もう理由なんかなくていいの

毒親との暮らし。離れるまでと離れてからのおはなし。

否定、貶す、ほめない、認めない。同調しないと不機嫌。

昔から母は何にでも否定的で、ほめたり、認めたりをしない人だったなと感じます。

 

しかもそれを「あんたもそう思うやろ?」みたいに言われるので、私も自分がどう思うか云々より、同調してあげていただけでした(同調しないと不機嫌だし)

本当に『うんうん、そうだよね』『お母さんの言うこと、わかるよ』って、言ってほしくて仕方なかったんだろうなと思います。

 

言い方の問題でもあると思います。

例えば何かの選択肢でAとBがあり、どちらでもいいのだけどAのほうがより良い、といった場合、母はたいてい「Bなんかあかんわ!」と言うのですね。

『Aのほうがいいと思うよ』で、よくない?(笑)

とにかく「△△よりも、〇〇にしたほうがいいと思うよ」ではなく「△△なんかあかん!〇〇にしろ!」ニュアンスなのです。別に△△を否定しなくても、いいだろという場面でも、いつもこう。

貶すことは息をするようにやるのだけど、人やものの「良いな」と思うところを積極的に探したり口にしたりはしないので、ほめるとか認めるというのも本当に少なかったです。

 

昔はどこのお母さんもそんなものかと思っていましたが

どうも、友達のお母さんがそんなことを言っている雰囲気もないし、私に友達ができないのは、母のようにすぐにそういう風に話してしまうからじゃないか?とだんだんわかってきたのです(実際、友達と話しているのに私が母みたいな否定的なことを言って空気を凍らせるみたいなことが、昔は時々あった)

 

まぁ、母は変えられないとして、自分を変えることはできるかな?と思い、できるだけ否定的な言葉を吐かないことを心掛けるようにしました(と言っても、これを始めたのもつい最近なので、恥ずかしい話学生時代からの友達は、いません)

 

毒親問題では『人の真似をする(いいとこだけね)』『形から入る』っていうのも、なかなか有効かと思っていて、否定的な言葉を吐かない=できるだけ肯定的な言葉を口に出して暮らす ようにすると『意外と友達ってすぐできるんやな』と思いました(笑)

それに、周りの気さくだとか朗らかな子がそういえばそこまで否定的な言葉を発していないなというのにも遅ればせながら気が付きました。

 

昔、テレビで女優さんなんかが出てくると観覧席から『かわい~』『キレイ~』とか歓声があがるのを見て、母は「何でもかわいいかわいい言うて、アホや!」みたいなノリだったので、私もずっとそんな感じでしたが、肯定的な言葉を自然に口に出せるのは自分に余裕のある証拠だろうし(もちろん「かわいいと言う自分、かわいいでしょ?」等計算している人は「自然に」じゃないので除く)

「とりあえず肯定的な言葉を口に出す」というのも私にとってはあながち無駄ではなかったかなと思っています。

私の場合、まだまだ「心に余裕がある人の真似」程度ですが

 

そんな感じで、20代に入ってからは私にも友達が徐々にできたのだけれど

逆に最近悩みの種なのが

それまで付き合っていた「母みたいなノリ」の人(会えば誰がうざいだのキモいだの貶しのオンパレード、他人をほめない、何でもすぐ嫌いって言う。一緒にテレビとかを見ても「この人嫌い」「こいつムカつく」ばかり)との付き合いがほんとに苦痛になってしまいました。

それで縁が切れてしまった人もいて。

 

母を真似てきて「直したいな」と感じるところを自分なりにアップデートする度に、合わない・会いたくなくなる人が出てきてしまう。

これって、変わりたい!毒から卒業したい!と決めた方みんな感じることなのかな?

