もう理由なんかなくていいの

毒親との暮らし。離れるまでと離れてからのおはなし。

自分さえ良ければ

人間誰しも自分は損したくはないし、欲があります。

それを悪いこととは思いません。

ただ、それを叶えようとするあまり、人への思いやりが欠けるとか人の言葉に耳を傾けられない人間にはなりたくないなぁと最近すごく思います。

 

平たく言えば「自分さえ良ければ」な人にはなりたくないです。


前にも書いた「Kちゃん」も、そのタイプではないかなぁと今またKちゃんへの気持ちがすごく冷めて行ってます。

tari97.hatenablog.com

まぁでもKちゃんは「楽しいことがあると周りが見えなくなる」タイプかな~という感じですけど(それでも私には理解しがたいけどw)

 

一方、あたかも相手のことを思いやってるふうに見せかけ、自分のやりたいようにやるタイプもいるように思います。

もう言わなくてもわかるとは思いますが、母がこのタイプです。

 

 

最近本当に母ってやり方が卑怯だったよなと思います。

1人では生きて行けない子どもに向かって、脅すような言葉を吐いて(誰のおかげでメシ食えてんだ系発言)子どもを「この家に住まわせて頂いてる」かのように洗脳して

大人になってからも外部の人やものをやたらと非難し排除し「お母さんの言う通りにしてたらいいから」と、訳のわからん押し付けをされて、言う通りにしないとキレて

 

それが本当に娘の為だけを思ってのことだったのなら「世間知らずだったんだね」で、まだ諦めもつくかも知れないけど

大半が、母自身が困らない為、煩わしい思いをしたくない為、周りに良く見られたい為


ほとんど、母のやることは「母自身のため」だったことが何ともやるせないのです。

 

いつも大変だ!しんどいんだ!と愚痴り、不機嫌で

今思うと、家族は皆母の言いなりだったし、母は料理と金の計算以外ほとんど家のことはしてなかったし

何がそこまで大変だったのだろう(笑)

 

「こういう生活水準で暮らそう」と決めたのは母の勝手なのに

あそこまでイライラして、家族にまで当たり散らして

一体母はそこまでして何をやりたかったのだろう?と本当に思う。

 

きっと自分の「帝国」を作りたかったんだろうな。

そして母にとって「娘」は、「帝国」の運営要員として存在していただけだったんだな~と。

 

「娘を産んでよかった」の言葉は嘘ではないとは思うけど

「生まれてきたのが、たりでよかった」では、ない気がします。

男だろうが、女だろうが

何が得意な子だろうが、どんな性格の子だろうが、どんな顔の子だろうが

ただ「自分の思い通り」にできる子なら「かわいかった」のだろうなと思います。

 

母もフルタイムで働くとか、食事はしっかりしたものだとか、一軒家の持ち家とか

目に見えるものがそれなりに維持するのが大変そうなことだから

すっかり『私たちのためだ』と思っていたけれど、そのゴールには「これだけしてやったんだから」と多大なる見返りしかなかったわけで

そのせいでイライラされて、怒られて(笑)

そして極めつけは、自分の帝国に「男手が欲しいから」と、娘の気持ちなんてお構いなしに「婿をもらえ」なんて(笑)

 

母って、言っちゃ悪いけど「自分さえよければ」の最たる人だなぁと思います。