことが素晴らしいというお国柄ですかね?

tari97.hatenablog.com

家族神話ってこわい。

 

スター、コメントありがとうございます!

正当な怒りと理不尽な怒り

私は、あまり怒らないタイプです。それは怒ることが嫌いだからだと思っていました。

でも多分嫌いと言うより苦手なんです。怒る勇気がないのです。

 

子を叱るのは親としての義務であり、ある程度は当然のことです。

「叱られる」のはまだわかる。でも母の場合「怒る」なんです。

私はこのブログでも母に「叱られた」という表現は、わざとしていません。

母の機嫌の良し悪しで同じことをやっても怒られたり怒られなかったり、何が正解だったのかが未だに分からないから

母がブチ切れて怒鳴っていたこと、どれを思い出しても『そうだよな、親として叱ってくれたんだな』と思えることがほとんどなくて

何であそこまで言われなあかんかったんやろ

何であんな風に言われなあかんかったんやろ

今思い出してもそう思うことしかないんです。

 

そんな母を見てきたので怒るってみっともないという感情があるのです。

だから、上手に怒りを表現することができません。

tari97.hatenablog.com

それでも人生で数えるくらい、絶対に譲れないことは意を決してブチ切れたことがあります。

どうしても譲れないうちの1つが、趣味(好きなアイドル)のこと。

あなたの応援方法は間違えていると言われたみたいに聞こえたことに関しても苦言を呈したことがあります。

tari97.hatenablog.com

 

昔、推しの出ている公演で東京に滞在していた時、どうしてももっと公演に入りたいと思い現地でチケットを探したことがありました。

もちろん転売もされていたけど、気軽に買える額でもありません。

そんな時あるオタク友達とメールしていると、偶然明日のチケットを2連番で持っていると教えてくれたんです。

友達は上乗せして買ったらしく、わりと席も良いので『予算は〇円で、その値段は出せないから他探すね』と言うと「たりちゃんの予算の額払ってくれれば譲るから一緒に入ろう」と。

私の予算内では最後列でも手に入りづらかったので、その席だとかなり贅沢だけどいいの?と何度も確認して譲って貰えることに(多分同行予定の人にドタキャンされたか何かでその子も困ってたんだと思う)

翌日約束通りに合流、開演時間も迫っていたのでその子について行き、入る寸前にチケットを渡されましたが、もぎられる瞬間目を疑いました。

最初に聞いてた席よりかなり後ろ(と言うか最後列)だったんです。

まあ私の予算では買えても最後列が関の山だったから妥当っちゃ妥当なんですが、聞いてた席と全然違うのは、は?何で?です。

しかも、もぎるギリギリまで渡さないで騙し討ちみたいなやり方。

公演前に喧嘩とかしたくないので、お代は払い問い詰めたりもせず終演後はすぐに帰ったんです。

私もかなり気が動転していました。『友達に騙された?』と。

 

夜になり「怒ってる?」という連絡がきたので『いや、怒ってる?じゃないよね。自分のやったことわかってる?一般的に言えばこれ普通に詐欺だよ。もぎるギリギリまで渡さないのもおかしいと思ったけど、それは確認しなかった私も悪い。でも、友達だから信じてたし。言ってた席より後ろだったこと、ちゃんと説明して』と入れると「実は私も騙されたんです」とか何とか。

今更言っても仕方ないし、公演に入れたのは事実なので『あなたを騙した相手は嘘ついてまでも、お金が欲しかったんだね。可哀想な奴(笑)そんなはした金なら、払ってやるけど』←その時はその友人が私を騙した可能性もあったので、あてつけでそう言いました

続けて

『チケットの取引で自分の求めてるものと相違がないか確認するなんて大人として当然のことだけどね』

『公演に入れたことは感謝します。でも今回のことであなたへの信用がなくなりました。今後はもう連絡してこないで』とはっきり(メールですが)言ってやりました。

 

自分でも言い方キツいなと思ったし、友人関係も終わりだと覚悟もしました。

でも結局平謝りで、もう1度仲良くしてほしいとかせっかく友達になれたからとか、相手が私を悪く言うことは全くありませんでした。

私は気持ちを挽回できるタイプではないのでそれっきりですが『ここまで言われてもまだ何で下手に出るんだろう』『腹立たないの?』と、不思議で仕方なかったんです。

 

でも最近わかってきたのは、私の怒りが正当な怒りだったからかなと思います。

虫の居所が悪いからとか、自分が偉そうにしたいからとかそういう気持ちで言ったのではなく、かっこつけたりとか脚色をせず全て素直な気持ちで表現をしたから、例えそれが怒りという負の感情でも、相手にもきちんと伝わったんだろうなと思います。

今思い出しても『怒って当然だよな』とも思うし。

 

おそらく、母に怒鳴られたことが十数年経った今でもどうしても納得がいかないのは理不尽な怒りしかなかったからだと思います。

 

それでも、余程のことがないとまだ怒りを他人に表現することに躊躇してしまいます。