まぁ縁が切れてしまって、残念だなーって人もいますが、思えば晩年はその人たちに合わせて無理に人を貶すネタを探したりまでしていたので(またこれも、他人軸に乗っ取られてる)それをしなくてよくなった今、かなり気が楽になったあたり、遅かれ早かれ関係は終わってたのかな~とも思いますが。

自分の身を案じるより先に『お母さんに怒られる!』

学生時代、母は「体調を崩す」とか「学校を休む」ということにいい顔はしませんでした。おそらく、いっぱいいっぱいで生きていたので「イレギュラー」なことがよっぽど嫌だったのでしょう。

「大丈夫?」より「面倒なことになった」感がひしひしと伝わってくるので別の意味で辛かったです。まぁ仕事をしていて簡単に休んだりもできないというのもあったのだとは思うのだけど

さすがに、症状が相当酷くなってくると心配はしてくれましたが、症状が軽いうちは「冷たいもん飲み過ぎたんちゃうの」とか「薄着してたんちゃうの」と、どうも私の不注意だけでそうなったみたいに言われていたので『体調をくずすことは悪・怠慢』みたいな気持ちがずっとありました。

 

なので、気分的に学校に行きたくないみたいなことも絶対に許されませんでした。確かにそれは休み出すとキリがないし、誰だって学校はダルいです。

けれど、今考えるとあれって精神的に相当参っていたのではないかな?と思うことが、学生時代で2度あります。

 

1回目は、小2のとき。2学期が始まって少し経ったくらいの時期だったかな。

今思えば、他の学年のときはそこまで嫌じゃなかったのに、なぜあの時だけ死ぬほど学校が嫌だったのかわからないのですが。

ずっと気分が悪くて給食も食べられないし…けれど、熱があるとかどこかが痛いとかがないので『こんなんで休むって言ったら、お母さんに怒られる!』と思って、気合いで学校に行きましたが、辛くて仕方なかった。

 

2回目は、高2の時。秋頃から急に学校に行けなくなりました。

とりあえず学校近くまでは行ってはみるのだけど、また来た道を引き返したり。結局、飛び飛びで何とか登校はしたので出席日数に響いたりはしなかったけど、あれは何だったのだろう?と思います。

ただこの時期、父も母も仕事に行き、姉も学校やバイトに出たあとの「誰もいない家」で好き放題できるのが楽しくて仕方なかったのと、学校の人たちがすごく苦手だったことは覚えています。人の多い職場で感じるしんどさは、思えばこの頃から始まっていたのかも?

確か、このときは存分に好きな漫画を読んで何とか復活した気がします。

このときもお母さんに怒られる!とは思ったものの、少し成長したせいか「怒られてでも休みたい」自分を優先した訳です。まぁ実際、怒られましたけど(笑)

 

社会人になってからは、お金があることで解決できることもあったので「お母さんに怒られる!」になる前に、それなりにやり過ごせましたが

世界が「家か学校か」しかなかったせいか?あの言い表しようのない鬱屈とした気分に、定期的にやられていたのかな?と思います。

ただ、そこまでの「鬱屈」の正体がわからない(笑)

学校で虐められてるとか、授業についていけないとか

明確にそこまで「学校に行けなくなる理由」が今、考えても出てこないのです。とにかく高校のときはとくに、生きることが面倒でこのまま生き続けることにずっと疑問を抱いていました。

 

私は家が好きだったし、足もお金もなかったので、学生時代もあまり遊びに行ったりしませんでしたが、その「家」での暮らしが知らず知らずのうちにストレスになってたとしたら…?

もしや、原因は家にあったのか?とは思いたくはないけれど、毒親だった・機能不全家族だったことを認めたいま、あり得ないとも言い切れません。

 

冒頭の続きですが

昔から体調を崩すと『風邪かな?』とか自分の症状はさておき『お母さんに怒られる!』が先に来るので、体調が悪いのを悟られないうちに隠れて薬を飲んだり、規則正しい生活をして自分で治してたし

そもそも予防できるものは徹底的に予防する癖がついているので、インフルエンザとかの「流行」にも、たいてい乗らずに過ごせているのは、ある意味よかったのかも知れませんが(笑)

そう言えば、実家で普段飲まない薬を飲んだときも、ゴミ箱に包みを捨てるとそれを見られて「何や、風邪引いたんか」とか言われまた『怒られる!』とドキドキするので、何かにくるんで捨てたり、外で捨てたりしていました。

