もう理由なんかなくていいの

毒親との暮らし。離れるまでと離れてからのおはなし。

自分を肯定したい気持ちはわかりますが

前にある動画で「マウントを取る人の特徴」というのがあり、その中に「 " 自分はこれでよかったんだ " というのを確かめるためにマウント取る方がいます」というのを見たことがあります(出典がわからずすみません) 私にモラハラをしていた元親友Mにも『あ…

あの親(祖母)にしてこの子(母)あり

母がよく語っていた話を思い出しました。 母が子どもの頃、貧しいためにおもちゃ等ロクになかった家で、1体だけアニメキャラのよくできた人形があったそうです。 母はとても気に入っていたのに、ある日母の母親(私の祖母)がよその家の子に勝手に人形をあ…

人の振り見て・・・

ここ数回の記事で私が育ち故にやってしまう、シリアスな場面で茶化すという悪い癖について書きましたが tari97.hatenablog.com ちょうど似たようなことをされる側になり何とも言えない気持ちになったので、書きたいと思います。 月に1度整体に行きますが、…

拗らせ姉妹③

前の記事からの続きになります。この話はこれで最後になります。 tari97.hatenablog.com 【なぜこういうことをやってしまうのか】 ①家ではアダルトチルドレンの「ピエロ」であった私の悪いところが顕著に出てしまったのだと思います。母がキレそうな空気の時…

拗らせ姉妹②

先日の姉と共通の友人とのことで、また毒親育ち及びアダルトチルドレンである私たち姉妹の良くない部分がわかったので共有します。 これは、わりと毒親育ちやアダルトチルドレンの方は無意識にやっているのではないかなぁと思うので何かの気付きのきっかけに…

拗らせ姉妹

後ろめたさや負い目があると相手の気持ちを先読みし、勝手に推し量る。私の良くないところで、相手を気遣ってのことでもこれってある意味傲慢だと思います。 tari97.hatenablog.com 何%かは自分が悪く思われたくないからと自分を守るための保険をかけている…

這ってでも出てこい

母は上沼恵美子さんが好きで、実家ではよく彼女のテレビ番組を母が見ていました。 tari97.hatenablog.com 貧しい幼少期、大恋愛の末の結婚、復帰後はまたバリバリ稼ぐという彼女の生き方も、どことなく母とリンクする部分があります。おそらく母もそういう部…

さすがに同情する

ジャニーズ事務所の会見が再び行われました。 私は事務所内の派閥とかそういうのはあまり詳しくはないけど、前の会見を見た時からジュリーさんという人はこの問題にきちんと向き合おうとしているのではないかなぁと感じていました。 それで昨日の会見では、…

白か黒かだけでは語れないこと

ジャニーズの性加害問題について色々見ていると、世間には毒母のような思考の人が一定数いるんだなと感じます。 私はジャニーズにも好きなタレントさんはいます。 でもジャニー喜多川氏のやったことが事実なら、到底許されることではないと思うし、被害に遭…

ごめんなさいが言えなかった理由

小さい頃から『ごめんなさい』が外でなかなか言えない子どもでした。 小2の時に友達と小競り合いになり、担任に叱られたことがあります。私は断固として折れず口を尖らせ黙っていました。その態度がよっぽどだったのでしょう。普段声を荒げない担任に「そん…

未だ解けない苦しみ

母の幼い頃の貧しさは、いくら昭和20年代後半生まれと言えど想像を絶するレベルで、確かに気の毒だったとは思います。 また、母の家族には「マトモだな」という人が正直いませんでした。あの家では物質的な不足だけでなく、常識的な感性も身に付かなかった…

推し活で例えてみる

推しがいることは人生の生き甲斐になります。 推し活に理解のない人には「彼は将来養ってくれない」とか「(イベントにおしゃれして行っても)彼はあなたを見てない」とか(オタクからしてみれば)頓珍漢な返しをされる時もありますが(苦笑) 確かに、辛い…

父への思いの変化

父が亡くなって、8年ほどになります。 当時はまだ色々といっぱいいっぱいで、でもまだ「休む」ということをわからず無理やりアクセルを踏み暮らしていた頃です。 tari97.hatenablog.com そんな中父が亡くなり、不謹慎ですが正直ホッとしたのも事実です。だ…

自業自得に気が付きつつある母

予想もしなかった孤独な老後で、自分の過去の言動のまずさを思い知りつつある母。 母が気が付くきっかけとなったであろう出来事を書いてきましたが、一旦最後になります。 tari97.hatenablog.com 以前に書いた母の元同僚の男性Y。(Yについて詳しくは↓の記…

事実に勝るものはなし

自分に都合の悪いことは断固として聞き入れなかった母が、最近になって姉や私の言うことに聞く耳を持ち始めたことは少しずつ書いています。 tari97.hatenablog.com 毒親あるあるで " 大人になってから子どもに色々言われたら「もっと早く言ってくれたらよか…

