もう理由なんかなくていいの

毒親との暮らし。離れるまでと離れてからのおはなし。

親友はたぶん・・・

先日書いた、親友のことですが。

ここ数日、色々なサイトを見回ってみて、彼女は「境界性パーソナリティ障害」というものではないか?と思う節がいくつもありました。

単なる素人判断なので、断言するつもりはありません。

昔はそんなことなかったんです。しかしここ数年、なんか変だなぁと、ずっと彼女に違和感がありました。一緒に居ても変なところで急に機嫌を損ねたり、キレたりするので、それに気を遣うばかりで、全然楽しくなかった。

それで、暇に任せてネットを渡り歩き「ん?何か、ほとんどの項目に見覚えが…」と、なったのがこれでした。

彼女の生い立ちや、若い頃の人との関わり方。最近ずっと私が気になっていたこと。

心のどこかで「いや、思い過ごしだろう」と思おうと、、いや、思いたかったのですが。逆に主な症状を知った後のほうが腑に落ちるような…そんな感覚に陥りました。

もう、彼女からは連絡も来ないので、これっきりですが。

もしこの後も彼女が同じように他人に振る舞い、生きて行ったとしたら。

結構しんどいことになるんじゃないかなぁとも思います。

彼女には「病院に行こうか」と、声をかけてくれる人がいるのだろうか?(旦那さんはいますが)

そもそも、本人が気が付くことがあるのだろうか?

お節介なのはわかります。でも、どうでもいいやって気持ちで20数年も友達やれないですからね。少し気になる部分も、なくはない。まだまだ人生長いですしね。

もう少し早くこのことに気がついて助言できていたら?と、思う日もある。大切な人だったから。

しかし、本人に「そうではないか?」と言うのは厳禁!本人が気付くのを待つしかない!と謳うサイトもあり。

 

結局、ここまでのご縁だった、ということなんでしょうね。

 

何でもかんでもパーソナリティ障害だ!と言う風潮もどうか?という意見も見かけたし、あれだけ種類ありゃ、どれかあてはまるわな、って意見も。

 

まぁ彼女が問題なく暮らして、お節介に終わればそれでいいんですけどね。