 

その名残か、今でも他に人がいるところで「体調を崩す」というのが、どうしてもとてつもなく悪いこと・迷惑なことのように感じてしまいます。『怒られる!』って、つい思ってしまうからかな。

なので、職場や出先で具合が悪いとかなかなか言い出せないし、やむなく『辛い』と言ったときの周りの優しさに大人になってから驚いたものです。

 

そういえば、家で体調不良を訴えたときも、心配するよりも先に「母さんだってしんどいわ」とか「母さんなんか風邪引いても出社して、隠れて吐きながら仕事したで」とか「お母さんのほうがもっと辛いけど頑張ってますけど?アピール」もされていたな~と最近思い出しました。

母さんだって

母さんなんか

何かにつけてこうやって娘に張り合うことが、当たり前すぎて見過ごしてたけど多々あったなと思います。

体調不良まで張り合うって、親としてどうなの(笑)

 

誰かの「一番」に、またなりたい

※記事内で「姪」と表すのは私の姉の子で、私の母から見ると「孫」にあたります。「姪」と表現を統一しています

前記事

tari97.hatenablog.com

のつづき。

私には「姪・甥」という関係の子は、姉の娘にあたる「姪」1人しかいません。

いわば私は姪からすると「叔母」にあたりますが、難しい話も、しつけもしなくていいし「楽しいことだけ」ができる関係性が私にすごく合っています。姪から教えてもらうこともあるし、本当にいてくれてよかったなぁと、今は思います。

しかし、今のような感情を姪に対してずっと抱いていたか?というと、そうではありませんでした。

 

おそらく、姉も高圧的な母が嫌いで、それを反面教師にして自分の子どもにはものすごく優しく接しているのだと思います。なので、単純に姪が羨ましかった。心から、こんなに優しいお母さんの元に産まれたかったと思いました。

ただ、姪が乳児の頃は単純に「赤ちゃん」という存在がこんなに可愛くて愛しいものなのかと思ったけれど、だんだん成長してきた姪にいつしか私は「嫉妬」していることに気が付きました。

 

ちょうど私が母からの過干渉に悩み、母との関係が悪くなっていた頃、姪は幼稚園~小学校低学年くらいでした。その頃は母さえも姪のワガママに付き合ってあげて、溺愛でした。母からしたら、初めての孫ですし、まぁおじいちゃんおばあちゃんってそんなものですけど。

けれど、私は私で母の家来のように扱われていて

正直あの頃、私は一体何の為に生まれてきたのだろう。なぜ、姪だけがこんなに可愛がられるんだろうと、本当に嫉妬しました。悔しかった。

 

それにはもうひとつ理由があって

昔から母は「私は子どもが好きじゃない」と私たちに堂々と言っていたし「じゃあなぜ、子どもを産んだのか」の問いには「お姉ちゃんは、父さん(夫)がほしいって言ったから産んだ」「たりは、姉ちゃんが妹がほしいって言ったから産んだ」とも堂々と言っていました。

どうやら、母自身が「子どもが欲しい」と思ったことは、なかった模様(思っていたとしても、それは「自分の都合に合わせさせるため」だったのだと思う)

父も口では娘を可愛いとは言うけど感情が希薄な感じだったし(まぁ酒が一番なので)昔から何となく両親ともにあんまり子どもが「愛しい」「好きで仕方ない」みたいには感じていないことも薄々感じてはいましたが

「私は、姉に望まれて生まれてきた」ということが、幼い頃から家での自分の存在価値を確かめる材料になっていました。「姉には絶対的に愛されている」という自信が、幼い頃から私の心の救いになっていました。

だからずっと「姉のナンバー1は自分」という自信があったし「姉だけには大切にされて当然」と思っていました。けれど、姉に子どもが生まれてそのナンバー1の座を軽~く奪われてしまった訳です。

 