こういう人が身内にいると苦労する

恐ろしく友達のいない母、外面は悪くはないけどTPOに応じた雑談や声掛けが致命的にできないということで、これまで友達ができなかった、あるいはできても続かなかったのだろうな、というのは明確です。 用事があり少し実家に帰った時も、最近は最初の1時間…

家族の真剣な言葉も「戯言」だったんだな

最近、用事があって母と直接話す機会がありました。 それでまた明らかになったことがあったので書いておこうと思います。 先日母からのLINEで「たりの言うことが難しい」と言われたことは書きました。 tari97.hatenablog.com この時はただ単に母の元々ない理…

初めてのカスハラ

副業の方で、上司がごっそり入れ替わり、上の人が全く仕事をしてくれないので業務に支障が出ているというのは少し書きました。 tari97.hatenablog.com 新しく来た上司たちは、こうして整えて行きましょう!という意気込みだけはあるのですが…理想を語るより…

男性が苦手な理由

元々性格的に男性にのぼせ上がるタイプではないので、自分が恋愛向きでない自覚はありましたが、最近その理由に男性特有の性質に苦手意識があるのかなと感じています。 男女の性差で「らしさ」を断言するのは時代遅れですが、元々の性質はあると思うので、そ…

正論を正とする空気

つい最近、推しグループのメンバーのファンに対する失言で、SNSでちょっとした論争が巻き起こっていました。 私は言ったメンバーに対し『ひどいこと言うな~(笑)』と思ったし、やり方(発信した方法)が良くなかったなと思いましたが、この件については正…

母の知能レベルの低さを再確認

母は話の理解力が以前より落ちて来たみたいで(元々ないと思うけど)たりの言うことが難しいと先日言っていました。 それで「母さんと話してて手応えある?どう?」と母が訊ねてきたんです。 要は思うことを伝えてはいるが、たりの思う回答を得られているか…

『だめだこりゃ』いただきました

家を出てすぐの頃は、逃げるように家を出た自分に迷いもあったし、母からは酷い言葉を浴びせられその度に腹が立っていました。 なので、家を出て数年経った時母に『もう腹立つから昔の話せんといて』と釘を刺したこともあります。 それから何年もかけて、自…

金に呪われた人の末路

母は、孤独な老後を送ることになってやっと今までの自分の行いを省みるようになったらしいというのは前に書きました。 tari97.hatenablog.com 自分の過去の言動を悔やみ、毒親の定義に思い当たる節があるとも話しているようですが、では謙虚な態度を取るよう…

ほっこりエピソード嫌い

前の記事の続きになるのですが tari97.hatenablog.com 文章を書くのが好きな私が、なぜ一企業のブログ投稿にそこまで不快な印象しか持てず、それを理由にきっぱりと契約更新まで断ったか。考えてみました。 在宅の入力の仕事を始めて、ブログ投稿完了のグル…

その程度のことで

「その程度のことで」 小さい頃から何かを拒否したり、弱音を吐いたら必ず母に言われてきました。 そう育てられると自分の意見や感覚に自信が持てなくなって、自分の『嫌』とか『やりたくない』という気持ちもみんな『その程度のことなんだ』と思うようにな…

本当にあった怖い話②

前回の記事の続きです。 tari97.hatenablog.com 家を出る前、母にこれからも生活を共にしていくのならもう少し相手の言葉に耳を傾けるとか、譲り合うということをしてほしいと再三お願いをしました。 そもそもこれもおかしな話で、そういうことは娘がお願い…

本当にあった怖い話

客観的に物事を考えられない人選手権があれば母はいい線いくと思いますが、そんな母が最近、毒親関連の動画を見ては大真面目に「思い当たる節がある」「そりゃ嫌われる訳だ」と納得しているそうです(姉談) また出たよ、そうやって理解もせずにとりあえず毒…

毒親の「おまいうワード」②

よう話聞いとけ 同じこと何回も言わせんな 前に言うたやろ ぼーっとしてるからや 注意力散漫や これらは母からよく言われた言葉。 たりはこんな声掛けばかりされるような子だったのか…と思われる人もいるかもしれないけど、全くそんなことはありません。 と…

話せばわかる、とは

話せばわかる! これも母に何回も言われて大嫌いだった言葉です。 母の言う話せばわかる!は立場が上の者が下の者を力でねじ伏せ黙らせるということ。 tari97.hatenablog.com だからずっと私は人との話し合いになんて意味はない、と生きてきました。 外でも…

子どもの世界を壊す親

先日、お皿に乗せた小さな雪だるまを子どもの目の前で父がかじって、子どもがやめてと泣いているのを母が動画撮影し、SNSに上げたことでその両親が叩かれている…というのを見ました。 コメントは「こういうことされたら子どもは一生覚えてる」「何年後かにわ…