もう理由なんかなくていいの

毒親との暮らし。離れるまでと離れてからのおはなし。

毒親は自分に都合よく解釈する天才

母にとって娘は自分の話(9割愚痴や悪口)を聞かせるゴミ箱のような存在で、その上母の思い通りの返しがないとキレるので私も姉も幼い頃からどう返せば母が喜ぶか、また怒られなくて済むか…そんなことしか考えていませんでした。

tari97.hatenablog.com

家族団欒とは名ばかりで、夕食時は大体が母の会社の人の愚痴か親戚の悪口のワンマンショー。それはまだましな方で虫の居所が悪ければブチ切れて食事中であろうと説教が始まります。

tari97.hatenablog.com

まだ、へぇ~と思うようなためになりそうな話ならともかく、母から聞いてためになったなという話ってあったかな?と最近姉とも話したんですけどほとんどないよな…という結論に至りました。

 

母の為にまるで接待かのごとく、ヨイショして励まして慰めて…をしていましたが母は家族の話すことも興味がないと平気で「興味ない」みたいな態度を出します。

tari97.hatenablog.com

それ、娘が同じことしてたら確実に「人の話ちゃんと聞かんかい!」とブチ切れてますよね?と思うんですが。

だから母に相談するのも嫌いだったし、立ち入った話もできるだけ母にはしたくありませんでした。

tari97.hatenablog.com

私は姉に聞けば大体解決していましたが、まともに聞ける人が居なかった姉は苦労しただろうな。

 

娘の話すことは興味がなかったり機嫌次第でスルーするくせに自分がその話題に気が向いたら後になって聞いて来たり、今更?みたいなことを言ってくるのも嫌いでした。

tari97.hatenablog.com

『前に話したやん』とか『その時に言ってよ』と言い返すこともありましたが(キレられないギリギリのラインで)母は絶っっ対にごめんの一言も言わないし、そうだったかな?と自分の記憶を疑うこともしません。

たりが決めたんやろ!とか勝手に話を捏造されたり、何より嫌だったのが「どうせたりはこない言うやろ」とか「たりが嫌って言うやろうと思って」とか勝手にこっちの動向を決めつけて、それを先読みしてたんですよ!みたいなのを後出しで言うんですよ。

 

まだ実家にいた頃、あるアーティストのベストCDが出たので母と聴きたいねと話していたら母のお金で買っていいよと言われました。

私は普段あまり思い入れはないアーティストのものは中古で買うので、母にも中古でいい?と尋ねました(別にそのアーティストの熱狂的なファンでもなかったので)

一応母のお金なので、買っといてと言われたものでもこういう感じで私は必ず値段を伝えて了承を得てからにしていました。

今思えばそんなん聞かんでもええやんとも思いますけど当時はどんなに小さなことも自分の気の済むまで母に確認しないと怖かったんです。また何が地雷になるかわかりませんから。

 

レンタル落ちでさえなければ、お店にあるものはたいてい中古でも美品ですが母が嫌がるかな?と思い『新品にする?中古にする?』と聞きました。

元々、中古車とか中古住宅を母は嫌がるので『ちょっと高いけど、新品にしとく?』と聞いたら確実に母は「うん、ええで」と言いました。

なのにいざ手元に届きCD代を請求すると「高いな」とか「中古でなかったん?」とか言うんですよ。

もちろん『母さんに新品でいいか聞いたやん』『中古やったらもうちょい安いけどいいな?って言ったで』と言い返しました(しつこいですが、キレられないギリギリのラインで)

もちろん母はごめんとかそうだったっけ?みたいなことも言いません。

「中古やったらあんたどうせ文句言うやろ」ですって。出た出た。

また勝手に決めつけて普段からたりは文句しか言わないから、やれやれ…みたいな設定ね。

tari97.hatenablog.com

別に私のお金じゃないしもうどうでもいいわと思って言い返しもしませんでしたが(と言うかもうこの頃は母との関係に妥協と諦めでしか生きてなかったので反論する気力もなかった)今になってこういうことがそれはもうたくさん思い出されて腹が立って仕方ないのです。

 

母はこういう自分の言動を「家族にありのままの自分で純粋に接していただけ」と表現して擁護しようとするんですが

ただ、家族という名のもとに自己中・無神経に暮らしていただけです。

ただの自分勝手をありのままの自分!みたいに肯定しようとしないでほしい。

 

新しく購読して頂いた方、ありがとうございます。

スターも励みになります!

 

初めて訪問された方へ⇒自己紹介

コメントなど⇒お問い合わせ