私に対して母は毒を吐き続け、姪にはデレデレ。

食事に行っても、姪が「おいしくない!これいらない!」と言えば「そうかぁ。おいしくないかぁ。じゃあこっち頼み直すかぁ~?こっちにするかぁ~?」…私が幼い頃にそんなこと、許されていたっけ?という感じのことも多々。

その頃、母はやたらと家族での旅行やお出掛けを企画していたけど、疎外感を感じて全然楽しくなかったし、デレデレの母の姿には白けるし、何となくついては行っていたけど、正直記憶もあまりありません。

 

父は酒が一番、母は自分が一番。頼みの綱の姉すらも、最後にはわが子が一番。

私はこの家で結局誰の一番にもなれなかった。何で生まれてきたんだろう?

その頃はずっとそう感じていました。

 

まぁ、私は幼い頃から生きる糧が「姉には大切にされている」ということだったから「お姉ちゃんがいるから」と、友達もほとんど作らずにいて、ある意味それもアブノーマルではあったとは思うし、姉の結婚や出産を機に「何でも姉を頼っててはいけない」と思い、変わろうと思うきっかけにはなったので、結果オーライなんだとは思います。

 

けれど、私はいつか、また「誰かの一番」になりたくて仕方ない。

もっともっと後でもいいから、利害関係なしで、私を一番に想ってくれる人ともう一度出会いたいな、とどうしても思ってしまいます。

子ども=かわいい。子ども+親=なんかざわざわする

ずっと私は「子どもが苦手」と思っていたけれど、多分「子どもと親がいるのを見るのが苦手」なのかも、と最近気が付きました。

事実、家のすぐそばには保育園があって、数ヵ月仕事をせず家にいてわかったのですが、昼間は元気に遊ぶ子どもたちの声がものすごく聞こえてきます。多分、本当に子どもが苦手とか嫌いな人だとそれだけでも受け付けないのかなぁ?と思うのですが、それはもう楽しそうな声がしているので、ちょっと見に行こうかな?と思うほどなんです。

ただ、そばを通ったときに「お迎えの時間帯」だと、急に胸のあたりがざわざわするんですね。

 

保育園に限らず、駅やスーパー等でも無邪気な子どもに「親」がくっついている状態になると、途端に苦手な存在になります。多分この理由は「親子のやりとり」にやたら敏感に耳を傾けてしまって、しんどいからかな?と思いました。

 

親が子どもの言うことに返事をしてあげて、優しかったら嫉妬するし、子どもがちょっと何か言っても機嫌の悪い親や、全く子どもの言葉に耳を傾けないみたいな親だと、幼い頃の自分を見てるみたいでつらいのです。

どちらにしても「親と子」っていうセットが無理なのだけど、それなりに成長している子どもだと平気です。

ようは外を「1人で歩かせるには早すぎる」くらいの年頃までの親子連れが苦手です。となると、大体小学校にあがるかあがらないか、くらいの年齢になってくると思うのですが。まだそのくらいだと、例えば病院の待合とかでも、1人で時間つぶすのは難しいかな?くらいの年齢で、親に構ってほしそうに話しかけたりしている子もよくいます。

 

そんな中、わりと小さくてもキッズスペースで黙々と遊んだり、待合椅子に座って静かに本を読んでる子もたまにいます。そういう子を見ると、安心します。構ってほしそうな子どもの顔も、めんどくさそうにあしらう親も見なくて済むから。

 

そりゃ、毎日毎日子育てしてたら、そんなに子どもの言うことにも構ってられないだろうし、そのお母さんだって今たまたま素っ気なくあしらっただけかも知れません。

けれど、普段のそこの親子関係を私は知らないので、たまたま私の目の前で切り取られたその親子の一瞬と、自分の幼い頃に「モヤッ」っとした瞬間が重なると、すごくしんどいんです。あ~あ、こういう親がいるから…みたいな気分になってしまいます。

 

