もう理由なんかなくていいの

毒親との暮らし。離れるまでと離れてからのおはなし。

毒親あるある◆家族の中の犠牲者アピール

昔から母は「お母さんは、子どもに好かれる為に子育てしてるんじゃない!」と、よく言っていました。

 

これは「嫌われる覚悟で、子にとって耳の痛い事も言う。しかしそれは全て、子の為を思ってなんだよ」という気で言っていたのだろうし、私もそう解釈していました。

 

しかし近頃、このセリフが娘の同情を買うための家族の為に自分を犠牲にして、苦労してますアピールだったように思えて仕方ありません。

 

母の子育ては先ほどの解釈のように慈愛に満ちた、美しいものではなかったと今になって思うからです。

 

これまで何度も書いて来ましたが、料理と金の管理しかしないのに(洗濯と掃除は夫と娘にやらせる。ゴミ捨てや生活用品の購入・手続き関係等、その他家の雑務も全て)

tari97.hatenablog.com

「自分が一番この家で苦労している!」アピールを、母はいつもしていました。

 

確かに正社員として長年働いた事は立派でしたが、父の名誉の為にも一応言っておくとけして父の収入だけでやって行けなかった訳でもありません。

1日数時間程度のパートでも、はたまた母は働かなくとも、生活はできていました。

生活水準を守りたい・高めたいと思ったのは母の勝手で、あれで「家事も育児も仕事も頑張ってきた!」と母が言っても、私は『そうだね』とは思えません。

 

母が頑張って得た物質的な豊かさは認めます。

tari97.hatenablog.com

しかし私が素直に母の意見を受け入れられないのは「家族の協力もあって」という気持ちが母から微塵も感じられないからです。

「お母さん1人だけがしんどかった、頑張ってた」「夫や子どもはラクばかりして」という前提で、いつも話すからです。

もう少し家のこともやりながら(=収入が落ちたとしてもフルで働かず)

家族の声にも耳を傾け、そのセリフを吐いてくれていた方がよっぽど賛同できていたと思います。

 

そして母の「自分だけがしんどかった、頑張ってた」という思いは「こんな思いをして育てたのだから、娘に嫌われるはずがない」「老後も手厚く接してもらって当然!」という勘違いにまで膨れ上がり

1人で勝手に「娘から絶対に嫌われない号」の大船に、早々と勝手に乗りこんでいた訳です(頭悪すぎる)

 

「子どもに好かれる為に子育てしてるんじゃない!」と、私が大人になってからも母は言っていましたが

一方、父は娘に対して、そんな発言はしませんでした。

私は父と話すときはリラックスして話せたし、母に話すときのような『これを言ったら怒られるかな?』等、変な気を遣うこともなかったので、父と話すときの方が素の私に近かったはずです。

 

母はそういう(娘とは喧嘩になんてならない)温厚な父に対し「お父さんは、子どもに好かれようってことしか考えてない!」と、よく愚痴っていました(おそらく父はそんな気はなく、何も考えてなかっただけだと思うが)

その後の、怒るのも、厳しいことを言うのも自分ばかり!お母さんだけ損な役回り!みたいな発言までがワンセットでした。

tari97.hatenablog.com

 

そうやって、しつけ係のような損な役回り!と、いつも愚痴っていた母に問いたい。

 

損な役回り!と言いながらも「しつけ係」というのを免罪符にうっぷんを晴らす為に娘を悪口や暴言のはけ口にしたことは、ないか?

 

酷い言葉を浴びせ、厳しすぎる勝手な思想を押し付けておいて

「お母さんは、子どもに好かれる為に子育てしてるんじゃないから!」と締めくくって

「ね?こういった苦言も全てあなたたちの為を思ってなのよ」に変換させて、偉そうにしていただけではないか?

 

娘に嫌われないことが、安泰な老後に繋がるのはある意味間違いではないと思います。

母も、しきりに今それを気にかけています。

母の場合、その嫌われない為の行動・言葉・考え方が、全くの的外れだった訳です。

(そんなことばかり言ったり、やってたら、娘に嫌われますよ、という助言も、腐るほどしましたが)

tari97.hatenablog.com

 

そもそも「自分が娘に、嫌われるはずなんてない」「親が偉い」「だから娘に対して、何を言ってもやっても良い」と思って暮らしていた母。

それが、娘たちから嫌われる一番の原因でしたが、最後までそれに気が付くことはありませんでした。

娘2人からここまで嫌われたのは、なるべくしてなった結果かなぁと思います。

 

 

何かあればこちらへ

お問い合わせ

 

コメント・スターありがとうございます。