もう理由なんかなくていいの

毒親との暮らし。離れるまでと離れてからのおはなし。

母にだけは掛けたくない言葉

また始まってます。

毒母お得意の「自分だけがしんどい!」「何で私だけがこんな思いせなあかんの!」アピール。

 

ブログでも何度か触れましたが私には伯母(母の実姉)の「T子」がおり、近所のマンションで1人で暮らしています(70代)

(T子の件は「伯母」とブログ内記事検索すると読めます)

 

今は、週に何度か母が面倒をみに行っているような状態です。

 

面倒をみると言っても介護というほどではなく、腕の力が入らないので蛇口がひねりにくいとかそういう支障が出て私生活がいい加減になるので

母が様子を見に行き、お風呂に入る手伝いをしたり、その程度です。

 

母の家からも、車で数分の距離だし、仕事も趣味もない母にとっては運動がてらちょうどいいと思うのですが(どうせ毎日家でテレビしか見てないし)

母は自分のやりたくないことにはとことん文句を言うので

毎週木曜日になると冒頭のようなニュアンスの愚痴のLINEが入ってきます。

(木曜を、T子の風呂のサポートの日と決めているらしい)

 

ちなみにT子を施設に入れたり、そういうことの決定権は母にあるので

まだその決断を母が下さないということは、今やっていることも母ができる範囲のことなんだろうと解釈しています。

 

確かに早くに家族を亡くしたT子は気の毒だし、母は母で幼い頃の情があって実の姉を見捨てることはできなかったのもわかるのですが…

T子を引き取ることを、母は軽く考えすぎていたのではないかなぁと思わざるを得ません。

 

T子の面倒を見ることになってから9年ほどになりますが

いずれ今のような「軽い介護」のようになることも、誰が考えてもわかりそうなものですが

母は一体どういう気持ちで「面倒をみる」と、あの時引き受けたのかな?と、母の愚痴のLINEを読みながら不思議で。

いつまでもT子がピンピンして、アハハ♪ウフフ♪できるとでも思っていたのか…?と思いましたが、あの決めつけの酷い母のことですからね…

 

母は約20歳も離れた夫と結婚しておいて、夫が先に年老いていく姿を受け入れられなかった、怖かったと摩訶不思議なことを言っていましたが

tari97.hatenablog.com

今回もまた同じことなのではないかなぁ…と。

 

私たちのグループLINEに入れてくる愚痴も、父に向けていた愚痴とそっくり。

結局、後先考えずに突っ走るからこうなるのではないのか?

と、思わずにはいられません。

 

「先のことが予想できへん奴はアホや」とは、昔からの母の口癖ですが…?

tari97.hatenablog.com

 

前にも書きましたが、私は母に励ましとか労いの言葉を貰ったことがほぼないので

そうやって愚痴を言われたって、あの母にだけは、励ましとか労いの声掛けをどうしてもやりたくありません。

姉もきっと同じなのでしょう。

私も姉もLINE内で愚痴が始まれば、スルー。

別に私たちが『スルーしような』と、示し合わせている訳でもないですが、母に励ましとか労いの言葉はどちらも掛けません。

これが娘たちの本心だと思います。

 

ほんとは「みんなそれぞれしんどいねんから、黙ってそれくらいやれよ」と返してやりたいくらいですが(笑)

 

ただただスルーしているだけでも有難く思って欲しい。

『その程度で』とも口に出して言ってないことにも、逆に感謝してほしいくらい。

tari97.hatenablog.com

 

毒母には今まで何度も言われましたがね。

辛いと訴えたって「たかがその程度で」「根性ないな!」と。

tari97.hatenablog.com

 

昔から、私が弱音を吐いたところで、母は

「歯食いしばってやらんかい!」「しんどいの自分だけやないで!」etc…

tari97.hatenablog.com

 

母にはそういう言葉や言い方しか教わってないし、私に頭ごなしに怒鳴ったそんな母に

『大変だったね』『頑張ったね』『手伝おうか?』なんて言葉、絶対に掛けたくないです。

 

何かあればこちらへ

お問い合わせ