私の幼い頃は公共の場ではおとなしく、先ほどのキッズスペースで黙々と遊んだり、椅子に座って静かに本を読んでるタイプの子でした。だから、自分の中ではそれがデフォルトで、幼い頃からギャーギャー喚いている子を見ると、白けた目で見ていました。そんなことしたら、母に何言われるかわからない!というのを物心ついた頃から悟っていたので。

だから、騒いだり暴れたりしてもさほど怒られない子を見ると「マジで?」みたいな、複雑な気分にもなり、これもまた疲れます(笑)ある種の嫉妬なのかも知れません。

 

最近、最寄り駅に新設された施設があらゆる場所にベンチが設けてあり、ちょっと時間をつぶすのにピッタリなんです。ある日、そこで座っていたら、ちょうど私が苦手とする年頃(3歳か4歳くらいかな?)の女の子を連れたお母さんが隣に座りました。私は、音楽を聴いていましたが、真横の親子の会話が聞こえてきます。とっても優しいお母さんで、聞いてるとつらくなってきて、そこを離れるまではまだ時間があったので、結局2人の声が聞こえないくらい音楽のボリュームを上げ、時間をつぶしました。

これについては、まだまだ私の中での「何か」が消化しきれず残っているのだろうか?

 

子どもが「嫌い」ではないけれど、子どもを見ているとたまにそうやって自分のトラウマ?が頭をよぎり、複雑な気分になるところを見ると、自分の子はやはり産まなくてよかったんじゃないかなと思います。

元々、子どもを産み育てたい願望は昔から薄かったし、今後も産みたいとも思いません。

では、そんな私に姪(姉の子)が産まれた時は、どうだったか?というと。

 

 

続きはまた次回。

今思うと、ちょっとどこかのネジが足りないのでは?な話

私が幼い頃から、母のどうしても好きになれなかったところが、雑なところ、下品なところです。

実家は汚屋敷ほどではないにしても、あまり片付いてなかったし、今でも物が多く、雑然としています。

母は何でも取っておこうとする性分な割に「片付けろ」と言うので、できるだけ物は増やさない・すぐ処分するタイプの私からしたらストレスでした。

母は「働いてて忙しいから片付けられない」「定年になればやる」と言っていましたが多分時間ができたって、片付けないんじゃないかな?まぁもうあの実家に私が住むことはないから、どうでもいいですけど(笑)

 

「雑」というのは、主に、お菓子の袋を後先考えない開け方する(後で保管しておく時困るような)とか、冷静に、分量を指示通り計る・説明書を読みながら操作をするとかいうことができないところです。

母はインスタントラーメンを目分量で作って「スープがうすい!」とか、キレるんです(当たり前でしょw)

すると、父がそれ後で俺が食べるから、作り直してあげると分量通りのラーメンを作ってあげ、後で冷めてのびたラーメンを食べます。思えば、こういう父の甘やかしが、母のワガママを助長させたのでは(まぁ母の機嫌を損ねてお酒飲めなくなったら困るからでしょうね)


「下品」というのは、主に食事マナー。

母は、家庭が裕福でなかったため誰からもマナーを教わらなかったのだとは思いますが、口に入れたまま喋る→口から飛ばす、早食い→頻繁にむせる、歯間に物が挟まると爪や指を口に突っ込み取ろうとする…あと私が一番嫌だったのが口にめいっぱい含んで食べるのと、そのまま飲み物も飲むのですね。なので、母の使った後のグラスには食べ物がいっぱい付いてて汚い。

枝豆とかエビとかを食べる時も、なぜか出たガラを全部テーブルの上に直に置きます。

ガラ入れを出せば処理も簡単だし、もし「ガラ入れ」という存在を知らなかったとしても居酒屋とかに行けば、覚えませんか?

 

人の飲み物を断りもなしに飲むなんてしばしば(口にめいっぱい含んで、ね…)

熱い飲み物を冷ましてて、さぁ飲もうという時に黙って横取りして飲んだり。そういう勝手なところ、大っ嫌いでした。

小さな子どもでも『これ、誰の?』『飲んでもいい?』と聞きますよ。ほんとに、子ども以下です。

今、飲むとこだったのに!と言うと「ええやん、これくらい」

母はいつでもこうです。何でも「これくらい」「それくらい」…いつでも、自分のものさしでしか考えられませんでした。

家族の他のメンバーからしたら「これくらい」なことでも、母にとっては重要なら断固として「これくらい」では済ませないのにね(苦笑)

塵も積もれば…で、その母の勝手な「これくらい」が重なると、一緒には暮らせなくなります。

私も極力喧嘩はしたくないので余程酷い時にしか『やめて』と言わなかったけど、それでも色々ずっと我慢してきたし、嫌だと主張しても「そうか、たりはそれが嫌なのね。次から気を付けるね」なんて、絶っっ対に言わなかったです。

 

ちなみに、母は貧乏育ちをずっとコンプレックスに感じていたようですが

ならば、なぜもう少し育ちが良く見えそうなふるまいをしなかったのか?それが不思議です。

母がそんななので、反面教師にして私自身、気を付けてはいますが、正式に習った訳でもないので、ふとした時にマナー違反をしていないか、とっても心配です。

親に食われていた私のメモリ(空きがないので、苦しい)

今は、週3日だけ、平日に働いています。

正直お金は厳しいけど、とりあえずは「接する人の頭数が少ない」今の職場で何とか頑張ってみようと思っています。

長年、週5日、月~金でフルで働いてきましたが、ずっと精神的にものすごくしんどくて、ついに今年ギブアップしてしまいました。けれど、世の中は大体それで回っていて、もっとお休みが少ないとか、長い労働時間の方だってごまんといます。

他の人が頑張れることをできない自分はいよいよ本当に人間としてダメなんだなぁと思って責めては、落ち込んでばかりでしたが

今の仕事量で「これくらいならいけそう」みたいな感じがしてきて、やっと、何となく色んなことがわかった気がします。

 

今回「心の " 容量 " 」ということで、考えてみたのですが

昔から、親の訳のわからない押し付けや決めつけ、家での異様な緊張感、晩年は父の飲酒のこと…などで、私の心の " 容量 " はほぼ空きがなかったのでは?と思うのです。

それを、一時の感情の高ぶり(アイドル依存・買い物依存)で無理に上書きしようとしたり、間違った方法(他人への悪口やネットで叩く、腹の立つ人への仕返し等)で容量を空けようとしたりするから、結局全然空き容量のないまま、また日々のことをこなさないといけなくなって、普通に生活するだけでもいっぱいいっぱいだったのかなと思ったのです。

夏に無職だったときもそうだったし、今も、休みの日も予定も入れず朝から晩まで家でダラダラする時間が本当に楽しいです。そのうち飽きるかなとか思うんですけど、きっとこれが今徐々に空き容量を増やしていく作業に繋がってるんじゃないかなーと勝手に解釈しています(笑)

 

テレビのレコーダーもどんどん、録画していったらそのうち容量がいっぱいになって録画できなくなりますよね。

それで例えると、変な親に育てられた人は、見たくもないものを膨大な量、親に勝手に録画されてきた、みたいな感じなのでは?と感じた訳です。

母は、意味不明なマイルールでいっぱいいっぱいなので、もちろん自分に容量の空きは常にありません。そこで、家族を捕まえて家族の空きにもどんどん自分好みのものを録画させていたみたいなタイプかな(迷惑すぎるw)

私のメモリ(=心)は、相当母に食われていたのではないかなと、今になって思います。そして、たった少し残った空きの中で色々なことを他の人と同じようにやろうとするから無理が生じ、壊れてしまったのかな?と。

 

最近、ブログに書き起こしてみて、書くほどでもないようなこともどんどん思い出して、あそこまで子どもみたいなワガママ放題の母親のおもりを、よくもまぁあんなに長年やってきたよな、と自分で思います。ほんと、逆に笑えます(笑)

誰もほめてもくれないけど、自分で自分をほめてあげたい(笑)

母は、私が家を出て何年も経ってやっと私と同じ目線で話のできる「大人」になった気がします。

残念ですけど、そういう親だったのです。

 

よく、毒親関係のブログでも「自分を認めてあげよう」とか「悪いのは、あなたじゃない」とか書いてあるけど、何のことかよくわかりませんでした。

だって、あんなに従い続けた親にすら認められるどころか貶されて、結局うまくやれなかった。私が悪いんじゃないの?私じゃなかったら、うまくいってたんじゃないの?としか思えなくて「何きれいごと言ってんだか」って感じだったんですよ。

 

ただ、この意味を私なりに解釈したのが

自分の親や家庭が「普通ではなかった」ということを、認めることは悪いことではないってことじゃないかな。

ここでいう「普通ではない」は「世間一般の」とか「常識的に考えて」とかいう意味ではなくて、あくまでも子どもが耐えられる許容量を超えていたということです。これは、前の記事で書いたことです。毒の種類もレベルもそれぞれだけど、子どもの許容範囲だって個人個人で違う訳です。そもそも、親や家庭の基準なんて存在してないのだから、普通も何もないですし。とにかく子どもが「精神的苦痛を感じた」これが一番の答えであり、真実なんだと思います。

 

訳のわからない押し付けや決めつけ、暴言ですら「愛情」だと信じて疑わず従い続けた自分は、結局精神的に相当な負担を強いられていたのです。

それを癒す作業が他人から見れば「怠慢」「甘ったれてる」ふうに見えるかも知れない。

他の親と比べて酷い親だから、世間一般の人とは違うから、仕事もちゃんとできなくて当然・仕方ないと正当化しているのでは、ないのです。多分、今までずっと自分でもそう思ってしまうから「だめな奴だ」「人として失格だ」と自分を責めて苦しかったのだと思います。

 

いらないファイルは消したり、ダビングをして残したり、整理をしないと空きは作れません。こうやってダラダラしながら、色んなことをうだうだ考えてはブログに書き起こすことが、親のことで満杯だった私のメモリ(=心)の整理に繋がっているのだと思います。

空きができたら、また楽しそうなことを探してみます。

それより先に頑張ってお金貯めます(笑)

毒親問題って、セクハラに似てませんか?

私は前々から書いているとおり「過干渉親」に育てられた毒親育ちです。

このタイプの人たちは「毒親」という言葉自体に理解がない人から「お母さんも心配だったんだよ」「あなたも子どもを生めばわかるよ」「本当の親を悪く言うもんじゃない」といった類のことを言われ、苦しんだことも多いのではないでしょうか(親は「毒」なんて言葉とは程遠いくらい外面がいいから、余計言われるのよね)

確かにそうだよな、と思っては自分を責めて苦しい時代もあり「何もわからない奴がとやかく言うな!」と苛立った時代もまたあります。

しかし、そういうことを言ってくる人は、そもそもそんなこと(毒親問題)に触れる機会がなかった人たちなので「わからなくて当然」「見当違いの助言をしてきても仕方ない」と思えるようになりました(やっとw)

生まれて一度も食べたことのない物の味がわからないのと同じで、いくら説明しても、体験してみないとわかりません。

それが例えばすっごくまずいもので、それをアピールしても、食べたことのない人からしたら「そんなに?」「言うて、食べれるでしょw」とか言うのと同じなんだろうなと解釈してます。悪気はないのです。なので、そういう人にはわざわざ伝えなくてもいいわという結論に至りました。

 

ただ、最近は「タイプの違う毒親に育てられた人との絡みには気をつけよう」と思っています。

と言うのも、同じ毒親育ちと言っても私と違い「金銭的に苦労した」人も「手を上げられていた」人もいます。親らしいことを何もせず「放置されてきた」人からすると「過干渉」すら羨望の対象になり得るようです。

そこまでは、まぁわからんでもないのですが、だからと言って私のことを「金あるだけまだマシ」とか「殴られること思ったら、それくらい」などと言われる筋合いは全くないのですね。

 

昔、友達に、父が手を上げる人で、母は男性にだらしなく、若干放置気味に育てられた子がいました。そんな家庭なので、早くから親に見切りをつけ、一人で生きて行ける準備をすべく、若くして資格勉強をしたりするところは尊敬していましたが、親のことで私が愚痴を言うと「たりは考え方が甘い」と吐き捨てられたことがあります。

そのときは、そうだよなぁ、親に言われるがまま、なし崩し的に生きてきてしまったしなぁと思ったのですが

今思うとその子の発言の端々に「私の家のほうが酷い。たりの家のほうがマシ。なのに何を甘ったれてるんだ」的なニュアンスがあったなと感じます。

 

毒親のことでどっちがどう、なんて比べるものでもないし、別に私も「毒親レベル対決」をしたく愚痴っている訳でもないです(笑)

ただ、同じ家で同じ親に育てられた訳でも、同じ感受性を持ち合わせている訳でもない友達に「甘ったれてる」なんて言われる筋合いも、ないです。「甘ったれてるか、そうでないか」の基準は何?って話なのです。

私も、昔は自分の親がおかしいと認めたくなかったのもあって、冒頭で書いたようなことも含め、そういうことを言われると「確かにそうかもしれない」とも思っていたけど、やっぱりセクハラなんかと同じで「子どもが嫌だと感じた時点で、アウト」なんだと思うんですよね。

例えばセクハラに例えてみて、上司にお尻触られた子に「お尻くらいで済んでマシじゃない。私なんか夜の相手させられたよ」「あなたのが、マシ」と言うのは、おかしくないかな?ということです。

セクハラめいた発言でなくても、そう感じて出社できなくなる子もいれば、たいがいのことされても「またやられたわw」で済む人もいます。けれど、どちらも本人が「セクハラ」と感じたらそうなんだろうし、その度合いでマシとか甘えてるとか、他人がジャッジする権利は、ないのでは?と思うのです。

 

そりゃ、親なんて口うるさいものだけど、どうも、友達の「親、ウザい」とは、何かが違うぞ?というザワザワ感があって、結果、あれだけ不快に思う時点で「毒」になっていた訳です。

感じ方にだって個人差があります。もしかしたらもっともっと酷い親に育てられても何も感じず一生を終える人だっているでしょう。

そうではなく、繊細に感じとる人を「弱い」「気にしすぎ」「甘ったれてる」と決めつけるのは違う気がします。

 

逆に言わせてもらうと

放任家庭では外出だって簡単にできるわけですよね。「ちょっとそこまで」でも「誰と行くの」「それほんまに今行かなあかんの」等、延々取り調べみたいに言われて「あ~もううるさいな。ほな行くのやめるわ」と子どもに言わせるまで言われることがうちでは日常茶飯事だったのですが(外出以外でも、万事がこれ)

それでも過干渉な家に生まれる方がマシでしたか?ということになるんですよね。

私はそんな背比べをほかの毒親育ちの方とやりたい訳でもないし、それをわからせたくてブログを書いている訳ではありません。

 

どこかで「毒親問題は相談相手を誤ると余計深刻化する」というようなことを見たことがありましたが、こういうことなのかも知れませんね。

 

そう考えると、私も先ほど書いた友達に愚痴ったのも、ある意味よくなかったのかも知れないですね。話す相手を選ぶべきだったのかな。

少しでも「言うほどでもないじゃん」とか、そういう気持ちで接する自分がいるなら、同じ「毒親育ち」だとか「AC」でも、近寄らないのがお互いのためでは?と思います。

あ、違うな。と思ったらそれ以上見たり聞いたりしない。「違う」ことを「貶す」のは何の解決にもならないと感じています。

ちなみに私もこのブログを始めた頃はまだ「うちよりマシか、酷いか」論で話していた気がします。

今でもまだ他人のブログなんかを見て「まだ話のわかる親で、いいじゃん」と、つい自分と比べたりしそうになりますが「それが目的じゃない」ことを思い出すようにしています。読んでて複雑な気分になるなら、それ以降読まないことにします。

(あ、もちろん比べて「うちのがまだマシだわ」と「思うこと」が目的ならば、いいと思いますが…)